« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

5月31日の出来事(知泉)

世界禁煙デー(World No-Tabacco Day)
郵政省設置記念日
そばの日   [毎月最終日]
☆総理府設置記念日
☆晦日/みそか [毎月最終日]
5月31日の歴史的出来事
5月31日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供は親を選べない

なんだか、ここの処、子供が親を殺したとか、親が子供を殺したとか、そんな犯罪が日々報告されていて、うんざり。


スバル IMPREZA
00000_10そんでもって「またこの季節がやってきましたか」という、ほとんど風物詩的になってしまった「パチンコ店の駐車場の中に生後2ヶ月の赤ちゃんを置き去りにしたままパチンコにのめり込んで、子供が熱中症で死んでしまう」という事件が5月29日に起きました。
この手の事件を起こす親ってのは、学習能力というか、自分は違うって思いこんでいるのか、まったくもってアホとしか言いようがない。そこまでしてパチンコしたいのか?

日産 FAIRLADY Z
00001_1今回の事件はもう「事故」じゃなく「故意」としか思いようがないのが、父親(24)と母親(23)はそのパチンコ店に午前9時に訪れ(店の開店時間だよね?)、自動車の窓を全部閉め切った状態で生後2ヶ月の赤ちゃんを寝かせ、そのまんま延々と5時間後の午後2時まで1度も自動車に戻ることなくパチンコを続けたという。
昼飯すら食べずに熱中してしまう物なのか?というのは、パチンコに興味のない自分だから言えることなのかもしれないけれど、それだったらなぜ赤ちゃんを連れて出来てきた?って感じなのだ。

三菱 LANCER EVOLUTION VIII
00002_2さらにこの両親が最悪なことには、最初病院に担ぎ込んだ時には「ショッピングセンター駐車場に車を止め、買い物をして戻ったら車内でぐったりしていた」と嘘の報告をしていたのだ。
生後2ヶ月の赤ちゃんを自動車の中じゃなくても、5時間もほっておけるような神経の持ち主に何を言ってもダメなんだろうけど、子供がそのまんま何の資格もなく親になれる現状ってダメなんじゃないかと思ってしまう。

トヨタ HARRIER
00003_1少子化が叫ばれている昨今だけど、子供を作るとかの前に「大人になる」って事を指導しなくちゃいけないのではないか?(こんな連中は極々一部だと思うけれど)
などと、永遠の少年の心を持つピーターパン症候群(シンドローム)世代の私がなんか偉そうな事書いてますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

5月30日の出来事(知泉)

文化財保護法公布記念の日
ゴミゼロの日/環境美化の日
お掃除の日/掃除機の日
☆消費者の日
みその日   [毎月30日]
5月30日の歴史的出来事
5月30日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RPGゲームするヤツ、ば〜か

もう1ヶ月以上前の話題ですが、最近知った物でちょいと書いて起きます。


ドラゴンクエスト交響組曲1・2(すぎやまこういち)
0000011漫画家の江川達也がゲームラボ2006年3月号で以下のような発言をしていてゲーム好きな人々から猛反発を受けていたとの事。

(要約)『ドラクエ』というかRPGが嫌いで、流行っていると聞いてやってみたんだけど、最初の3分で「なんじゃこりゃ」と投げ出した。あれはちょい頭が悪い人用のゲーマー能力が低い人向け。ヒマさえあればクリアできる、何度も戦っていれば勝てる、時間さえあればバカでも解ける。
ファイナルファンタジーも「すごい映像」と思う程度で、漫画家で自分で創作意欲とかある人は、RPGやる前に自分でおもしろい漫画描きますよ。 ストーリーもつまらないですし。
あんなのが流行るって世の中はバカばっかりなんだな。
と一刀両断している。

ドラゴンクエスト交響組曲3(すぎやまこういち)
0000012自分も「ゲームしている時間があるのなら別の事したい」と思うんだけど、だからといってバカだとは思わないっす。あれはあれで、よく出来たゲームだなと思う。
ただ自分が理解出来ない物、自分がつまらない物を、完全否定って、子供並の世界感でやんす。

でも、ハッキリ言って江川達也の漫画もかな〜りの時間を掛けて読ませて、あげくの果て「夢オチ」という素晴らしいまとめ方の物もありましたので、ストーリーが面白ければって話をされてもなぁ(東京大学物語)あれは「夢オチ」で終わらせたんじゃなく、もうどうにもならなくなって、あれしか結論を出せなかったのでは? とりあえず自分の中での江川評はあの作品のラストで終わっている(連載途中でかなりダメ感漂っていましたが)

ドラゴンクエスト交響組曲4(すぎやまこういち)
0000013しかも最近の作品は『日露戦争物語』は虚実含まれているとしても『家畜人ヤプー』『源氏物語』『仮面ライダー THE FIRST』などは原作そのまんまの絵解き漫画ばかりでストーリーは自分で作っていないし、絵に関しては「それ下書き?」以下。(日露戦争物語もすでに地図コピーと顔しか書いてないような作品。物語も...)
作品の出来での話題性ではなく、書き始める前から「江川がヤプーを書く」とか「江川が源氏物語を書く」と話題にだけにはなるような作品が多い。

ドラゴンクエスト交響組曲5(すぎやまこういち)
0000014インタビューでは「アシスタントを置くと自由に書けない」「下手なアシを置くより一人の方が早く作品が上がる」と答えているらしいんだけど、そのためなのか真っ白な画面に殴り書いた文字の「ドッドッドッドッド」だけのページとか、背景真っ白、人物も下書きしたとは思えないラフ画(しかもデッサン狂っている)とか、すでに漫画としての体を成していないような作品が多い。(テレビ出演が忙しくて作画時間が不規則な上に、注文が多いのでアシが逃げたという噂がある)

ドラゴンクエスト交響組曲6(すぎやまこういち)
0000015雑誌掲載した「仮面ライダー THE FIRST」は、あまりの手抜きに抗議殺到で、発売予定だった単行本も延期。
別の「仮面ライダー」のリメイクをしている島本和彦氏はラジオで「描きたくねえなら描くなよ!」「マトモな編集者なら、私が編集者なら、こんな原稿叩き返してやりますよ!」と思わず言ってしまうほどの素晴らしさとの事。

源氏物語の漫画化に関しては最初、かなり期待していたんだけど、漫画では大和和紀「あさきゆめみし」のほうが原典に忠実ではないにしろ100倍理解しやすいし、絵がないけど瀬戸内寂聴版の方が遙かに理解しやすい。
江川版は原典と並行して書かれているので、ある意味資料的意味もあるかもしれないけど、なんか「ただダラダラ書いてます」って感じ。
それ以外の現代語訳では与謝野晶子 谷崎潤一郎 円地文子などなど。
書き始めの時は、かなり大きな風呂敷を広げていたんですが、結局、江川版は7巻で打ちきりで「全7巻」となっている。売れなくても、連載終わっても独自に単行本作品と続けるぐらいの気概があればよかったのに(単行本の最初の方にはそんな事書いていたけど)

ドラゴンクエスト交響組曲7(すぎやまこういち)
0000016なんつーか「創作意欲ある人は、江川達也のいきあたりばったりの下書きもしていないような漫画を読むヒマがあるのなら、自分で100倍面白い漫画書きますよ」って感じっす。

でも、江川発言の「あんなゲームするぐらいなら、自分で..」とは、いわゆるクリエイター側からの意見で、それを一般人に向けてバカ発言ってどうなんだろ。
そんな事言ったら、漫画を書かずに与えられた漫画を読んでいるヤツらも全員バカって事で、江川達也は自分の読者も含めてバカ扱いしているんじゃないかって。

あまりにも「自分は物作っているんだから偉いんだぜ」って勘違いしすぎなんじゃないか?自分も素人ながら、そっち関係に時々アシつっこんだりしているので、その業界に棲息する人を多々知っていますが、確かに物を作る人の中には「クリエイトする人間はレベルが高い」という趣旨で、それ以外を見下している人も存在するのは事実。
江川達也も本職をしっかりやっていたのなら説得力あるんだけどなぁ。

島本和彦氏以外で仮面ライダーの漫画化ならナデガタサーカスの下口氏が!という声多いらしい(HP上でどういう経緯で発表されているのか不明ですが、氏による仮面ライダーのオリジナル新作が読めるっす「Hybrid Insecter」現在Chapter05まで発表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

5月29日の出来事(知泉)

こんにゃくの日
呉服の日
エベレスト登頂記念日
肉の日    [毎月29日]
5月29日の歴史的出来事
5月29日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語

5月26日27日と2日連続で放送された渡辺プロダクションの創始者・渡辺晋のドラマ。


渡辺晋&オールスターズ(1960.12.28週刊平凡)
0000005この手の、戦後の復興期からだいたい1980年頃までのダイナミックに時代が展開していく物語は今までも数多くドラマ化されたり、小説になっている。
映画「三丁目の夕日」なんかもまさにその時代を切り取った物だけど、貧しいけれど幸せだった時代という事で、懐かしい近過去という感じなのかも知れない。
自分なんかは、その上昇している時代は体現していないので、ある意味うらやましいと思って文献などを読んで追体験をしている。
自分が物心付いた時はすでに、高度経済成長期のツケが廻ってきていた時代なので、その前の時代は幸せだったのかも知れない。

クレイジーキャッツHONDARA盤(2005.1.26)
0000001_1もっとも今回のドラマではまったく書かれて居なかったけれど、60年代の安保紛争などの重い空気があったんだろうけれど、自分的にはそれも含めて「出遅れた世代」的な気分で憧れて見ていたりする。
もっとも、自分的には「あんまり幸せな時代ではない」と思っていた1980年代も「何も残らなかった」と思っていた1990年代も、後の世代から見れば「あの時代がうらやましい」って感じなのかも知れない。

ここ数年の80年代リバイバルみたいな流れの中「あの何もかもが輝いていた80年代」みたいなキャッチが書かれているのを見て、常に時代というのは過ぎ去ると輝いてくるのだなぁと思ったりもするのだ。
「ザ・ヒットパレード」出演者&役名の一覧
↑一部、どの役を演じたのは不明な部分がありますので、ご存じの方は追加記入お願いします。

クレイジーキャッツHARAHORO盤(2005.1.26)
0000002_2渡辺晋という人物に関してはほとんど知らないので、柳葉敏郎の演技が似ているのか似ていないのかは不明ですが、それ以外の原田泰造演じる椙山浩一(すぎやまこういち)とか、近藤芳正が演じる宮川泰とか「あぁ雰囲気出している」って感じで楽しめた。
もっとも石黒賢青島幸男はちょっと「石黒、無理して軽くしてるなぁ」という感じでしたが。

ザ・ピーナッツ(今回は安倍なつみ・安倍麻美姉妹が演じた)
0000004クレージーキャッツに関しては植木等ハナ肇以外のメンバーはお笑い芸人の「18KIN(大滝)」とか「我が家」とか「パラシュート部隊(斉藤)」が演じていて、かなりいい感じだった。
植木等を陣内孝則が演じると聞いた時は「全然似てないじゃん」と思ったんだけど、ドラマの中で何度も植木そのまんまっぽい感じがあったり、声なんかかなり似ていた。なんでも植木等を演じる為に90キロ近くあった体重を72キロほどまで落としたらしい。
個人的にはふかわりょうが演じた中村八大が似てなさ加減でツボでした。学生バンドの時代なのに、髪の毛を七三にまとめたふかわがやたらとオッサン臭くて。

キャンディーズ(雑誌GORO1976.7.22)ミキちゃん逆さまですが
0000007あと、キャンディーズに関しては解散宣言をした部分だけがドラマに登場したけれど、あの時点でキャンディーズの年齢は21歳ぐらいだったので、やけに幼い感じの子達が演じているってのも違和感あった。なんかキャンディーズではなくその妹分グループ「トライアングル」って感じだった。

ただ残念なのは渡辺プロとしてはクレージーキャッツがあんだけ出ているのだから、ドリフターズも...と思ってしまった。自分の世代ではクレージーよりドリフなんで。
でも、今回のドラマは「フジテレビのザ・ヒットパレード」ってのがキーワードなので、ドリフ=TBSの全員集合ってことで、話に加え難かったのかも知れない。
物語的にはやはり前半の時代がダイナミックに変わっていくところが面白く、後半はだいたいこんな物でしょって感じでした。

スマイリー小原
0000006ふとラストに疑問が残ったのが、渡辺晋社長が退院して来た時のシーンでスマイリー小原がいたんだけど、スマイリーって社長より4年か5年ほど早く亡くなっていたんじゃないかという部分。スマイリー小原を演じていた踊る宇梶剛士も可愛かったけれど。
近過去の歴史を演じるドラマは物語的部分以外に、誰もが知っている実在の人物にどれだけ似せることが出来るかというのが、見る楽しみなのだ。

ただ、ドラマの中では芸能プロダクションおよびショービズ界を経済関係者に一大産業だと認めて欲しいという事で渡辺晋が必死になり、それで苦悩する姿が描かれていたけれど、実際にはそこで培った経済界とのパイプが業界内で脅威となり、雑誌でもテレビでも「渡辺プロの事を悪くは書けない」という風潮を生み出した事。
あと別の事務所、70年代に大きく成長したホリプロ、ジャニーズ事務所などとの色々な話など、いわゆる暗部については(当たり前だけど)触れる事はなかったというのが、しょうがない事ですが「ドラマだなぁ」という感じでした。

| | コメント (0)

2006年5月27日 (土)

あのねのね「もうゲームはしないよ」

Photo_6あのねのね/もうゲームはしないよ
作詞/作曲:三浦久
1976年:ルチア音楽工業株式会社
¥600


歌手名表記は「あのねのね」ではなく「亜乃根野寝」って、なんか偏差値の高くない珍走団なみですが、この曲以外では「人間は何て悲しいんだろう」という曲でも使っています。
BOOK OFFの社長に清水國明の姉が就任した時にも書いたんですが、自分はかつてあのねのねフリークでした。1980年頃「ネコニャンニャンニャン」とか「パンツ〜丸みえ」とか歌い始めて、なんか違う方へ行ってしまったなぁと醒めてしまったんですが。

