« 5月12日の出来事(知泉) | トップページ | 5月13日の出来事(知泉) »

2006年5月13日 (土)

元サザン大森隆志・大麻取締法違反

少し前にドリカム西川の時も書いたけれど、なんつーか辛いっすねぇ。


2972001年にサザンオールスターズを脱退した後は、元ゴダイゴの浅野孝巳とユニット活動をしていたらしいけれど、その活動は全然知らなかった。だから自分的には「脱退後は何をしているのやら」状態だったワケですが、久々に名前を聞いたら「覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の現行犯で逮捕」ですか。

なんか、今時「ロック=覚醒剤」ってのも古すぎる関係性で、なんか笑ってしまうほど陳腐ではありますが、ドリカム(ロックではないが)、ラッツ&スター(これもロックじゃないや)と続いてサザンですか。そう言えばゴダイゴのミッキーも大麻・覚醒剤で逮捕されたことあるよね。その時「覚醒剤やれば痩せるって話、嘘じゃん」って思ったワケですが。(ミッキー吉野はカップス時代の70年に大麻で、92年に覚醒剤で)

Sasサザンはデビュー当時から「大学の軽音バンド」がそのまんまプロになっちゃったというノリを残しつつ、桑田佳祐という稀代のソングライターの才能に引っ張られて続けられている。
だから、楽しそうな印象とは裏腹に、桑田の才能主導で桑田の方向性によって全てが決まっているのが実状なんだろうなあ、メンバーも割り切っていなくちゃ辛いよなぁと思っていた。
そんな事から、他のメンバーがあくまでもメンバーとして桑田を盛り立てるポジションにいたのに対し、大森はアルバムに自分で作曲したものを収録していたりする。個人的な感想では、サザンの曲としてはなんかレベルの違いを感じてしまったりもしていた。

その後、原由子がソロ活動をし始めたのと前後して、大森隆志もソロとしてアルバム「真夜中のギターボーイ」をリリースしたり、「TABO's Project」という女性ボーカルユニットを結成したりとソロ活動を始めたんですが、どれも話題にはのぼらず立ち消えていった感じだった。

B00005gxlz01_sclzzzzzzz_原由子のほうは、ほとんどが桑田作曲だったけれど、ボーカリストとしての味もありベストテンに入るヒット曲も産みだし、さらに自作曲した物もヒットするようになっていった。
悲しいけれど、桑田佳祐と比べるまでもなく、そっち方面にあまり才能は無かったんじゃないかと思わざるを得ない。もちろん、アーティストとしてのプライドの中で色々な葛藤はあったんだろうけど。

サザン脱退時も「何故?」という話の中に「宗教絡み」という物を風の噂で聞いた事がある。ブルーハーツも、X-Japanも解散の最終的な理由はそこだったけれど、何かにすがらなくてはいけない心情に追いやられたのかと、複雑な気分になってしまう。
そして、今回の覚醒剤。

Img1050583060新曲をリリースすれば、当たり前のようにチャートインして、当たり前のように何万人の前でライブしてという生活の中で「でもこれって俺の才能じゃない」と思ってしまったのか、「俺だって」と思ってしまったのか、自ら作曲する事が出来るばっかりに、独立出来ると考えてしまったのかは解らない。
脱退後の、サザン時代とのあまりの落差、想像するにその焦燥感の中でアホな事に手を染めてしまったという部分に、ある種の切なさを感じてしまうのだ。

桑田佳祐がその逮捕後にラジオで「今日は今までの人生の中で最悪の日だ」と怒りをぶちまけていたらしい。
音楽を志す人はいつの時代にも何百万といて、その極々一握りがデビューし、その中のさらに一握りがヒット曲を出し、さらにほんの一握りが時代を超えてスターであり続ける事が出来る世界。
ドリカム西川の時も同じ事を思ったけれど、大森隆志はサザンに在籍したと言うことで、その殆どの人が見ることが出来ない世界を見てしまった事が不幸だったのかも知れない。

|

« 5月12日の出来事(知泉) | トップページ | 5月13日の出来事(知泉) »

コメント

なんか読んでいて切なくなってしまいました。
サザンの中で大森隆志は確かに目立った存在ではなかったと思いますが、自分の好きだったサザンの一部です。
犯した罪はもうぬぐえませんが、この先の人生はまっすぐ生きて欲しいと思います。

投稿: タダ | 2008年9月 8日 (月) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18814/1824000

この記事へのトラックバック一覧です: 元サザン大森隆志・大麻取締法違反:

« 5月12日の出来事(知泉) | トップページ | 5月13日の出来事(知泉) »