« 6月10日の出来事(知泉) | トップページ | 6月11日の出来事(知泉) »

2006年6月11日 (日)

新発売飲料レポ

Sparkling Cafe
コーヒー入り炭酸飲料
ネスレマニュファクチャリング株式会社


00d001実はこの手の「炭酸入りコーヒー」というのは数年に1度のペースで新発売され、短期間で消えるというのを繰り返している。
中学時代に実験飲料としてコーヒー&スプライトというのを友人と試飲して不味さに吹き出した経験があるけれど、商品として自分が一番最初に見たのは1980年代中期だと思う。
その時に怖い物見たさで飲んだ感想はやはり「まずい」だった。
その後、何度か見かけ(その都度、これまで無かった味!とか初めての味!とか煽り文句が書かれる)たんだけど、味の違和感はぬぐえないままで今に至っている。
で、今回も同じく「やはりねぇ」という状態。
この敗因は、コーヒーという飲料と、炭酸水という飲料の求めるベクトルが正反対だって事何じゃないかと思う。つまり、コーヒーは精神安定的なクールダウンさせる飲料で(カフェインで興奮作用があるけど)、炭酸というのは開放的に気分を高揚させる飲料という方向性があるので、相反する方向性が反発しあっているんじゃないかと。
自分は1缶を飲みきることが出来なかった。
とりあえず短期間で消えてしまうと思うのでここに記録する。


Red Bull
炭酸飲料(ENERGY DRINK)
レッドブルジャパン(株)

00d002去年あたり海外でヒットした商品ということで、今年の春からセブンイレブン限定で発売開始された飲料。
缶に書かれた解説では「パフォーマンスを発揮したい時のために開発されました。アルギニン、カフェイン、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、B2、B12入り微炭酸飲料」「トップアスリート、多忙なプロフェッショナル、アクティブな学生、ロングドライブをする方など、世界的な評価をいただいています。」と書かれている。
春頃にテレビで盛んにCMが流れていたんですが、その時は自分の住んでいる地域では発売されずに「いつか飲んでやる」と思うだけになっていた。そのレッドブルを先日、地元セブンイレブンで発見。早速購入。
味の方は...いわゆる栄養ドリンク系の味を少し飲みやすくした感じで、オロナミンCとかリアルゴールドなどと、さほど変わらないんじゃないかって印象。
アメリカなんかではこれを使ったカクテルもヒットしたとか聞いていたんだけど、そこまで特別視して売れるような物かなぁと思ってしまう。もしかしたら、海外では栄養ドリンクみたいなのはあまりメジャーでは無いのかも知れない。
値段的には普通のジュースの倍なので、それだったらオロナミンCなどのほうでいいやと思ってしまうのだ(って普段、オロCなどは飲まないけど)。


みかんのお水 ちゅう
清涼飲料水
日本サンガリアベバレッジカンパニー

00d003静岡県のサークルK限定飲料。静岡のFM局K-MIXが6年ほど前から毎年夏に期間限定地域限定で発売している清涼飲料水。
CMソングは静岡限定から最近は全国レベルで流れているらしい「冷凍みかん」という曲を歌っていた「GTP」というグループで、サークルKに行くと延々とループして流れている。店員はきっとノイローゼになっているんじゃないかというほどしつこく流れている。
味の方は、果汁3%ということで100%ジュースをそのまんま3%ぐらいに薄めたようなサッパリ具合。というか、「ミネラルウォーターみかん香料入り」的な感じ。飲みやすいけれど、糖分欲しくて飲んだ人には物足りない感じかもしれない。
とりあえずペットボトルが凍らせても大丈夫な物なので、暑い日のレジャーに冷蔵庫で凍らせて持ち歩くのがベストかも知れないっす。

|

« 6月10日の出来事(知泉) | トップページ | 6月11日の出来事(知泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18814/2166666

この記事へのトラックバック一覧です: 新発売飲料レポ:

« 6月10日の出来事(知泉) | トップページ | 6月11日の出来事(知泉) »