Photo_7彼らは、本来ワーナーパイオニア所属なんですが、このシングルだけ自主製作盤で製作・発売が「ルチア音楽工業株式会社」となっています。
当時、自分が住んでいた処では見かけることなく、川崎の親戚の家に遊びにいった時に川崎方面のレコード店で発見し購入した物。
このルチア音楽工業株式会社はどうやら京都にある自主製作レーベル「京都レコード」関連の会社らしいのですが、なぜこの盤だけが自主製作で出たのかは不明。
ルチア盤ではLPも1枚出ているみたいなのですがそっちは未入手。
(京都レコードは京都西京極にあった会社で、東芝EMIから発売する時は平安京レコードと名乗っていたり、色々メジャーよりの活動をしていたみたいです)

あのねのね「雪が降っています」1974.11
Photo_8あのねのねというとコミックソングという認識を世間ではされていますが、この曲は真面目な唄で、作詞・作曲も三浦久となっている。
三浦久とは現在も地道に活動している京都出身のフォーク歌手(現在の本職は女子短大の教授らしい)で、あのねのねのデビュー当時のレコード製作をしていた「京都レコード」の関係者らしい。(京都レコード製作・ワーナー販売)
このシングルのB面は清水国明作詞、原田伸郎作曲のまじめな曲。

あのねのねプラス1「青春旅情」1975.7
Photo_9実はあのねのねの70年代後半にはまじめなシングル曲が多い。どうも、そっち方面へ活動をシフトしようと考えていたみたいなんですが、その戦略は空振りに終わり、それら真面目な曲はほとんど世間的な認知はなく、結局現在でもあのねのねは「コミックソング」という括りだけでしか語られない。
それ故に、その路線がダメだと思った直後に例の「ねこニャンニャンニャン」とかになってしまったんだと思うんですが、あそこまでコミックを意識してしまうと子供向けになってしまうワケで、やはりコミックソングを持続して作り続けるのは難しいだろうなと痛感する。

あのねのね「人間は何て悲しいんだろう」1976.8
Photo_10確かに、マジメ路線に変更する直前の1975年頃、ネタ切れみたいな発言もしており、TV番組「うわさのチャンネル」では歌詞募集をして、送られてきたコミックソング歌詞に曲を付けて歌うコーナーなんかもありました。

真面目な路線に変更したシングル「雪が降っています」は作詞・作曲あのねのねとなっているんですが、その後に出したシングル「青春旅情」は元バックバンドだった河島英五の作詞作曲で、アーティスト名も「あのねのねプラス1(河島英五)」と、なんだかよく判らない物になっている。

あのねのね「さよならは白い雪文字」1976.11
Photo_11さらに「人間は何て悲しいんだろう」「さよならは白い雪文字」の二曲はナッシュビル録音で作詞松本隆、作曲加藤和彦、編曲瀬尾一三という凄いメンツなのだ。
現在発売中の「ベスト撰集 」というベスト盤ではなんとか「雪が降っています」と「青春旅情」を聞くことが出来ますが、それ以外は幻の曲という感じです。

コミックソングを専門にしている歌手というのは古今東西、沢山存在していますが、その多くが最初の頃の勢いを持続出来なくなり、後半は無理矢理企画を持ち上げて、無理矢理曲を仕上げたというやっつけ仕事的になり、端で見ていてイタタ状態になってしまう場合が多々あります。

あのねのねの場合、唄だけじゃなくキャラもあったので、80年代末期頃まで「ヤンヤン歌うスタジオ」があったり、「ものまね紅白」とかの司会もあったり、70年代末は「出没!!おもしろMAP」という現在多いタレント複数名が各地に出かけ面白おかしくレポートする旅番組の元祖的な番組をやっていたり、タレント活動があったので、イタタ状態もそんなキツクはなかったけど。

ちなみに「出没!!おもしろMAP」という番組の1コーナーとして、あのねのねのレポートの途中いきなりムキムキマンが出現して「エンゼル体操」を踊るコーナーはかなり有名になった。
で、このエンゼル体操は凄い。
Photo_12「ムキムキマンのエンゼル体操」(1978年)
作詞:景山民夫、作・編曲:小坂忠
歌:かたせ梨乃&カツヤクキン
口上:清水国明&クーコ
衣装デザイン:小森和子
振付:山上たつひこ 

かたせ梨乃ってあの時点でそれなりの大御所のような気がしていたんだけど、まだ20歳でデビューしたてだったんですね。今回ちょっと調べてビックリしてしまった。

作曲の小坂忠は当時トラ・ミュージックという事務所を運営していて、その事務所に佐藤奈々子という歌手が所属しておりました。で、その佐藤奈々子の作曲などを担当していたのがデビュー前の佐野元春(当時の本職は広告代理店の社員?1978年だと22歳なのでその辺りか)。その関係から「ちょっと佐野くん手伝ってよ」という事で、エンゼル体操のイントロから始まるムキッムキッビニョニョ〜ンという腰砕けなキーボードを演奏しているのは佐野元春。(この曲の作曲、実は佐野元春という噂もある)
兎にも角にも凄いメンツの曲。

さらに「出没!!おもしろMAP」のオープニング曲はインスト物で、超絶テクのギターが繰り広げられていたんだけど、たぶん今まで一度もレコードにもCDにもなっていない。
で、その曲を演奏していたのがチャー。

話はあのねのねから逸れてしまったけれど、とにかくそんなこんなであのねのねが好きだったという話でやんす。

ついでに、BOOK OFFの時の豆知泉で書いていた「あのねのねの弟子出身ブラザーコーン」というのがありましたが、実はコーンと佐野元春は中学の時の同級生。

| | コメント (5)

2006年5月26日 (金)

湿気た社会に増殖するねんきん

あぁ自分も年金免除にならないかなぁ


Audi TT(2000〜 )
00001って事で社会保険庁が納付率をアップするために申請をしてなかった多くの人の年金未納義務免除にしていたって事ですが、色々この先、事件は大きくなっていくんでしょうね。
とりあえずトップ自体はそんな命令はしていなくて、各地域が独自に勝手にやったものみたいな事になっているんだけど、日本各地で同時多発的に同じ手口が発生するってのもどういう物なんすかね。
ま、どっかの地域が「この方法で納付率あがった」となって、それを知った他の地域が「そりゃいいね」と横並びに真似をしたって事かも知れませんが。

それでも世の中には奇跡的な偶然ってものも存在しているので、偶然各地域で同時に同じ手口を考えてしまったという可能性も否定できない。
いわゆる「シンクロニシティ:Synchronicity」といわれるもので、カール・ユングが提唱した「非因果的連関の原理」。まったく関係も持たない別の場所で偶然に同時進行する複数の現象を指している。

Aston Martin DB5(1963〜1965)
00002例えば、伊豆半島に棲息する猿がある頃からエサを海水で洗って食べるようになった現象が記録された。原因は綺麗にするのが目的なのか、海水を付けて塩味を足したのかは不明ですが、それまではほとんど見られなかった現象。
それとほぼ時を同じくして、数100キロも離れた四国に住んでいた猿も同じように海水でエサを洗うようになったという報告があった。

これなんかは、離れた場所に住んでいた猿が連絡を取り合ったとは思えないけれど、同じ時期に同じ進化をしたという事になっている。
これがシンクロニシティ(ちょっと単純すぎる説明ですが)。それがきっと社会保険庁で起こっているのに違いないのだ。きっとそうなのだ、まさかそのトップが指示したなんて事はないのだ。

MGB(1962〜1980)
00003社会保険庁は名称が堅く重いので国民に親しまれにくいということで、2008年10月から「ねんきん事業機構」と名称変更するらしい。
って、「ヤツら漢字ばっかだと読めないし難しい事だと思っちゃうらしいぜ、だからひらがなで書けば安心して金払うにきまってる」ということで、国民をバカにしとんのか?状態でありますが、きっとここで言われている「ねんきん」を漢字で書くと「粘菌」なんでしょうね。
森などの地面に多く存在するアメーバ状の菌類で、広い地域に点在して存在している物。ジメジメした暗がりに点在している同士がアクセスして徐々に大きく広がっていくらしい。まさに現時点の社会保険庁には相応しい名前かもしれないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんどんあなたは安くなる

大型の液晶テレビが10万円を切る値段で量販店なんかで販売されている。


NISSAN「SKYLINE GT-R(1973)」
00004現状では「目玉商品」扱いだし、メーカーも聞いたことがないような(韓国?台湾?)会社だけど、年末頃にはもっと当たり前になっているのかなぁ

DVDプレイヤーだって、数年前に「10万円切った!」と大騒ぎしていたのが、今や2万3万の時代だから、このスピードは速いかも知れない。
ビデオデッキだって、CDプレイヤーだって、最初は全然特殊な機能付いていないのに10万円を超えているの当たり前だったのに、今や1万円以下だったり。

SUBARU「LEONE 4WD(1972)」
00005もっと古くは、電子レンジなんて物を調べてみると、初登場が1962年でその時は52万円。当時の大卒初任給が1万7000円だったので、現在の価格なら500万円ほどという時代だった。
それが、たった4年後の1966年には19万円。初代はただ暖めるだけ、1966年のはターンテーブルが付いている。ちなみにターンテーブルは、発明は苦手だけど改良が得意な日本人のアイディア。
さらに3年後の1969年にはすでに10万円を切っている。
技術革新と機器の普及率ってのはそーゆー事なのだな。

DAIHATSU CHARDE DUSEL TURBO(1985)」
00006でも、この数年でやっとDVDが普及したタイミングでの「ブルーレイディスク」ってのはどうなんすかね?そんなに一般家庭で大容量の記憶媒体なんて必要無いって気もするし、DVDの空メディアが安くなっている現状で、そっちに手を出す人はそんなに多くないような気がする。
さて、今年の年末ボーナス商戦はどうなっているんでしょうかね。それにしても、最近はマジに「どのタイミングで買ったらいいのか解らない」ってぐらいに日々状況が変化しているので、なかなか大変なのだ。
自分はi-Macを購入した2ヶ月後にインテル入ってるi-Mac発売だったし....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

眼鏡フェチアイドル

ここ数年「眼鏡フェチ」という言葉が市民権を得て、グラビア系アイドルでも常に眼鏡を掛けている「メガドル」なんて人も存在している。(時東ぁみ、あるいは時東あみ)


時東あみ「ミスマガジン2005 」
B000b5m80401lzzzzzzzでも、雑誌なんかでパラパラとその人のグラビアなんかを見てもなんか「!」という感じがしない。確かにビキニとか着ているのに眼鏡ってのは変なシチュエーションなので印象には残るんですが。
自分もどちらかと言うと眼鏡女子は嫌いではない。けれど、なんか昨今のブーム的な物は違うよなぁと感じている。

先日、その「時東ぁみ」がテレビで紹介されていたんだけど、なんか全然。多数の眼鏡を所有しているらしく、ワザのひとつとして「眼鏡を外さずに別の眼鏡に掛けかえる」というのを披露していたわけですが、そこで「そうか」と思ってしまったのだ。
「この人、眼鏡以外にキャラないじゃん」ということ(もっと観察すれば色々あるんだろうけど)。

いいとも青年隊「恋の爆弾ストリート」
Iitomo昔からお笑いコンビなどでも、キャラの対比として片方が眼鏡を掛けるというのは行われていて、ウッチャンナンチャンもデビュー時に事務所から「オマエらキャラが立っていないから片方メガネかけろ」と言うことで、内村がメガネを掛けていたこともある。
あと、いいとも青年隊としてデビューした当初の羽賀研二もキャラ立ての意味でメガネを掛けていた。
他にも、度の入っていないメガネを掛けているお笑いの人は多い(実際に目が悪くても、ガラスが反射するのでガラス抜きで、コンタクトのケースも多いらしい)。

それ故に、グラビア撮影時もメガネをかけて、イベントでは延々とメガネの話題で費やすってのは、メガネフェチ的には全然違うのではないかと思ってしまうのだ。
自分の場合は、普段メガネ掛けていない女子が何かのキッカケでメガネを掛けたりすると「キュン」としてしまうのだ。

たとえば本上まなみがプライベート写真でメガネかけていたり、高木美保とか麻木久仁子辺りがクイズの回答者で問題を見るときだけメガネかけるとか(この二人の場合、老眼かも....)、デフォルトメガネではない場合にグラッと来るのだ。

セイントフォー「太陽を抱きしめろ」
Photo_14もっとも、メガネアイドルって別段目新しい物ではなく、すでに20年前にデビューした「セイントフォー」という4人組アイドルの一人が常備メガネの人だった。
「ザ・オーディション」という映画のために結成されたグループだったと思うけど、レオタードみたいな衣装で、踊り歌ってバク宙とかしていたんだけど、なんかそのメガネがワザとらしくて....。

で、このメガネの人は「ザ・ベストテン」のスポットライトに出演した時に大失態を演じてしまった。
黒柳徹子が「アイドルになろうと思ったキッカケは?」と訪ねた時に、そのメガネ女子が「えっと、普通にOLとかは勤まりそうも無いので」と答え、その次の瞬間徹子が「アナタ、OLが勤まらないからって、芸能界はそんなに甘い物じゃないわよ」とぶち切れてしまったのだ。
その後、彼女たちはチャートインすることもなく、テレビで歌っているのを見たのはそれが最後になってしまったけど。(徹子の怒りに触れたからではなく、曲がつまらなかった)

少女隊「お元気ですか?マイフレンド」
Photo_15他に同じ頃「少女隊」のひとりが映画の役作りの関係でメガネだったりしたんですが、単独アイドルではバラドル初期って感じの斉藤ゆう子とかがいました。
時代的には、この手のメガネを掛けていると「あられちゃん」的な扱いをされていましたが。

斉藤ゆう子「僕も男だ」
Photo_16自分の中でもっとも古い、メガネアイドルとしては南沙織なんて人もいましたが、よく考えてみると自分のメガネ女子好きは「メガネを掛けている女子が好き」って事ではなく、「美人がメガネを掛けるのが好き」という邪道な物だったのだと、今判明しました。ごめんなさい。

ちなみに、世間で「フェチ」と呼ばれる物が多数あるけれど、あれは元々「肉体的な性ではなく間接的な物質などに性的興奮を喚起される物」という意味なので、オッパイフェチとか、足首フェチって言葉は誤用。
たとえばストッキングを穿いている女性の足が好きだったのが、いつしかストッキングだけを見るだけで興奮するようになる、言ってみれば「パブロフの犬」のような状態。
メガネフェチと言う物が存在するのなら、それは「あぁこのフチの部分がベッコウになっているのがいいのだ」とか「この視野のハズレが微妙に屈折している感じがいいのだ」とかで興奮出来る人の事を指さなくちゃダメなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

