« さよなら冥王星 | トップページ | 榊原郁恵「夏のお嬢さん」 »

2006年8月25日 (金)

「ハンカチ王子」なんて名称、嫌だろうな。

ハンカチ王子って...。そんな部分に無理矢理キャッチーさを見出し、必死に話題にして製造メーカーを探したり、ファンと称したおっかけが「私も同じようなハンカチをこうして...」と嬉々としてカメラに見せつけたりするのにげんなり。


それ以前に「ハンカチ王子」ってネーミングってどうよ? って、なんか変な感じしていたんですが、この「ハンカチ王子」って言い方、去年は「監禁王子」で使われていた語感と似ているのでなんか変な感じだったんですね。
でも、あれ、ハンカチじゃなくハンドタオルですから!残念!無理矢理爽やかさを強調するのはうんざり斬り!!!!! と、いまさらギター侍で文章をしめてみましたが(多分今年になってから1度も見ていないので逆に新鮮)

しかし、某傍若無人な例の人との比較でか「今の日本にこんなに清々しい真面目な若者がいたのかと!」とか言っているけど、これも無理矢理っぽいっすね。
でも、優勝した翌日に試合前に撮ってあった「兄と二人で生活していて、兄が弟の健康管理をしてあげ料理を作っている」という映像が流れ、その中で色々語っていたけれど、そこまでプライベートにまで踏み込んだ映像を撮られてあるってのが、なんか爽やかじゃないっすね。

別に、爽やかであろうとどうであろうといいんですが、なんか昨今のワイドショー的ニュースの傾向が「みんな一斉に話題に飛びついて、盛り上げるだけ盛り上げて、次に興味を惹くような物があったら、一斉にそっちへ移動していく」という感じがちょっと怖いっすね。

春先に持ち上げられるだけ持ち上げられた荒川静香なんかは、ひとまず本来のアイスショーなんかもやっているみたいですが、舞い上がってしまったのか、CMに出たおして、あげくの果てはドラマで重要な役をこなしたり(でも棒読み)ワケの解らない状態になっていました。
最近も雪見だいふくのCMで小倉ゆうこりんと共演しているけど、なんか今さら感がひしひしと(まだ1年も経っていないんですね状態ですが)。スケート以外にはなんら才能が見えないってのが、無理な底上げって感じ。

ハンカチ王子、こと斉藤投手に関しては、ワイドショーでは「CMの話が!」とか「メジャーのスカウトマンが!」とか騒いでいましたが、メジャーに関しては番組側が無理矢理メジャーのスカウトマンに「彼はどうですか?」と聞いた上の答えだったみたいだった。
変な状態で流されない事を祈るだけでやんす。

江川卓みたいに「みなさん、冷静にしてくださいよ」と言える人間でありますように。

はんかちの豆知泉

ハンカチは以前は色々な形があり、1700年頃は貴婦人の間では円形とかハート型とか色々な形で美しさを競っていた。それを「ハンカチは四角形であるべき」と決めたのはルイ16世。奥さんのマリー・アントワネットの指示だったらしい。その四角に決めた理由は現在でも不明。

そもそもハンカチはヨーロッパで帽子の代わりに女性が頭に巻いていた布。つまりバンダナを頭に巻くのは正統派の使い方。
それに刺繍などをして美を競い合いはじめ、手に持って装飾品となったのがハンカチのはじまり。その後、華美合戦が激化したすえに「四角にしなさい」という法案が出来た。

頭に巻いていた布の名前が「カチーフ」、それを手で持つようになって「ハンド・カチーフ」

帽子からハンカチに移行する途中に、布を手首に巻いたり、ベルトに付けたり、首に巻いたりするブームがあったり、それらを身につけるのは貴族以外はダメという法令も出来たりした。

1913年にアメリカのマリー・ジャコブ女史がハンカチ2枚をつないでブラジャーを発明し特許を取った。

タモリだったらきっと「ハンケチ王子」と言っているよね。

ハンカチを漢字で書くと「洟布」

|

« さよなら冥王星 | トップページ | 榊原郁恵「夏のお嬢さん」 »

コメント

マスコミの報道の自由って、スバラシイ!
善人悪人を決めつけちゃってるし、話題(銭)になんかならないもんには鼻も引っかけない。
今より庶民が国防に関して寛大になって来ると、きっとそっちの方思いっきりへ引っ張ってくれると思う。
自由ってスバラシ〜イ!

投稿: | 2006年8月27日 (日) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら冥王星 | トップページ | 榊原郁恵「夏のお嬢さん」 »