« 7月12日の出来事(知泉) | トップページ | 7月13日の出来事(知泉) »

2006年7月13日 (木)

高級婦人とデート

未だに「裕福な素敵な女性と交際できます」みたいなスパムメールが延々と送られてきている。


たぶんその数は普通の人よりは多いんじゃないかと思う。これは自サイトを開いて、そこでメルアドなどを公開している間は止まらないとは思うので、もう諦めている。
しかし、それらスパムの内容は「絶対ありえない笑ってしまうほどオイシイ話」ばかりなので、こんなのにひっかる奴いねえだろと笑えるネタとして見ていた。

が、静岡県の会社員男性(49)など3名がネット上で「リッチな女性を紹介します」という広告を出し、女性の紹介料名目とて現金をだまし取っていたということで逮捕され、その被害者が約1万人で、被害額が4億円に登るという事が判明した。

まず登録した段階でリッチな高級婦人(変な名称)を紹介する紹介料約3万8000円を収める。そして先方からリクエストに沿った形でプロフィルが送られている(デタラメ&雑誌モデルなどの適当な写真)。その紹介する女性はどの人も、金も暇も持て余しているセレブ(すでに陳腐な言葉ですが)で、彼女とデートすればデート代が支払われるという、いわゆる出張ホストみたいな事らしい。
が、結局なんだかんだ言ってデートにこぎ着けた人はいない(当然だけど)。中にはそれでも諦めきれず何度も何度も紹介料を払い、最終的には100万近く払い込んだ人もいたらしい。

紹介料が少額なのと、こんなのに引っかかった事が判明すると恥ずかしいという事で被害者がこれまでほとんど届けでなかった事から、こんな凄い被害額になっちゃったとされているけれど、日本国内で1万人もいますか、この手のに「マジっすか?」と飛び乗って金払っちゃう人が。
登録されたいた男性は約1万人で、そのうち被害届は10件ほど。

犯人は詐欺罪ではなく、これだけ大量の被害者が存在するということから組織犯罪処罰法違反罪ということで起訴されているんだけど、この犯罪は、どー考えても被害者のほうも自衛能力無さ過ぎ。
世の中にそんなに旨い話がぽろんと転がっていると思っているんだろうかね?

日々大量に送られてくる明らかにデタラメなスパムメール。毎回「こんなの必死に送ってるけど、ご苦労なこった」とずっと思っていたんだけど、その1社(社というのか?)だけで1万人も引っかかる人がいるって事は、この先もその手のスパムは消滅しないって事なのだな。

|

« 7月12日の出来事(知泉) | トップページ | 7月13日の出来事(知泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高級婦人とデート:

« 7月12日の出来事(知泉) | トップページ | 7月13日の出来事(知泉) »