やっぱりおまえはバカじゃないか(杉村太蔵)

同じ杉村として、そのダメさ加減もにが笑いして見ていたワケですが、今回の「ブログの盗用」ってのは、なんかやっぱりただのアホな兄ちゃんでしかないなぁとガッカリしている。


BMW 631i(GEORGIA)太蔵くんが大好きなBMW
0002934先日の結婚会見も「相手方の父親が今でも反対しているので結婚式は....」とか言っていたワケですが、そりゃ結婚相手としちゃ考えてしまうよ。
とりあえず現時点では同世代と比べたら遙かに高給取りだけど、次回の選挙でどうなるか解らないタレント議員(普通はタレントが議員になった時の言葉だけど、杉村太蔵の場合は議員になった事でタレントになった)だからねえ。政治家としてのビジョンも「ニートやフリーターを」と言っているだけレベルだし。

BMW 635CSi(GEORGIA)
0002935事の発端は、その入籍の前日に書かれていたブログの内容で、今まで育ててくれた両親へ感謝の言葉を述べ「でも19歳の時、本気で自分が嫌いだった。自殺を試みたことがある」として真冬の大雪山に行って凍死しようと試みたが、寒くて死ねず、結局、帰って来たという事を書いていた。
寒くて車に戻り、しばらく暖をとった後で再び外へ出て再度自殺を試みたけれど「これじゃ風邪ひいちゃうよな」と言いながら帰ってきたとの事。

000000実はこのエピソードは元暴走族で有名予備校講師・吉野敬介氏の著書『やっぱりおまえはバカじゃない』(現在.小学館文庫)に書かれている話とソックリだったらしい。

吉野氏の話は志賀高原なのに対し、杉村太蔵の場合は北海道出身ということで大雪山に変更されている。

吉野氏の場合、このエピソードは暴走族の特攻隊長だった氏が自殺をあきらめた直後から必死で勉強をはじめ、4ヶ月後に無理と言われていた大学へ合格する事になったという、受験生への応援メッセージとして「死ぬ気になれば何でも出来る」ということで書かれている物。ラストの自殺しに行って「風邪ひいちゃうから」と帰ってくる下りは、話が重くなってしまうために吉野氏が考えたオチ。そこも見事にパクっています。

Megane Tophy(Roots)
Dscn2932杉村太蔵の場合は、結婚前夜に突然親の話を出し、突然19歳の時に自殺を考えたという話に持って行っている。そして「なぜあんなことで悩んでいたんだろう?でもそれも青春というものでしょうか」と締めている。別段、そこで自殺未遂の話を持ち出すような展開でも無いような感じなのだ。

で、このエピソード、実は去年に行われたニートたちとの談話の中でも語っていたそうで、その時に偶然、吉野氏の授業を受けていた予備校生徒もまじっていて、その時から話題になっていたらしい。

MAZDAコレクション(サークルK)
Dscn2938現在はブログでのそのエピソード部分はサクッと削除し「19歳の時、死にたくなるほど悩んでいました(中略)何であの時、あんなことで悩んでいたんだろう?」と改竄しております。その前の文章でも不自然な展開だったのに、現在はさらに不自然な文章になっている。

MAZDAコレクション(サークルK)
Dscn2939その件について「盗用はあったのか」とマイクを突きつけられた杉村太蔵は「酷似してますね。そう言われてもしょうがない。あれは問題ありますね」と答え、「作者に対してはどのような」と聞かれ「不快な思いをさせてしまったら、大変、申し訳なかったと思います。今後、十分、注意したいと思います」と答えた。
その吉野氏のもとには謝罪の声明などは無く「ふざけるな、ちゃんと筋道通してあいさつに来い」と怒っているらしい。

「酷似してますね」って、盗用したのを認めていない他人事のかのような発言。本当に偶然、酷似しちゃったのなら削除する必要も無いのに。なんかこの他人事発言は見事に小泉純一郎の劣化コピーという感じ、小泉流をしっかりと学習した成果がこれなんでしょうかね。

MAZDAコレクション(サークルK)
Dscn2940話は直接関係していませんが、3月26-27日のブログに書いた「大昔に書いたエッセイが某エッセイストによってマルっとコピぺされていた事件」すっかり結果報告せずにネタとして放置しっぱなしになっていましたが、その結末。
3月27日:発掘!自分の古文書
3月26日:ヅラといつまでも
あの文章を勢いでブログに書いたのはいいけど「さてどうしたものか」と思っていた所、その2日後、いきなり先方の出版社よりメールが届けられた。
「ブログで書かれていた件、現在調査中ですので、この件に関してはこれ以降はメールでお願いします」との事。もっともブログで延々とその話を引っ張るつもりは無いので、それに従いました。

MAZDAコレクション(サークルK)
Dscn2941それから3日後、「あのエッセイはサイトに書かれていたような雑誌に記載したという事実はありませんでした。そもそも●●氏が過去に書いた文章を掲載するページを作るという話になって、氏にデータを送付するように依頼した処、あの文章が混ざっておりました。氏の普段の文章とはスタイルが違うとは思いつつ、そのまま掲載したのです。氏のパソコンの中に、エッセイを書くときの資料として他の面白かった文章などをストックしてあった貴殿の文章が紛れていたみたいで、それを間違ったまま送付したというのが原因のようです。すでにそのページは削除しておりますので安心してください」という内容のメールが送られてきた。
なんだか釈然としないなり。と思いつつ、その5年ほど前のスノーボード雑誌などをチェックする手段もないので「はあそうですか」と思うしか手段はないのだ。

MAZDAコレクション(サークルK)
Dscn2942で、翌日不可解なメールが届いた。
「いやあ、ピースメーカーさんのブログに行った時、最初は何が起こっているか解らなかったんだよね。で、自分のエッセイが書かれているサイトに行ってビックリしちゃったというワケ。あれは自分の文章とピースメーカーさんの文章を間違えて編集部に送ってしまったみたい。報告してくれてありがと、もう削除したので、これで終わります」という感じのメールが届けられた。
ピースメーカーさんって誰?

MAZDAコレクション(サークルK)
Dscn2943で、このメールの送り主はエッセイを書いたとされていたライター氏。
なんか、よく解らないけど「ピースメーカーという人がライター氏に知泉ブログで指摘されているよと教えてあげた」で、その報告ありがとうというメールを間違って知泉作者に送ってしまったという事なのか?
そもそも間違った文章を送ってしまったそそっかしいライター氏は、ふたたびそそっかしさを発揮してしまったという事なのか?
「自分はエッセイを書いた本人ですが、ピースメーカー氏ではありません。もしかしてメールの送付先を間違えていませんか?」と返信メールを送ったのですが、それっきり約2カ月経過。

MAZDAコレクション(サークルK)
Dscn2944なんだか「とりあえず間違い間違い、削除しとくから、それでOKね」という感じが世の中に蔓延しているんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

五月晴れ・五月雨・五月蠅い・五月みどり

五月さん
001_2モーニングショーの天気担当アナウンサーが「ここの処、五月晴れとはほど遠い天気が続いております」と語っていた。
確かに、GWの最中は天気が崩れつつも後半はそれなりに快晴があったんだけど、それ以降はなんか雨降ったり曇ったりが続いてパッとしない天気が続いている。
お陰で、腰は痛いし、首は異常に痛く頭痛になっているし、体力がガシガシと減退していくのを痛感するような状態なのだ。
でも、アナウンサーが言っていた「五月晴れ」という言葉は、現在のような天気の時こそ相応しい言葉であったりする。


五月さん その2
002_1というのも、本来「五月晴れ」の五月とは旧暦の五月の事なので、実際には6月・梅雨のまっただ中に時々奇跡的に晴れ間が見えるような日の事を指して言っていた言葉なのだ。
つまり、連日雨や曇りの日が続いて、ちょっと天気がよくなって太陽が顔を出すような日が本来の「五月晴れ」。

同じ五月を使った言葉に「五月雨:さみだれ」というのもあるけれど、これなんかまさに梅雨突入って状態の長雨を指していた言葉。

五月さんの妹
03_2さらに「うるさい」を漢字で書くと「五月蠅い」というのは難読漢字として有名ですが、温度が上がって雨も続いてという湿気むんむん時期に発生するハエを指して「うるさい」と思った事から作られた漢字表現です。
もっとも「うるさい」を漢字で「五月蠅い」と書くのは俗説的な物で、正しくは「煩い」と表記するのが正解。あっちはあくまでもそんな表記があるよという物。

ちなみに五月みどりの「みどり」という名前は芸能界デビュー時に妹の名前を拝借してしまった物で、後に妹が「小松みどり」の名でデビューしたので、世にも珍しい苗字が違って下の名が同じ姉妹が誕生した。
で、「五月みどり」も「小松みどり」も小松菜の品種に存在する。

五月さんの義理の息子(だよね)
04_1ついでに「五月みどり」がらみで芸能界の家族関係で最近知ったネタ。
大昔に山田太郎という歌手がいまして「朝刊太郎」なんて曲を歌っていたんですが、その山田太郎の(何人目かの)奥さんが、こっちも懐かしい「泣くなおかめちゃん」という曲を歌ってた紅屋おかめ、との事。
山田太郎と紅屋おかめ、の夫婦なんてどこも取り上げそうにないのでココに記す。

五月さんの義理の娘
05_1さらに言うと、山田太郎の父親は芸能プロの老舗・新栄プロ社長の西川幸男。でもって、西川幸男とかつて結婚していたのは五月みどり。西川幸男と五月みどりの間に生まれたのがプロゴルファー西川哲。つまり山田太郎と西川哲は異母兄弟。でもって西川哲の奥さんが菊池桃子。
つまり紅屋おかめと菊池桃子は旦那同士が兄弟という間柄。地味に凄いメンツの芸能家族なのだ。
ついでに五月みどりの娘(父親は二人目の旦那・面高氏)水沢絵里も歌手デビューしておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

ダメダメ宣言

今年はブログを開始し、メルマガの方も1月から心を入れ替えて「3日に1回」というペースを微妙に死守しながら5月まで続けてきました。
が、現時点でメルマガは2週間ストップしたままになっています。


Honda CB750FOUR(KIRIN FIRE)
00dscn2929実際、5月のGW開けに発行する予定だった号の冒頭には『さよならGW。ようこそ5月病』というタイトルを入れる事も予定済みでいた。
が、一介のぺーぺーサラリーマンの悲しい処で、GWが明けた月曜日から仕事がとんでもない自体に突入し、連日怒濤の仕事波状攻撃で雑学がどーこーてな事を考えている余裕がほとんどなくなってしまった。
もちろん、メルマガに掲載するつもりの雑学なんてのは半年以上先の文までストックや未掲載分があって、それらを適当に順番に掲載して機械的に3日に1度配信する事も可能なのですが、「そんな甘いもんじゃねえだろ」ということで、最終編集を出来ずに2週間のストップとなってしまった。

SUZUKI GSX1100s KATANA(KIRIN FIRE)
00dscn2930このブログに関しても、日々朝出かける直前まで見ているモーニングショーや、帰宅後に深夜ニュースや、ネットでチェック出来るニュースでネタになりそうなものをメモ書きにして「この件についてこれとこれを調べる事」などと注釈をいれておく。
で、そのまま数日経過してしまうのだ。もちろん、その数日間にニュースの方が別の方向に転がったり解決していたりで、自分が考えていたオチが使えなくなったり、いまさら書く必然性が無くなったりして没になる事もある。

YOSHIMURA GSX-R1000(KIRIN FIRE)
00dscn2931でも、ブログとかで意見を垂れ流して、空気抜きというか毒抜きをしておかないと今以上に精神的にキツクなりそうなので「今はダメダメだけど、そのうちなんとかなるから長い目で見守ってね」的に謝罪をしつつ、しばらくダメブログの道を歩んでいくのだ。
で、仕事がヘビーになる以前から体調はイマイチだったんですが(GWはひたすら体を休めていた為に、少し盛り返したけれど)、かなり腰痛や胃の方に悪影響が出て、おかげで集中力がとぎれたり、睡眠障害っぽい状態になって、日々楽しくない感じになっているのだ。

YAMAHA 1982 RZ350(KIRIN FIRE)
01dscn2928とりあえず土日の休みは死守しようと思っているワケですが、ぐったりしてダメダメ状態。
まさに「仕事辞めますか?それともブログ・メルマガ辞めますか?」てな感じに精神的にもキツイ状態ではあります。


以前の雑記は、マジに4〜6ヶ月ほど更新しない時もありましたので、今はまだ更新頻度に関してはいい方です。
その無更新の間も日々雑記のメモ書きは続けて、体調が戻った時に一気に文章を書き上げるという荒行も行っていました(今回も一気に4日分を数時間で書き上げていますが)
ブログもそれなりにちゃんと書いているつもりではあるんですが、メルマガに関しては「適当に発行するのは読者に失礼」と思っているので、時間的体調的精神的に復活出来るまでちょいと休憩っす。(ブログも適当ではないんですけどね)

Honda NSR250R
02dscn2936おまけ
本題とは関係ないけど、どうしても書きたかった豆知泉というかネタ
「藤本義一」という同姓同名の著名人が二人いる。一人の職業は「作家」もう一人は「サッカー」。

自分の作っている誕生日データで「藤本義一」を検索した時に、そんな結果が出て、真夜中に不可解な一人笑いをしてしまったのであった。
古今東西の著名人の誕生日を、誕生日・名前・グループ名・出身地などなどから検索出来るデータベース「知誕:ちたん」でやんす。(現在6万人超え)
最近は、知誕Wikiがメインのようになっていますが、こっちが本家で入口になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

チゲ味とは何ンぞや

スーパーへ買い物へ行った処、そこでこの写真の物を見つけてしまった。


Dscn2917モツ煮なんだけど、その味が「チゲ味」となっている。こりゃいったいどんな味なんだろうか?と興味を引かれ、購入してみた。
鉄味なのか、ホーロー味なのか、それとも土鍋味なのかと思ったのだが、なぜかキムチのような味がしたのだ。

というネタは、いわゆる数年前からよく目にするキムチ味の鍋料理を「チゲ鍋」という処からきたネタで、実際の事を言うと「チゲ」とは「キムチ味」の意味ではなく、韓国語で「鍋」の意味でチゲ鍋だと「鍋鍋」になってしまうのだ。(これはもう有名な話ですが)
ということで、以前メルマガに掲載した雑学の再掲載。

日清から出ている「鍋味ヌードル」
Dscn3003有名な重複言葉として、韓国料理のチゲ鍋。実はこの名前は日本が勝手に考えたもの。チゲと言うのは「鍋」と言う意味なので、チゲ鍋では「鍋鍋」

1960年代から何度も来日して有名になったソ連(現.ロシア)のボリショイ大サーカス団。「ボリショイ」とは地名だとか、組織名だと思われがちだが、「ボリショイ」とはロシア語で「大」と言う意味。つまりボリショイ大サーカスでは「大大サーカス」

クーポンと言う言葉は「券」と言う意味なので「クーポン券」では「券券」

襟裳(えりも)はアイヌ語のエンルムからきていて意味は「岬」の事、つまり襟裳岬は「岬岬」

フラダンスの「フラ」とはダンスを意味する言葉なので、フラダンスは「ダンスダンス」

スキーという言葉は元々ノルウェー語で薄い「板」を差す言葉なので「スキー板」では「板板」

アラーの神と言う言葉、「アラー」とは「唯一神」の事なので「神神」

イスラム・シーア派の「シーア」は派閥という意味で「シーア派」は「派派」

トリコロールカラーと言う言い方「コロール」がカラーの事なので「3色色」

サハラとは「砂漠」の意味なので「サハラ砂漠」では「砂漠砂漠」。

ガンジス川のガンジスとはサンスクリット語の川という意味の英語読み、つまりガンジス川は「川川」

ナイル川のナイルも川。インダス川のインダスも、タイのメナム川のメナムも、チベットからインドシナ半島のメコン川のメコンも、中国〜シベリアのアムール川のアムールも、すべて川という意味で「川川」


てなワケで、再掲載で手抜きをしてしまう今日この頃。
これ以外に、意味が重複する言葉があったらコメント欄で教えてね!(とやけにフレンドリーを装うのでやんす)

| | コメント (5)

2006年5月20日 (土)

少子化はこれでOK!:トリンプ『 少子化対策ブラ 』

ま、去年から日本の人口が予想を上待った早さで減少しはじめたって事でニュースになっていました。
結局この少子化ってのは最終的には「死亡率が下がって長寿化した老人を少ない若い世代が支えていく」という問題が大きくなっているワケで、この図式ってのは悪循環の上に成り立っているというのは、本来子供を作る世代が子供を作らなくなった(作っても一人っ子)というのの背景には、教育問題や将来への不安があるのだとは思う。


アホな政治家が「レイプをする程精力の余っている若者の方が健全だ」とか脳天気に発言した事あるけれど、精力しか誇る事が出来ないアホはほっといて、政治家はその裏にある部分を深く考えなさい。自分たちの老後の心配だけじゃなく。

で、女性向け下着メーカー「トリンプ」がこのたび発表した『 少子化対策ブラ 』はすばらしいですな。
その記事と現物写真のあるトリンプのページ
右パットにはニコニコ顔のおばあちゃんを四人が支えている絵が掛かれ、左パットには困惑顔のおばあちゃんを困惑顔の二人が支えている絵が描かれている。
これさえ付ければ「そうか!子供を沢山作らなくちゃ将来大変な事になるぞ!」とやる気がみなぎって...。

アドレス先にあるトリンプのページに載せられている写真は見事に「こんな下着付けていたら、やる気も萎えてしまう」という素晴らしさで、ここまでくると実際には使用できない役者絵の羽子板レベルですな。
あと、タイガース優勝祈願で「虎キチブラジャー」とかを発表したときと同レベルのセンス。

モデルの仁科仁美松方弘樹仁科明子の娘)もなんか引きつった笑いを浮かべてポーズとっております。(普段からそんな表情だったかも知れない)

しかも写真では見えていないパンツのバックプリントには「STOP 少子化」の文字と進入禁止マークが。進入禁止はある意味、逆イメージではとは思うんだけど、それ以上にトリンプってここまでセンスのない会社だったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

全裸でスポーツ

企画AVの中には「全裸運動会」とか、エッチシーンは全然無く、ひたすら大人数の女性が全裸でスポーツとかをする物があるらしい。
写真では見たことあるんですが、ホンモノは見たこと無いので、実際どんな感じなのかは想像尽きかねるワケですが、元々オリンピックの元祖「古代オリンピック」では選手は全裸がユニフォームで行われていたというので、ある意味正しい姿なのかも知れない。
といっても、企画AVに出てくるお姉ちゃん達は別に本当にアスリートでもないので、日頃の不摂生とか意味無いダイエットとかで肉体美的にはあまり見るべき部分はないのかも知れない。


Swissdidsad_fencingということで、現在スイスのテレビでは全裸でスポーツするアスリート達が連日放送されていて物議を醸し出しているという。
といっても、スイスはエロ系に寛大でその手の番組がって事ではなく、これはテレビCMで製作しているのはスイス保健省で、内容は「エイズ撲滅運動」の一環。

ポスターはフェンシングをしている女性、アイスホッケーをしている男性が映し出されている。
その選手たちの画像には『LOVE LIFE STOP AIDS』とキャッチコピーがされていて、この広告の趣旨が「no action without protection(プロテクションを付けないでアクションしないで)」というもの。
つまり、コンドーム推進運動の一環なのですな。

このキャンペーンはかなりの注目を集めて、広告中止などの抗議活動なども巻き起こっている。でも、それって企画した保健省の狙い通りなんだとおもう。
キャンペーンの趣旨は「我々はフェンシングやホッケーをするときと同様に、セックスをするときは全裸でしないで欲しいと訴えたかっただけなんです。コンドームをつけてください」ということ。
そのTVCM動画が掲載されているスイス保健省サイト

Swissdidsad_icehockeyかつて日本でもエイズ撲滅運動が声高かに叫ばれたことがあった。たしか1993年頃で、その時は、いわゆるアーティスト系(もどき含む)の人々がCMに出て「コンドームを付けましょう」的な事を言っていた。
もちろん、本来はコンドームを付けたからって若年層のセックス奨励運動みたいな感じにも捕らえる事が出来る感もあり、色々微妙な感じのキャンペーンで、個人的にはなんか趣旨は解るけど方向性間違っていないか?と思ったワケですが。

その関連から先走った教師が、中学の卒業式の日に卒業生全員にコンドームを配布して大問題になった事もありました。

日本ではなんか現在は「エイズは過去の話」みたいな感じになっているワケですが、スイスみたいな大胆な方向性(下世話な興味を引いても関心を持たせる一因になる)のキャンペーンをするのも難しい現状で、どうしたらいいんすかね?
あと「エイズ=無配慮の性行為」という印象を作ってしまうと、薬害エイズ問題に関して偏見が出来てしまうとか。
ブログ程度で軽く扱う問題ではないとは知りつつ、ちょいと書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

BOOK OFFの社長

「赤とんぼの唄」1973.3
01_1以前トリビアの泉で放送された「清水國明がBOOK OFFのCMに出演しているのは、実の姉が常務で、仕事がないなら出してあげるというお情けだった」という、元あのねのねフリークとしては、激しくトホホな物があったわけですが、その常務の姉、橋本真由美さんが、このたび社長に就任だそうで。


1990年に神奈川に出来た1号店のパート募集に「子供の学費の足しに」としてパート入社。翌年に正社員になって、2号店が出来た時に店長に選ばれ、さらに1994年に取締役に昇進している。
パート入社で4年後に取締役って段階で凄い出世なんすけど、ついに社長っす。

「でんでん虫の唄」1974.6
02_1BOOK OFFを自分が住んでいる静岡県東部で初めて見たのは、たぶん1993〜4年頃だと思うけれど、そこからガシガシ色々な処に店舗を増やして、いまやニューヨーク店まであるとんでもないデカイ企業になっている。

このBOOK OFFってのが、古本の意味を凄く変えてしまったというのも事実で、それ以前は本好きとしては古本屋は当たり前の場所だったんですが、一般的にはどうも違っていたらしく、会社で「昨日、三島の古本屋から出てきた処偶然見かけたけど、何してたんだ?あんな場所で」みたいな質問をされたこともある。(東京では古本屋は当たり前なんですけど)
もっともBOOK OFFはそれまでの「古書=希少本=値段が高い」という部分はバッサリと捨て捨てて「古本=安くリサイクル」という部分だけに絞り込んだのが成功の秘訣だったと思う。

「さよならの唄」1973.6
03_1それと、古本屋とは思えないほどの明るい店内と、綺麗な本。それ以前の古本屋にはそれが無かった。そして女性でも入りやすい店内ってのが大きいと思う。それ以前、古本屋で女性の姿を見かけるって事はかなり珍しかった。
古本屋ってのは、暗くてゴチャゴチャした店内、仕事する気があるのか解らない店主、というのが暗黙の了解だったのになぁ。

古書マニアの間で値段が出る本だとしても、買い取り価格や販売価格はBOOK OFFルールで定められている。それ故に、BOOK OFF開店時に並んでいる客の中には、いち早く希少価値のある本を買いあさろうと考えている人もいるらしく、オープンと同時にダッシュで店内に入りガシガシと棚を漁っていくらしい。
その手の連中は古書マニアではなく、ここで安く購入してオークションや他の古書店に転売するのが目的の浅ましい古本トレジャーハンター。

「つくばねの唄」1975.4(放送禁止曲)
04一般に少し古いってだけの本を安く購入出来るので便利なシステムですが、やっぱり新刊書店はかなり打撃を受けているらしい。新刊で購入して1回読んですぐ売りに来る人も多いそうで、新刊でも当たり前のように並んでいる。
以前も、とある漫画本をまとめて買おうと思って数件本屋を廻ったんだけど、全巻揃わなかった。で、最後にBOOK OFFに立ち寄った処、最新刊を含めて全巻が揃っていた。漫画なんかに関しては品揃えは一般書店より豊富って感じ。

「The SAMURAI Lonely Boy」1976.2(つくばねの唄.英語Ver.)
05なにはともあれ「パートから社長に」ってのは凄いことなんだけど、これってBOOK OFFにとってもでかいニュースだと思うのだ。
なんせ、社長を交代したってだけで普通ニュースにはならない。それが大企業だったら別だけど、大手と言っても古本流通業の。それが宣伝費も掛けずに各ニュース番組、モーニングショー、ワイドショーで「BOOK OFFの社長が!」と大々的に報道してくれる。しかもパート主婦からという事で話題性も大きいし、女性関連の団体への受けもムチャクチャいいと思う。
BOOK OFFのポイントアップは凄い事になっているんじゃないかと思うのだ。(ちなみに吉野家も現在の阿部修仁社長はアルバイト店員からの出世)
今回のニュースに関しては、あのねのね清水國明の姉というポイントはほとんど無いと思うが。

あのねのねの豆知泉

もともとあのねのねは五人組としてスタートしている。京都産業大学の学生で、修学旅行生相手の旅館のバイトとして宿泊生徒の前で色々な芸を見せている内に「コンテストに出よう」と意気投合してグループとして出発している。

ギターと歌が歌えたのが清水邦明と原田伸郎のみで、残りの3人は後ろで踊るだけの役回り。

コンテストで歌ったのはオリジナル曲ではなく「ひょっこりひょうたん島」のカバー。特別賞を受賞したが音楽的な部分での評価ではなく、バックの変な踊りが評価されての事だった。そのダンサーの一人が駿河学、後の笑福亭鶴瓶。唯一の女性メンバーは後の鶴瓶の奥さん。もう一人は不明。

そのけったいなグループの噂からレコード会社が動いたのだが、鶴瓶はその時点ですでに落語家になる決意をしており辞退したが、レコード会社にとってさほど興味を引いていなかったボーカルの二人だけが乗り気になっており、引くに引けなくなったレコード会社はとりあえず契約をした。

「ひょっこりひょうたん島」のカバーというと、それ以前は同じ関西出身の「フォーククルセダーズ(加藤和彦北山修端田宣彦)」が有名だったが、あのねのねの活動はそのフォークルを手本としたとされている。
デビュー時に「期間限定活動」と宣言し(フォークルはその通りに解散、あのねのねは後に撤回)、まだ学生だったので「卒業まで学業優先の活動停止(北山修のほうはその後精神科医になる)」、あえてプロ意識を持たずに受けた曲の次はまったく違う曲をリリース、別名義で曲をリリースする(フォークルは「ズートルビー」、あのねのねは「そのねのね」)などなど。

河島英五は「あのねのね」のバックバンドをつとめた「ホモサピエンス」出身。

70年代のあのねのね全盛期、デビューしたばかりのユーミン(荒井由実)が前座を務めたことがある。

小室哲哉はデビュー前にあのねのねのバックバンドに参加していた。

バブルガムブラザースのブラザーコンはあのねのねの弟子出身

とんねるず石橋貴明も高校生時代にあのねのねの弟子オーディションに参加した過去がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

清水の舞台から飛び降り

昔からある慣用句で「清水の舞台から飛び降りたつもりで」という言葉があるけれど、5月15日午後6時52分に30〜40歳と見られる男性が、その清水の舞台から飛び降りる事件が発生した。
男性は本堂舞台から約10メートル下の斜面に倒れており死亡していた。


と言うことを、朝出がけのテレ朝のワイドショーでちらっと聞いたのですが、その時コメンテーターの一人が「まさかあの言葉を本気にして実行する人が出てくるとは...、少し考えれば解りそうな物を。前代未聞ですね」などと語っていた。
って、前代未聞ではなく、少なくとも1995年2月にも同様の事件が起こって、そっちも死亡してますがな。

という以前に、この「清水の舞台から飛び降りたつもりになって」という言葉は、実際に江戸時代に「清水信仰」みたいな物で願掛けの一種として何度も行われている。
清水寺塔頭の成就院記録「成就院日記」には、江戸前期・1694(元禄7)年から幕末1864(元治元)年までの清水の舞台から飛び降りた記録が残されている。実際には途中22年間分が紛失していて148年分の記録で、その間に未遂事件を含めて235件が発生したとされている。
つまり、年平均1.6件もの飛び降りが行われていたということになる。

この清水の舞台からの飛び降りは、江戸時代に庶民の間で観音信仰が広まったと同時に発生しており、清水観音に命を託し「飛び降りて助かれば願い事がかない、死んでも成仏できる」ということから身を挺しての吉兆占いみたいな状態が始まったとされている。

男女比は7:3、最年少12歳、最高齢80歳代。10〜20歳代が全体の73%となっている。
そして、飛び降りの生存率は85.4%とけっこう高い。といっても73%をしめる10〜20歳代の生存率が90%となっていて、60歳以上の飛び降りは全員死亡している。
この飛び降りは社会問題にもなっていて、周辺住民の要請で舞台にさくを設けたりもしていたそうですが、最終的に明治時代になり政府が1872(明治5)年に「飛び降り禁止令」を出して、その信仰も下火になったという。
って、それまで禁止とかされていなかったというのも凄い話で。

この飛び降りの死亡率の低さは、途中の木などに引っかかったりする物も含まれるんですが、舞台から地面までの距離は12〜13メートルで、実際の事を言えば自殺するのには高さが足りない。確実に自殺で死ぬためには20メートルが必要とされている。
清水の舞台から飛び降りて死なない為には、しっかりダッシュをして飛び降りる事。真下に落ちると岩で出てきた傾斜があるためにそこで頭を打ったり、バウンドして着地が予測出来なくなるため。
今回の男性も、欄干の外に立ってそこから飛び降りたとされていて、坂の部分に倒れているのが発見されている。

現在、清水の舞台は世界遺産に指定されているために、昔のように柵を設けたり、欄干を高くしたりする事は難しいとされている。
だから、400年後予定の立て直しまで待つのだ。

清水の舞台の豆知泉

京都・清水寺は132本のケヤキを釘も使わずに組み合わせて作られている。ケヤキの耐久年数は約800年と言われていて、現在370年が経過した。実は400年後の立て直しの為、ヒノキの育成がすでに始まっている。

釘を使わない清水寺の建築方法は「地獄どめ」と呼ばれる。

江戸時代の記録で235件の飛び降りが記録されているが、実際に飛び降りたのは234人。一人足りないのは洛中にすんでいた娘が2度飛び下りているため。

清水の舞台はいわゆる芸能ごとをするための能舞台などとは違う。あそこは参拝者たちが眠る場所。そこで寝て、夢の中で観音菩薩のお告げを聞くための場所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

5月16日の出来事(知泉)

旅の日
性交禁忌の日
5月16日の歴史的出来事
5月16日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DEATH NOTE 完

週刊少年ジャンプで連載していた「DEATH NOTE」が昨日発売号で終わった。


0000death01物語は死神が落とした名前を書かれた人間が死ぬデスノートを廻る物語。
とプロットだけだと、なんか陳腐な話になりかねない物で、実際自分も単行本の1巻が発売される直前までそんな印象を持っていた。

小畑健氏の前作がアニメにもなり、小学生の間で囲碁ブームを引き起こした『ヒカルの碁』で、自分は最初は大昔に囲碁をやっていたと言う事から「こんなの漫画になるの?」と思いつつ、展開の旨さと絵の緻密さに惹かれて全巻読み続けた。
もっともラストは色々な噂が流れるようないきなりの終わり方だったので、かなり続きが読みたいという欲求不満を残してのラストとなった。
そしてその余韻を残したまま小畑健氏の新連載が「DEATH NOTE」だった。

0000death02囲碁漫画とガラッと趣を変えたダークな話だったわけですが、その話のスピード・密度、意表を突く展開、そして物語的に少年ジャンプとは思えないドライな部分は「こりゃ凄いね」的な感じだった。
いわゆる少年ジャンプは「努力・友情・勝利」という3つの合い言葉を中心に物語が展開されると言われている。もっとも現在はパラパラと雑誌を見ると、それで大成功を収めてしまった『ドラゴンボール』の亜流ばっかりって感じで、どのページでもパワーのインフレ状態のバトルが展開されている。そして主人公には仲間が沢山いるというのも同じで(他の作品は読んでいないのですが)、なんかどれも同じ印象。

0000death03その中で「DEATH NOTE」の主人公は誰も信じちゃいないし、自分が行っている事が正義だと思っている(いわゆる本当の意味の確信犯)最悪な人間。ジャンプ的には、かなりギリギリまで踏み込んだ主人公だと思う。
(以下ネタばれ的内容あり)

それ故に、ラストはどう考えても主人公が勝ちを収めて...という事はあり得ないとは思っていた。最初から延々とスタイリッシュにきめている主人公は、ラストのラストにはあまりにも無様な姿をさらして物語は終わった。
エンディングはある意味予想通りだったが、問題は「DEATH NOTE」によって作られた世の中の秩序・価値観がその後の世界にどのような影響を与えるかという部分では、「ま、手堅くまとめたかなぁ」という感じではあります。

0000death04「DEATH NOTE」によって程度の軽い悪人も処罰される事により、特殊な形で平和の均衡が作られた世の中が数年続いているという設定だったので、「DEATH NOTE」による悪の制裁が止まった事により逆方向への反動が起こり、無秩序へと...という事も考えたんですが、さすがに少年ジャンプの良心はそれは認めなかったのかも知れない。

で、現在「DEATH NOTE」の映画が6月と11月に「前後編」連続して上映される事になっている。宣伝文句としては「連続公開は映画界初!」みたいな事言っているけど、「バックトゥザフューチャー」の2・3作も、マトリックスも、日本でも色々あったような気がする。あと、もっと古く、TV以前の映画はプログラムピクチャーといって、続き物が当たり前だったし。
同時に現在、小説化も進んでいるらしいし、さらにTVアニメ化の話もあるという。(ついでにゲーム化も)
おぉ一気にせめてきますな。

0000death05でも、偉いなあと思うのが、この手の映画化・アニメ化っていうのは通常、漫画連載と同時に行われて、アニメで人気を得てさらに連載や単行本が盛り上がるという図式になっているのに、「DEATH NOTE」に関しては「終わる」という地点が見えた段階で映画の話がスタートしていると言うこと。
物語途中なのに映画化をする場合、最終的な終わらせ方が漫画家の意向とはまったく違う方向へ行ってしまう場合もあるし、TVアニメ化の場合はあっという間に原作を消化して、アニメ独自の話が入り込んだりして物語のテンションが別方向へ向かってしまう事が往々にしてある。

0000death06アニメ映画化ということでは、かつて大友克洋が自分で「AKIRA」をアニメ化した時、雑誌での連載はまだまだ佳境の少し前という状態だった。
自分はその時、漫画を愛読していたんだけれど、漫画連載は次第にとぎれがちになり、物語のテンションは下がり、アニメ公開の2・3年後に完結した漫画は、なんかエンディングそれなの?的な感じではあった。ついでに言うとアニメ版も物語は中途半端だし。(その後、大友はアニメに味をしめて漫画をほとんど書かなくなってしまったし)

そう言う意味で「DEATH NOTE」原作の完結と同時の別メディア展開は、かなり画期的だと思う。メインになる漫画版が変な流行に流されることもなく、意図的な部分で完結出来ているので。
しかし、少年ジャンプ編集部とは大もめしたんじゃないかと考えてしまう。

0000death07かつて鳥山明の「ドラゴンボール」は終わりにしたくてしたくてたまらないのに、編集部の意向でダラダラ続けざるを得なくなってあんな大長編になってしまったという。
物語のテンションは鳥山明の職人芸でそれなりにキープしていたけれど、明らかに最初の設定をぶちこわして、パワーのインフレを起こしてワケのわからない話になってしまった。

かなり熱狂的なファンが多かったと聞く「DEATH NOTE」がたった12巻(現在11巻発売)で完結してしまうというのは、作者の意思の強さなんだろうなぁ。
昨今の少年漫画界では20巻、30巻は当たり前になっているので、この長さは凄い事なんだと思う。
単行本として読み返した時に、どんな印象になるのかが楽しみでもある。

しかし、これでこの1・2年、時々コンビニでパラパラ立ち読みしていた漫画が「20世紀少年」と共に連続して終わってしまった。(単行本では購入しているけど)
なんか、寂しいなり。

| | コメント (1)

2006年5月15日 (月)

5月15日の出来事(知泉)

沖縄本土復帰記念日/沖縄復帰記念日
国際家族デー(International Day of Families)
ストッキングの日
ヨーグルトの日
☆ひよ子の日  [毎月14・15日]
お菓子の日  [毎月15日]
中華の日   [毎月15日]
いちごの日  [毎月15日]
5・15事件
5月15日の歴史的出来事
5月15日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番組ドタキャンすると地獄へ落ちるわよ!

細木数子が自分がメインのフジテレビの番組「幸せって何だっけ・カズカズの宝話」を収録直前でキャンセルして穴をあけたらしい。


そのセンスない番組タイトルはどうにかならなかったのかというのはさておいて、その番組をドタキャンした理由は正式にコメントされていないけれど、同じフジテレビで先週放送された月9ドラマ「トップキャスター」の内容が大きく関係しているらしい。
天海祐希が主演のドラマで、5月8日放送分の犯人は占い師(黒田福美)。その占い師の決めぜりふがそのまんま「地獄へ落ちる!」だったらしい。そりゃ、誰が見てもモデルは細木だよなぁ。

そもそも占い師は「相手の生き死にに関した事を発言してはいけない」という物が不文律としてあるらしく、占い師間では「細木の発言は占い師のレベルを下げる」と批判的でもあるらしい。

そしてドラマの中で被害者が騙されて家を奪われるなどで訴えを起こすことから物語は事件に発展していく。最終的には女性としか見えないニューハーフに結婚について占わせ「あなたは結婚をして子供を産む」と絶対ありえない占いをさせて、そのデタラメさを暴露するという展開だったらしい。

このドラマ放送後、内容を知った細木は激怒して、同じ局で放送中の自分の冠番組出演をキャンセルしたらしい。
なんつーか、キンタマの小せぇヤツだな(って)。
現時点ではフジテレビの広報部からは「そういった事実の確認はできていない」とコメントされているけれど、ドラマ制作スタッフが詫びを入れたことは事実だそうです。

しかし、そこまでテンション上げて怒りまくるってのは、自分の中にその物語に共通する何かがあるからなんじゃないでしょうかね? 墓石販売で裁判起こされてるとか。

なんか時々テレビのチャンネルを変える瞬間に見かけるけれど、最近は占いではなく人生訓みたいな物を説いていたり、教育論を唱えていたり、占いじゃない部分で威張り散らし、廻りに煽てられてニコニコしたり(周囲に若い男が来るとマジにホストクラブみたいな風情)、なんだか下品なオバサンにしか見えない。服のセンスも最悪だし。

なんで占い師がそんなに偉いんだろうね? 100%当たっているのなら、その眼力に平伏しちゃうけど、逮捕1カ月前の堀江すら占えなかったのに。

今まで、泉谷しげるが「適当なこと言ってるとタダじゃすまさねえぞ」と毒づいた時と、レイザーラモンHGが腰を振りながら「さぁここをじっくりと占ってくださいよぉ」と迫った時に、いきなり席を立って占い拒否をした事がある。そんなに凄い占い師なら、番組が始まる前にそんな自体もお見通しだったんじゃないの?

でもそんなドラマ程度で番組出演キャンセルって、あまりにも思考回路の単純さがダメっすね。
なんか、今年最初の堀江の占いに始まって、細木バッシング本の出版(これは売れてもTVは取り上げないだろうなぁ)や、弟の逮捕(保釈されたみたいです)や、今回の出来事などなど、なんか徐々に味噌が付いてきた感じがあります。

やはり、細木さんの言うところの「大殺界」だからなんでしょうかね。って、細木の大殺界はもう3月で過ぎたの? じゃ、また外れたって事?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

5月14日の出来事(知泉)

種痘記念日
温度計の日
5月14日の歴史的出来事
5月14日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盗撮の警察官

交通事故で救急車に乗せられた小学生を心配して同乗した母親のスカートの中をデジカメで盗撮したという警察官が問題になっている。


入浴中(昭和おもひで家族:2004年4月頃)
0000011この場合、あくまでも救急車の中での盗撮なので「迷惑防止条例違反」という事で逮捕という事ではないらしいが(逮捕できるのは無理にスカートめくったり、他人の敷地に入り込んでの場合)、なんつーか、緊急事態の中、なにをしてんだ?って感じ。

エロエロを考えている人の場合、常に判断基準のトップがエロで「ここぞ!」という瞬間に出くわした場合、理性の抑制が効かなくなってしまうのかもしまうけれど、どう考えていいのか解らない犯人なのだ。
しかも、後々の調べではもう1年以上に渡ってデジカメでの盗撮を繰り返していたらしい。
その証拠となる写真が自宅のパソコンや、仕事で使っているパソコンから出てきたという。
とりあえず懲戒免職とか自主退職って事で、事情聴取はあるだろうけど逮捕には至らないと思う。(家宅侵入とかの証拠が出てきたら話は別だけど)

盗撮風
0000013この手の必死にカメラとかでスカートの中を撮影するって心境がイマイチ分からない。そりゃ、街角で偶然にミニスカートが風でぺろりんとめくれた時は「神様、今日まで真面目に生きていた私にご褒美を下さったのですね」と感謝するけれど、ワザワザってのは。

ネット内には写真を貼り付ける事が出来る掲示板ってのが多数存在していて、その中には明らかに違法な物も存在している。
いわゆる「盗撮掲示板」という物があって、中にはスカートの逆さ撮りを掲載する物や、民家の覗きを掲載する物や、露天風呂を盗撮する物などとにかく色々ある(このキーワードで訪れた紳士のみなさんこんにちわ)。とりあえず自分も紳士の一人として興味が無いワケでは無いのだが...。

こっちも入浴中
0000015自分的には理解不能の、トイレの盗撮とか、ブラが少しだけ透けて見える背中の盗撮だとか、なんか理解の範疇を超えてしまって、ぐったりする物も色々あるのだ。
中には、パーキングエリアでトイレ行列をする女性を盗撮した物とか、ベランダに干してある女性物下着の盗撮とか、ぐったりどころの話では無い物も多数あるのだ。
自分の「リビドーの青さ」を痛感して、もう二度と来ねえよウワーンと掲示板を閉じたりするのであった。

以前、田代まさしが駅での逆さ撮りで捕まり、復帰後再び風呂を覗いて捕まった時(しかも風呂に入っていたのは男性)色々考えたんだけど、それによって得られるエロ的な画像は別段問題ではないんじゃないかと思うのだ。ま、凄い写真が撮れれば収穫だとは思うんだろうけど。
結局、自分が破滅する可能性のあるスリルにドーパミンが出てしまうんじゃないかって事なのだ。結果より過程。
田代まさしの2度目のなんて、冷静に考えたらそんな危険を冒してまでとか思うけれど、麻薬と同じに、さらなる刺激に突入していっちゃうんだろうなぁ。

警察官として普通に勤めていれば、それなりの人生が待っていたんだろうけれど、「警察官の私が盗撮を、しかも勤務中に制服で」という刺激に勝てなかったんだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

5月13日の出来事(知泉)

愛犬の日
カクテルの日
☆メイストームデー(5月の嵐の日)
5月13日の歴史的出来事
5月13日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元サザン大森隆志・大麻取締法違反

少し前にドリカム西川の時も書いたけれど、なんつーか辛いっすねぇ。


2972001年にサザンオールスターズを脱退した後は、元ゴダイゴの浅野孝巳とユニット活動をしていたらしいけれど、その活動は全然知らなかった。だから自分的には「脱退後は何をしているのやら」状態だったワケですが、久々に名前を聞いたら「覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の現行犯で逮捕」ですか。

なんか、今時「ロック=覚醒剤」ってのも古すぎる関係性で、なんか笑ってしまうほど陳腐ではありますが、ドリカム(ロックではないが)、ラッツ&スター(これもロックじゃないや)と続いてサザンですか。そう言えばゴダイゴのミッキーも大麻・覚醒剤で逮捕されたことあるよね。その時「覚醒剤やれば痩せるって話、嘘じゃん」って思ったワケですが。(ミッキー吉野はカップス時代の70年に大麻で、92年に覚醒剤で)

Sasサザンはデビュー当時から「大学の軽音バンド」がそのまんまプロになっちゃったというノリを残しつつ、桑田佳祐という稀代のソングライターの才能に引っ張られて続けられている。
だから、楽しそうな印象とは裏腹に、桑田の才能主導で桑田の方向性によって全てが決まっているのが実状なんだろうなあ、メンバーも割り切っていなくちゃ辛いよなぁと思っていた。
そんな事から、他のメンバーがあくまでもメンバーとして桑田を盛り立てるポジションにいたのに対し、大森はアルバムに自分で作曲したものを収録していたりする。個人的な感想では、サザンの曲としてはなんかレベルの違いを感じてしまったりもしていた。

その後、原由子がソロ活動をし始めたのと前後して、大森隆志もソロとしてアルバム「真夜中のギターボーイ」をリリースしたり、「TABO's Project」という女性ボーカルユニットを結成したりとソロ活動を始めたんですが、どれも話題にはのぼらず立ち消えていった感じだった。

B00005gxlz01_sclzzzzzzz_原由子のほうは、ほとんどが桑田作曲だったけれど、ボーカリストとしての味もありベストテンに入るヒット曲も産みだし、さらに自作曲した物もヒットするようになっていった。
悲しいけれど、桑田佳祐と比べるまでもなく、そっち方面にあまり才能は無かったんじゃないかと思わざるを得ない。もちろん、アーティストとしてのプライドの中で色々な葛藤はあったんだろうけど。

サザン脱退時も「何故?」という話の中に「宗教絡み」という物を風の噂で聞いた事がある。ブルーハーツも、X-Japanも解散の最終的な理由はそこだったけれど、何かにすがらなくてはいけない心情に追いやられたのかと、複雑な気分になってしまう。
そして、今回の覚醒剤。

Img1050583060新曲をリリースすれば、当たり前のようにチャートインして、当たり前のように何万人の前でライブしてという生活の中で「でもこれって俺の才能じゃない」と思ってしまったのか、「俺だって」と思ってしまったのか、自ら作曲する事が出来るばっかりに、独立出来ると考えてしまったのかは解らない。
脱退後の、サザン時代とのあまりの落差、想像するにその焦燥感の中でアホな事に手を染めてしまったという部分に、ある種の切なさを感じてしまうのだ。

桑田佳祐がその逮捕後にラジオで「今日は今までの人生の中で最悪の日だ」と怒りをぶちまけていたらしい。
音楽を志す人はいつの時代にも何百万といて、その極々一握りがデビューし、その中のさらに一握りがヒット曲を出し、さらにほんの一握りが時代を超えてスターであり続ける事が出来る世界。
ドリカム西川の時も同じ事を思ったけれど、大森隆志はサザンに在籍したと言うことで、その殆どの人が見ることが出来ない世界を見てしまった事が不幸だったのかも知れない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

5月12日の出来事(知泉)

ナイチンゲールデー/看護の日
海上保安庁の日
民生委員・児童委員の日
アセロラの日
ざりがにの日
パンの日 [毎月12日]
豆腐の日 [毎月12日]
5月12日の歴史的出来事
5月12日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日毎日僕らは鉄観音、餓えと乾きでお茶を飲んじゃうよ

いやはや、本職が忙しくてメルマガもブログも滞ってしまいました。
色々とやりたい事は山積みなんですが、そればっかりに精神的な物や時間を費やしているワケにはいかないのであります。


毎日ブログ更新している人は暇でいいな、ケッ!と、以前、意味不明にメールで絡まれた事を思い出したりもするワケですが、それぞれが色々な事情を抱えた上でブログを続けていると思う。
周囲にも「ブログ始めたいけれど、たぶん続けられないからなあ」とか「そう毎日書く事ないよ」てな事を言っている人がいますが、そりゃ一般素人の日常の中で特筆すべき事なんてそう毎日ある物でもないし、毎日書く時間を捻出するってのも大変な事だと思います。

自分だって、実際の日常の中にある話題なんてほとんど書いていないワケで、日々ひたすら繰り返すだけのルーティンワークの中で書きたいネタなんてそうはない。
しかも自分の場合、本を出した事でフルネーム知られてしまっているので、極々日常的な事、たとえば会社で起こった「てめえふざけんじゃねえ!」というネタなんかも、色々波風たてそうなので書けない。(大昔はちょいと書いた事ありましたが)
もっとも本気で怒りモードに入ってしまったばあい、読者にとって面白いネタでは無くなってしまうので、それはやりませんが。

少し前にも書いたけれど、アクセスを気にしてブログをやっているのなんて意味無い事なので、後で自分が読んで「ほほう」と思うようなネタを記録していこうと考えている。
こうやって書いていても、結構自分で忘れてしまうネタがあって、数年後に読み返した時に「この文章書いているヤツ、馬鹿でぇ」と笑える事もある。
あるいは、自分がすっかり忘れている事なのに、友人に「そういえば、杉村って○○を○○した事あるじゃん」とか話を切り出され、「え?俺が知らない俺に関する情報を事細かに知っているお前はストーカーか?」などと思ってしまう事もある。

とりあえず、雑記から数えると10年もこんな雑文を書き散らしているので、それはそれで何かの意味が発生してきているのでは無いかと思ったりもする。
例えば、先週号の「TVガイド」誌はただの古雑誌だけど、それが10年前だったり、20年前だったりすると「歴史的価値」という物が発生してくるのだ。
そんなこんなで、適当な事を書いて1日分を消化したりする私がいるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

5月11日の出来事(知泉)

☆長良川の鵜飼い開きの日
めんの日 [毎月11日]
大津事件
5月11日の歴史的出来事
5月11日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久保田早紀「異邦人」

01久保田早紀/異邦人
作詞.作曲.久保田早紀/編曲.萩田光雄
CBSソニー:06SH 636/600円
1979年10月1日リリース


世間でよく言われる「一発屋」とされる久保田早紀ですが、こんな曲を残せただけでも凄い事だと思ってしまうわけで、さらに現在もちゃんと音楽活動をしているという事で、一発だとかそんなの関係ねーもんねと思う次第です。
と言っても、現在「久保田早紀」という歌手は存在せず、1985年に元スクェアで編曲家の久米大作と結婚した後は、本名の久米小百合を名乗ってクリスチャンとして宗教音楽を続けています。

2nd Single「25時」1980.4.21
02確か、1992年頃、東京大学の学祭で「久米小百合コンサート」が行われていていたので、いく予定だったんですが、ちょいスケジュールの関係で行けずに「うぬぬ」と思った過去あり。
ちなみに久米大作は声優・久米明の次男です。

3rd Single「九月の空」1980.9.1
03直接的ではない想い出としては、1980年「横町の若様」という愛称で静岡のラジオでパーソナリティを務めていた春風亭小朝(真打ち昇進直前)が高校の予餞会にやってきた時の事。
普段はラジオで軽妙なしゃべりを聞かせていたけれど、こういう場なので落語をやってくれると大期待をしていたのだが、なんか適当な小咄で適当に終わらせてしまったために「ざけんなよ」と思った記憶がある。
そこで小朝がしゃべっていたネタの中に「ちょっと振り向いてみただけの〜♪地方人」という物があって、何故かこの名曲を聞く度に「小朝のヤロー、地方のアホ高校だと思って手ぇ抜きやがって」と沸々と嫌な気分が再現されてしまうのだ。

4th Single「オレンジ・エアメール・スペシャル」1981.4.21
2と個人的な想い出はともかく、この曲はそのエキゾチックなアレンジを含め、日本のポップスの中では孤高とも言えるほどの輝きを持っている。
1979年10月01日に発売されたこの曲はサブタイトルに「シルクロードのテーマ」と書かれているので、NHKでやっていた『シルクロード』に使われたんじゃないかとか勘違いしちゃいそうですが、実際には三洋電機のカラーテレビのCMに使われた曲で、そのテレビの商品名が『シルクロード』。つまり「シルクロードのテーマ」は間違いでも誇大広告でもないわけでやんす。

5th Single「レンズアイ」1981.8.26
5ザ・ベストテンには12月13日、5位に初登場し、2週後の1979年度最終週12月27日に1位を獲得している。
年が明けて1980年、17日まで4週間1位をキープして、その後、3月6日までチャートに入り続けた。(累計150万枚のヒット)つまり、小朝が予餞会でくっだらないギャグを飛ばしていたのは、まさにヒット中の話なのだ。
その久保田早紀は残念な事に、その後はヒット曲と呼べるヒットに恵まれなかったけれど、アルバム曲などにも名曲が多々ある。

6th Single「ねがい」1982.5.21
06異邦人という曲は、萩田光雄のアレンジのために中近東=シルクロードの印象があるんですが、3rdアルバムに収録されたポルトガル録音版の「異邦人」はかなり趣が違っていて、異国情緒はありますがシルクロードという印象とはちょっと外れている。
当初この曲を作った時に久保田早紀が付けていたタイトルは「白い朝」という物で、ピアノ弾き語りで作ったと言うことからもっと大人しい印象の曲だったのではないかと思うワケであります。(4月30日の雑記で国立の豆知泉の中で、異邦人のイメージは元々国立市と書いた通り、ちょっと郊外の静かな街という印象かもしれません)

7th Single「愛の時代」1983.2.1
07で、久保田早紀の悲劇は美人だったって事かも知れないと考えたりもする。
あの時代、作詞作曲をしている女性アーティストは「曲はいいけどね」的な人が多かったんですが、久保田早紀はとにもかくにも大人っぽい美人でした。
当時はアイドル的な歌謡曲とアーティスト的なポップスとの境界線には越すに越せない川が流れておりまして、どんないい曲だろうと「あれって歌謡曲じゃん」的な了見の狭い聴き方をしている人が多数いました。(特に周囲に楽器いじっている人が多くいたので)
作詞作曲&ピアノ演奏をしているという意味では太田裕美なんてのも同じなんですが、美人=アイドル的・歌謡曲的なイメージで敬遠する人もいたという不思議な時代でした。

8th Single「お友達」1984.3.21
08ちなみに、歌謡曲でもロックでもないということで誕生した「ニューミュージック」という言葉は確か、70年代中期の東芝EMIが最初だったと思います。
同じ頃、CBSとEPICソニーは「ニューポップス」という言葉を使っていて、ソニーの販売促進用のレコード袋なんかにはバッチリ「NEW POPS 」なんて書いてあります。定着しなかったけど。
さらに、70年代前半に流行った「赤ちょうちん」「神田川」などの、極々狭い生活圏内の話題を歌っているフォークソングを揶揄して「四畳半フォーク」と命名したのは、八王子の荒井呉服店の娘ブルジョワジーユーミンでやんす(当時は荒井由実)。

LAST Single「ピアニッシモで...」1984.9.0
09久保田早紀本人があんまり前に出る人じゃないので、ベストテンなどに出てもキャラもイマイチ無かった印象でした。
彼女はデビューまでバンド活動などの過去はなく、大学時代に作り溜めた曲をレコード会社に送って、その結果デビューという流れだったので、もともと前に出たり目立ちたいという性格ではなかったのかもしれません。
そして時代は80年代に入り総躁状態とも言える軽佻浮薄な空気が漂い、松田聖子のデビュー、原宿竹の子族やらなめ猫ブーム、そしてアホを売り物にした女子大生ブームと、真面目におとなしい人は「根暗」と呼ばれるような時代に突入していったのです。

現在購入出来るBEST盤「GOLDEN☆BEST」
10jpgそれに逆行するかのように、久保田早紀は1981年10月、めじろ台キリスト教会でプロテスタントの洗礼を受け、宗教音楽に進んでいく事になる。
久保田早紀は自作もリリースしながら、さらに早見優多岐川裕美アグネスチャン北原佐和子沢口靖子などに曲を提供している。
そして1984年に結婚を前提に芸能活動を停止。翌年、元スクエアで編曲家の久米大作と結婚をして、その後東京バプテスト神学校へ通い、神学科を卒業したりしつつ、現在は久米小百合名義で活動を続けている。

全Single&引退LIVE映像3曲入りDVD「久保田早紀シングルズ」2005.6.29
99彼女はデビューであんなにヒットしてしまった事で、逆に大きな括りの中でもがいていたのかも知れないとふと思ったりもする。
芸能界を引退する直前にラジオで「近々、久保田早紀さんとさよならします」と宣言している。つまり「久保田早紀」というイメージは彼女の中ではもう客観的な存在だったんだなと思うのだ。(結婚前の本名は久保田小百合)

久米小百合名義のSingle「百万本のバラ」1988.5.25
102現在の久保田早紀さん(久米小百合さん)の活動ミッションフォートス

ちなみに、今日5月11日は久保田早紀の48歳の誕生日。ハッピーバースディでやんす。

| | コメント (7)

2006年5月10日 (水)

5月10日の出来事(知泉)

コットンの日
日本気象協会設立記念の日
たまり漬けの日
LPガス消費者保安デー[毎月10日]
植物油の日      [毎月10日]
☆今日から『バードウィーク』です(〜16日)
5月10日の歴史的出来事
5月10日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬱々パワー

鬱な気分を盛り上げるフィギュア「ヒジリタマオシコガネ」
Dscn2905なんでも嫌がらせのタメに必死に寿司とかピザの出前、デリヘルや不動産屋、葬式会社などなど、思いつくようなアリとあらゆる処に電話を掛けていた男が捕まった。
もちろん、その注文した品々は届けられた家にとっては注文してない品ということで、精神的被害はあったとしても、金銭的被害は無い。
そして、今回、犯人が逮捕された理由は「寿司屋が営業妨害された」という事で。


鬱な気分を盛り上げるフィギュア「ラングドッグサソリ」
Dscn2906この手の恨みを増幅させてしまう事件ってのは、続けている内に「恨みによる犯行」から「嫌がらせをするのが目的」ってだけに変わってしまうのかも知れない。
他にも、小学校の時にイジメられたということで、すぐ近所に住んでいた親戚の男がイトコとその父親を殺した事件も、イジメがキッカケだったかも知れないけれど、その部分に対する長期間の蓄積が肥大しすぎて、自分で毎日傷を広げていただけなんじゃないかと思ってしまう。
イジメに対しても「あんなイジメしかできないバカはほっといて」と別の方向に行ければ、いくらでも道はあるんだろうけど、毎日振り返っているためにその部分の人生における占有率が大きくなりすぎていくんだろうね。

鬱な気分を盛り上げる天才「ファーブルちゃん」
Dscn2904自分もそんなに過去の事を斬り捨てる事が出来ない粘着気質の素質は十二分に持ち合わせているけれど、恨みはそんなにパワーにはならないと思うので、なるべくカットして封印しちゃう事にしている。
世の中にはもっと面白い事は沢山あるのに、ダメだと解っている物や、何も生産しないと思われる物に時間を割いても無駄じゃん。

という事を言っても、当事者には届かないんだろうなぁ
ファーブルの豆知泉
「ファーブル昆虫記」は母国フランスでは最初の出版から1989年まで70年以上再版されなかった。フランス人は犬より小さいものは興味がないと言われている。

ファーブルは「って食べたらどんな味がするのかな」と思って、家族でセミの幼虫を掘り出しフライにして食べた。ちょっとエビみたいで結構いけたと「昆虫記」に書いてある。

日本で最初に『ファーブル昆虫記』を翻訳したのは無政府主義者の大杉栄。
しかし1巻しか翻訳していない。その理由は、1巻を翻訳してしばらく後、1923年9月に甘粕事件で殺されてしまったため。
その後の翻訳者には仏文学でUFO研究者の平野威馬雄がいる。平野威馬雄の娘は料理研究家でシャンソン歌手の平野レミ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

5月9日の出来事(知泉)

アイスクリームの日
黒板の日
メイクの日
果物の日 [毎月9日]
クジラの日[毎月9日]
5月9日の歴史的出来事
5月9日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事件の当事者情報

リンカーン・コンチネンタル 1975
Dscn2897元劇団所属(劇団というか市民演劇サークル?)の娘と、その母親違いの兄弟が同じ部屋で死んでいて、さらに幼児と見られるミイラ化した遺体、赤ちゃんの死体も二つ発見され、その母親が逮捕された事件。(この事件を短く言う言い方は無いんですか?)


なんだかエピソードが山盛りでよく分かりませんなぁ。日々話が別方向へ転がっていくので、サラッと文章を書いて翌日更新しようかなと思っていると、すでに話が古くなってしまっている状態。
20年前に子供が行方不明になって、その時ワイドショーで涙ながらの訴えをしたが、今回発見された幼児のミイラがそれはないか?とか、北海道で別の結婚をしていて、その時の娘に子供がいてその子とも暮らしていたとか、毎週タクシーでステーキを食べに行って、その際タクシー運転手にもステーキをおごっていたとか、しかし家賃は滞納して追い出され、元夫の連れ子の処に転がりこんだとか、もう三流のジェットコースタームービーっす。エピソードはてんこ盛りだけど、緊迫感は無しって状態。

ムスタング 1968
Dscn2898で、この殺された娘がネット上に書き込みを残していたとか、さらにコスプレイヤーとして別名でブログを残していたとかで、さらに事件の闇の部分が表に出てきている。
そこそこ美人系で明るそうで、コスプレなどのイベントに参加しつつ、オタク系にありがちなペンネームで「おいら」とか「謎」とかの単語を散らばせながら、鬱屈した気分を吐露するブログを運営。

自分的には「ブログではリアルな本心なんて書けねえぜ」とか、こんなに日々大量の文章を書いていても思っているワケですが、実際そっち方面の人々は、文章中でどこまで本心が出ているのかはよく解らない。

シェルビー・コブラ427S/C 1965
Dscn289980年代に、戸川純の影響もあって大量に発生した「不思議ちゃん」という人種がいる。昨今なら「腐女子」なんて言われてますが、彼女らの自己紹介ではかなりの確率で「え〜自分ではそう思っていないんですけどぉみんなから変だって言われまぁす」みたいなスタンス。
そんな「ちょっと変わっている私」がみんな誇りらしく、さらにブログ内でそれを吐き出しているケースが多々ある。

80年代のサブカル系の女子に多かったけれど、自分は基本的に苦手。変わった自分をいかにも演出しているって感じが、底が浅く見えてしまうのだ。
だから、そこで「死にたくなった」とか「ちょっとだけ自殺してみた」とか書いても、実際には大した事ないんじゃないかとか思ったりもする。
中には、自己暗示で自分で作ったキャラにリアルでも入り込んじゃう人もいるかもしれないけれど。

ポンティアック・ファイアーバード・フォーミュラ400 1970
Dscn2900で、最近起こった複数の事件で特徴的だなぁと思うのが、事件を起こした人間も、被害者となった人間も、それぞれにネット内でブログやサイトに日々の心境の変化や内面を吐露する記述を残しているという事。
今回の被害者もそうだし、先日のマンションから子供を投げ落とした男もそうだし、潰れたパチンコ店の廃屋で先輩高校生に撲殺された中学生もそうだし、母親が毒で弱っていく様を記録していた女子高生もそうだし、もう少し前では同級生にネット内でバカにされたと殺人事件を起こした子も。それが今の時代なんすかね。

シボレー・エルカミーノ 1982
Dscn2901もっとも、文章なんかは後になって深読みしようと思えば幾らでも湾曲した解釈が出来る。
今回殺されてしまった女性のブログだって、もし逆に加害者になっていたとしても「あぁなるほどね、この文章から殺害に及ぶ過程が見て取れる」と、俗に言うプロファイリングできちゃうのだ。
後付けなら何とでも言えるって事。

キャデラック・エルドラド 1975
Dscn2902そんな中、もし私が何かの事件を起こしてしまった場合も、この10年に及ぶ大量の雑記をプロファイリングされちゃうんでしょうか。って量が多すぎて何とでも解釈出来るっす。
これから先、さらに事件のたびに当事者のブログなどが注目されるケースが増えていくんでしょうね。
なんか、世間では「個人情報保護法」を勘違いした状態で、学校の文集にも誰が書いたのか解らないようにして下さい、書いた個人が特定出来る物は保護法を犯していますとかクレームをつけるPTAがいる反面で、こんな事になっている。

今回のアメリカンミニチュアカーコレクションという自動車フィギュアはセブンイレブン限定のコカコーラ社製品に付けられていた食玩。(2004年8月頃)
でもデキがかなり雑で安っぽいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

5月8日の出来事(知泉)

松の日
世界赤十字デー
ゴーヤの日(ニガウリ)
屋根の日 [毎月8日]
果物の日 [毎月8日]
米の日  [毎月8日・18日・28日]
歯の日  [毎月8日・18日・28日]
花祭り(本来は4月8日ですが関西ではこの日に行う地方もある)
5月8日の歴史的出来事
5月8日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸秘テクでウハウハゲット

カウンタックLP400(ジョージア.ランボルギーニ.コレ)
Dscn2888アクセス倍増計画って、別にアクセスが多いってのを目指しているワケじゃないっすけどね。
ブログによってはアクセスランキングでポイントアップ!みたいな物があったりするらしいんですが、そうするとブログで書くという趣旨が「いかにアクセス数を増やすか」という部分が主軸になってしまうんじゃないかと思ってしまう。


そうなると、雑学ネタ語源ネタなんかをチマチマ調べたりして書いている場合じゃないのだ。
なんかブログなどの本来あった「個人が自由に発言できる」という趣旨とは違って、商業主義にまみれた、レベルの小さな既製品って感じになっちゃうんじゃないかと。

カウンタックLP500S(ジョージア.ランボルギーニ.コレ)
Dscn2892このcocologにも運営者だけがアクセスに関してチェック出来る機能がある。総アクセス数をはじめとして、どの時間帯にアクセスが多いかとか、どの項目に対してアクセスが多いのか、どのリンク元から訪れているか?という感じの物が。

そのアクセスの70%程が知泉のトップや、知泉的雑記のブログトップから訪れていて、リンク元はサイト知泉トップとブックマークがほとんどとなっている。
つまり、結構多くの人が「ブログ単体」ではなく、サイト「知泉」の中にある雑記ページとして見ている感じなのかもしれない。つまり、常連さんが大多数という事なのかも知れない。これはある意味嬉しいっす。

ガヤルド(ジョージア.ランボルギーニ.コレ)
Dscn2893アクセス残り30%ほどがGoogleやYahooなどなどからの文章検索でのアクセスとなっている。その場合はトップからではなく、興味が引かれるような内容がありそうな任意のページに訪れる。
その、どのページに検索でやって来ているのかというのをチェックして、「なるほど」と思ってしまった。

任意ページに関しては、最新の文章へのアクセス、あるいは季節ネタへのアクセスは多い。
それ以外では4月17日に書いた「地上波デジタルに移行するのでジョシアナはデジアナに変わります」という趣旨に突っ込んだ、すごく短い文章へのアクセスがすでに3週間以上経過しているのに未だに毎日全体の5〜8%ほどある。そんなに女子アナの話題が欲しいか?という気もするけど、本当に連日途切れる事無くこのページだけは5%超えを続けている。
もう一つ4月25日に書いた「週刊プレイボーイの発売日が火曜日から月曜日になった」という文章へのアクセスも2週間ほど経過しても日々5%近くある。これは文中に「安達祐実の母、安達有里のヌード写真」という記述があるからではないかという感じなのだ。

ムルシエラゴ(ジョージア.ランボルギーニ.コレ)
Dscn2894つまり、人間なんだかんだ言ってリビドーに抗える物ではなく、性的な匂いがする文章が一番強いってことかも知れないのだ。
だからここに「違法裏DVD」とか「風俗丸秘テクニック」とか「春の全裸祭り」とか「なめこ汁無料食べ放題」とか書いていると、素敵な紳士がワンサと検索誘蛾灯に誘われてやってくるかも知れないのだ。(現に上記のキーワードで訪れた紳士の皆様こんにちわ)

今もあるか不明ですが、エロ系サイトなんかだとトップページの下の方に白い画面に白い文字でギッシリとアイドルやAV女優の名前、あるいはエロ系キーワードが書かれている物が多かった。検索でアイドルを調べようとすると、やたらめったらとそこが引っかかる事が多かったのだ。

カウンタックLP400(ジョージア.ランボルギーニ.コレ)
Dscn2889つまり、アクセス数を競うという目的だけでブログを運営するって事ならば、エロ系には敵わないという事なのだ。エロ系でなくても、文中に意識してアイドルなどの名前を記載する事が重要なのかも知れない。あと時事的な政治ネタ・事件ネタとかね。
今だったら「平塚5遺体」とか「娘はコスプレイヤー西原瑠璃亞」とかが挿入されているとぞくぞくゲットでウハウハ丸儲けとなってしまうのだ、もちろんお宝画像なんか全然ありませんが。

週刊アスキーなんかを読んでいると「今週の検索ランキング」なんて項目があり、そこにも今が旬の話題がキーワードとして上がってきている。
てなワケで今回内容はスカンスカンですが、キーワードだけは豊富な文章を書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

5月7日の出来事(知泉)

博士の日
粉の日:コナモンの日
5月7日の歴史的出来事
5月7日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稔る程頭を垂れる稲穂かな

強ければそれでいいんだ♪とタイガーマスクのエンディング曲は悲しげに歌っていますが、現在快進撃を続けているボクシングの亀田兄弟は、まさに「強いんやから何やってもええんやろ」状態で暴走してますな。


0000kameda1自分は基本的にボクシングを初めとする格闘技にはさほど興味無いし、それ以前にスポーツ一般もそんなに興味がある物ではない(クイズ関係ではそこがネックになります)。
だから、話題になっているからといって、何かいきなり発言するってのも、サッカーワールドカップの時だけ「中田からこの前電話あってさ」と自慢げに話す和田アキ子みたいでカッコ悪いんですが(Jリーグ発足時から、前園→カズ→北澤→武田→中田とその時々の旬を常に押さえている和田氏)、とりあえず色々大人の事情とか気になった物で。

0000kameda2それ以前から、かなり発言やパフォーマンスの度が過ぎているって部分はチラチラ知っていたけれど、今回は見事に調子に乗り過ぎちゃっている感じです。
記者会見の際に、同席した相手選手が減量で苦しんでいるということで、チキンを目の前でバリバリ食べてみせたり、計量の時も必要ないのに相手選手の顔写真を貼ったフライパンを両腕で丸めてみせたり、なんつーか「解りやすいほどの挑発」ってのが、なんかイタタって感じ。

結局マスコミが集まる場に、わざわざチキンを買ってきたり、さらには写真を貼ったフライパンを準備したり、その手法はかつての「小道具ネタの帝王」と言われた田代まさし級なのではないかと思ってしまうのだ。「これやったら受けるやろ」的な仕込みがなんか逆に器の小さい感じがしちゃって。

0000kameda5ボクシングもエンターテイメントの1つなので解りやすい敵対関係ってのは絵になるんですが、それにしても品がないと感じてしまう。
で、そのパフォーマンスに関してはGWって事もあっていくつかのワイドショーを見ることが出来たんですが「下品だね」という意見が出ていたけれど、その多くが「あんまり触らないようにしておこう」的な感じではあった。

0000kameda3しかし、常に「スポーツマンたるもの紳士であれ」とか「子供達に悪影響が出る行動は慎むべきだ」と、成績より品格を常に言い続けているサンデーモーニングの張本&大沢親分がどんなどでかい渇を入れるかと思ったら、ほとんど触れずに「強いねえ」と絶賛。
新庄がインタビューでちょっとふざけた発言しただけで「渇!」なのに...やはり、この試合はTBS独占なので「悪く言っちゃダメ」という戒厳令が轢かれていたんでしょうかね?

そんな中、ルール無視なのか事情の蚊帳の外なのか、江川紹子が「格下選手にああいう挑発をしたりするのは良くない」「ちょっと相手選手に失礼だし、下品ですよね」と発言した。
その言葉に誰も同調せずにCMへ....。大人の世界って難しいですね。

0000kameda4しかし、当日スタジアムに行った著名人も色々映し出されて軽くインタビューに答えていたけれど、小池百合子とか平沢勝栄という政治家なんかもニコニコしながらインタビューを受けていた。
平沢氏は傍若無人に暴れる成人式の時に「基本的な礼儀がなっていない若者が多すぎる」とか色々苦言を言っていたような気がするんですが....。
あの亀田兄弟を見て「強けりゃ何やっても許されンだよ」的に思いこんでしまう、アホな若い連中もいるんじゃないかと危惧しちゃうんだけど。

あとボクシング協会も「あの傍若無人さはOKなの?」とか思ってしまう。結局、現在快進撃していて視聴率も採れて、ボクシングに注目を集める事が出来る宝物なので、ヘソ曲げられるような事は言えないって状況なんすかね?
相手選手を含め、すべて予定調和での演出という意見も一部にはあるみたいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

否定する雑学

先日、東京へ出かけた際に電車の中で読むために2冊ほど文庫本を持って行った。1冊は小説、もう1冊は雑学本。
その内の雑学本がちょっと問題だった。


地名の由来などを色々書いてある物だったのですが、その内容は「○○○という場所は一般的に▽△▽△が語源とされているが、実際には××××が由来である」というパターンが山盛りだった。つまり、すでに一般化されている由来はガセであるという趣旨の雑学本。
最初の方は「マジっすか?」と思いつつ読んでいた。

たぶん一般的な人よりは雑学本を読んでいると思うし、真面目な地名由来辞典なども読みあさっているんですが、そこで展開されている雑学は初耳が多かった。
現時点で自宅にある雑学に関する本は何百冊あるか不明なんですが、新しく出版された雑学本を読んでいても、初耳のネタはほんの数個という状態ではあります。それでも、元々知っている雑学は確認的に読むし、その文中に新たな付随された情報があるのでとにかく読んでいます。
が、この本はとにかく、今まで聞いたことの無い語源が山盛り。

だんだんと「それってただ単に作者の勝手な思いこみでは?」と思い始めるようになった。
実際、語源って物は100%確定している物は意外と少なくて、ほとんどの物が諸説ある状態。自分がネットで雑学を展開させるキッカケも「なんか複数の説があるよなぁ」とその複数の説を羅列する雑学辞典を作ろうかという事だった。
ということで、あまりにも「それは無いんじゃない?」という地名の由来が連発されてグッタリしてしまった。

で、怖いのが自分のような雑学馬鹿の場合は比較対象となる雑学をたくさん知っているけれど、たまたまこの本を手に取ってしまった、そんなに雑学ドップリじゃない人。ちゃんと有名出版社から、本という形で出版されている物に書かれているってのは信頼性が高いって事で、そのまま鵜呑みにしちゃう事もあるんじゃないかという事なのだ。
本に書いてある事だって間違いが無いとは限らない(自分の本も含む)。

本に書かれている事を信じるって意味では、映画化された『ダヴィンチコード』には天才ダヴィンチが描いた絵画の中には色々な仕掛けがあり、その絵画の意味する処とはみたいな物が描かれている(自分は読んでいないのですが)ということで、それを読んだ人の中には、その謎解きされた物がすべて真実になってしまっているケースもある。
でも、あくまでも「小説」ですから、ダヴィンチコードは。

複数の本に書かれている事が真実か?というと、実際にはそうも言えない。
1970年代後半ぐらいからの雑学本が自宅本棚にドドンとあるんですが、例えば複数の本の中には『帝王切開とは、ジュリアス・シーザーがこの方式で生まれたことから付けられた名前』という雑学がかつては当たり前のように記載されていました。
その後、たぶん平成に変わった頃に「という説もあるが実際には、斬るという意味のラテン語「シーサー」を英語に訳する時に「シーザー」と書き間違えた物を、今度は日本語に訳す際「シーザーなら帝王って訳した方が解りやすいじゃん」となってしまった物」という事が書かれはじめ、今ではそれ以前の雑学を覆すという定番雑学になっている。
と言いつつ、去年発行された雑学本でもバッチリと「シーザーがこの方法で」という事が書かれている物があって「誤訳が元でという説もある」と締めていた。

それと「○○はガセである」というのにも色々複雑な事情があるみたいで、それが正しくない事もある。
「トリビアの泉」の中で「サンリオの語源は「創業者の出身地・山梨の王」という意味「山(サン)梨(リ)王(オー)」というのはガセ!」「本当は、聖なる(St.)川(リオ)」と言っていましたが、それはどうも....

実際、創業者・辻信太郎氏が1978年6月8日号の『週刊現代』の「サンリオの奇跡」というインタビューで「もともと山梨シルクセンターという社名で、その中のブランドのひとつが「サンリオ」だった。サンリは山梨の音読み、その後にオを付けたのはなんとなくゴロがよかったから」と答えている。その時、ついでに「周囲では『山梨王』とささやかれている」という趣旨の事も書かれている。で、このインタビューなどをまとめた物はPHPから『サンリオの奇跡』のタイトルで出版されているし、後に角川文庫にもなっている(現在は絶版)ので、いまさらガセと言われてもなぁ状態。(確かに最後のオは王ではないけど)

もっとも、80年代中期からキティちゃんを初めとしてファンシー界で大きく成長し、IC戦略がキチッと出来上がったサンリオは1990年頃には「聖なる(St.)川(リオ)」説を打ち出してきたみたいです。
1990年にサンリオ出版が発行した「サンリオ物語」では社長曰く「世間では社長の郷里・山梨の名をもじって付けたとされているが」と否定している。
その後、1990年代中期にキティちゃんが大人にもオシャレアイテムとして認知され今に至っている。

実際、自分が1995年頃に書いた文章の中で「安室奈美恵がキティちゃん大好きと公言したが、TVのインタビューでは安室みたいな年齢になってキティちゃんって恥ずかしくないか?という声が多かった。女性の間でも安室のファッションは好きだけど、キティちゃんまでいくとついて行けない等と意見されていた」などと書いている。自分もそう感じたので文章を書いたんだと思うけれど、実際、今から10年前は世の中ファンシーがそんなに市民権を得ていなかった。
この10年っすよ、携帯ストラップをはじめファンシーが日常に入り込んできたのは。
つまり、そのベースを作って今でも中心に居るのがサンリオなのです。そのサンリオの語源が「山梨オ」ではダメって事なんですね。

他にも社名に関する語源では、実際の物があまり格好良くないという理由で、後付の語源を考え出した物が複数あるみたいです。いわゆる大人の事情ですね。
そんなワケで教訓「雑学は鵜呑みにするな」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

5月6日の出来事(知泉)

ゴムの日
5月6日の歴史的出来事
5月6日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

5月5日の出来事(知泉)

こどもの日
端午の節句
薬の日
おもちゃの日
わかめの日
メロンの日
ナチス犠牲者の日(オーストリア)
5月5日の歴史的出来事
5月5日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンダーがある

日々、雑記やメルマガなどを書くために細かい作業をしているけれど、本人は基本的におおざっぱで適当な人間なのだ。
多くの事を「適当」で処理してしまい、中途半端だったり、そのまんまだったりしている。
という事で、ふと洗面台のヨコにあるカレンダーを見て愕然とした。そこにあったカレンダーは「2005年9月」のままだったのだ。
いくら適当でもそりゃないよな、毎日洗面台使っているのに。
とそのカレンダーをハズして部屋に戻ってきてドアのヨコに掛けてある小さいカレンダーを見た。そこにあった日付は「2005年2月」
俺ってヤツは...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

5月4日の出来事(知泉)

ラムネの日
ファミリーの日
☆競艇の日
国民の休日(火曜日〜土曜日の場合のみ)
ノストラダムスの日
5月4日の歴史的出来事
5月4日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斉藤哲夫「いまのキミはピカピカに光って」

Photo_3
斉藤哲夫/いまのキミはピカピカに光って
作詞.糸居重里:作曲.編曲.鈴木慶一
キャニオンレコード/F-266
1980年06月/定価600円


ジャケットにもドンッと宮崎美子が出ていますが、彼女が世間に注目されるキッカケとなったミノルタX-7のCM曲でさびのフレーズ「♪いまのキミはピカピカに光って〜」という部分はとにかく毎日何度もTVで流れていた。
今、CM曲っていうのは,まず最初にミュージシャンが作った曲があって、それの中からCMに合いそうなのを選んで使うという状態なんですが、この当時はまだ「CMに使う曲=ヒット狙いの新曲」という状態ではありませんでした。

斉藤哲夫1st「君は英雄なんかじゃない」1972年
0001それ故、この曲も完全にCMだけのための楽曲としてコピーライターの糸居重里がCMで流れる部分だけを考え、それにムーンライダースの鈴木慶一がメロディを付けて、斉藤哲夫が歌ったというだけの状態だったらしいです。
が、あまりのCMの評判に「いっちょシングル盤として発売すっか」と他の部分の詩と曲を作ってリリースした物です。
だから、なんかメロディの流れがぎこちないような感じもしてしまう。
ま、鈴木慶一って人は元々曲のコラージュ的要素が大きいので、そうじゃない曲でも「おいおい、そのメロディの展開は不自然だろ」ってのを平気でやっちゃう人なのでしょうがないかとも思ってしまいますが。

斉藤哲夫2nd「バイバイグッドバイサラバイ」1973年
0002この段階で糸居重里はコピーライターとして、パルコの「おいしい生活」とかもやっていたし、湯村輝彦とのコラボ「情熱のペンギンごはん」も著していたけれど、まだまだ一般的な知名度はそんなでも無かった時代。(NHK「YOU」の司会はまだ?)この曲の詩は改めて読み直してみると凄いっす。
そのまま歌詞を全掲載するのは著作権的にマズイので要約すると「....キミはピカピカだね」という事しか歌っていない。もうね、影も哀愁も人生の機微とか青春の焦燥感とかそ〜んなの一切無いもんねという吹っ切れぶり。もう何度聞いてみても何も残らない歌詞。
いや、実際歌詞を書くって作業の中でここまで「何も無い」ものを作るのは至難の業。なんか物語性とか入れたくなったり、自分と恋愛対象の距離感とか、なんか情報的な部分を入れたくなってしまうワケですが、それが一切無い。やはり、この時代の糸居重里は天才ですわ。

「およげ!たいやきくん」1975年
00_12歌っている斉藤哲夫ですが、やはり一般的にはそんなに有名だったワケではないと思うんですが、知る人ぞ知るURCからあがた森魚プロデュースでデビューして「若き哲学者」などと称され、「されど私の人生」などの曲が知られていた。だからこの曲は斉藤哲夫というアーティストの中ではあくまでもアルバイト的だったんじゃないかと思う。B面にはちゃんと自作詞曲の「シングソング心のままを」という曲が収録されている。
最近は生田敬太郎と組んでアルバムを出しているらしい。(生田敬太郎は「およげ!たいやきくん」のオリジナル歌手)

この曲なんかはどうしても宮崎美子のイメージが強いのでジャケットがこうなっちゃうのはしょうがないんだけど、他に似たケースでは中崎英也の「胸騒ぎ」という曲のジャケット写真は斉藤由貴が出ていた。
これは斉藤由貴が歌手デビュー直前に出演していたCM「青春という名のラーメン/胸騒ぎチャーシュー」というカップ麺のCM曲。
たしか間違えて買ってしまう人が続出という話題が当時あった。(所有しているハズですが、見つからず)

Photo_4ちょっと微妙なのではひょうたん三銃士の歌う「SENSATIONAL HIROKO」という薬師丸ひろ子応援歌。ちょうど「セーラー服と機関銃」に柳沢慎吾・光石研・岡竜也で同級生の三人組として出演していた関係で、この曲をリリースしたみたいです。
この曲にどのぐらいの需要があったのか不明ですが、柳沢慎吾氏はともかく、今や渋い役者として脇に出ている光石研氏(みついし-けん:ジャケットの左側の眼鏡かけた人)の恥ずかしい過去っす。現在の光石研氏
岡竜也氏はセーラー服と機関銃が映画デビューで、1985年頃が最後の映画出演らしいので引退したのかも知れません。

00_13豆知泉

フジテレビ・ポンキッキで流れていた時に生田敬太郎が歌っていたのだが、レコード化の直前に某レコード会社(たしかテイチク)と歌手契約を結んでしまい、フジのポニーキャニオンからリリース出来なくなった事により、子門真人が歌い直し、TV版もそれに合わせ差し替えられた。

もっとも子門真人はいくつも別名を持っていて、その別名ごとに色々なレコード会社と契約を結んでいた。子門真人はキャニオン、藤浩一はコロムビア、ついでにキングでは谷あきら。

「およげ!たいやきくん」は日本音楽史上最高の450万枚以上売れたシングルだが、B面になぎら健壱の「いっぽんでもニンジン」があり、こっち目当てで買った子も多かったと言われている。


しかし、レコードネタを書き始めて「レコード棚を検索しやすいようになんとかしなくては」という課題にぶつかっている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

5月3日の出来事(知泉)

☆憲法記念日
リカちゃん誕生記念日
世界報道の自由の日(World Press Freedom Day)
ゴミの日
5月3日の歴史的出来事
5月3日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ガスの「小野妹子」

関東ローカルかもしれないすけど、今年になって「東京ガス」がシリーズ放送している、妻夫木聡が住んでいる部屋のクローゼットの中からいきなり古今東西の著名人が出現するシリーズ。


↓妻夫木聡2006カレンダー
00_10第1弾:織田信長編
「織田信長」がクローゼットから出現し「ここさタイムマシンの出口になってんの」「茶でも入れてよ」と言いだし、その便利な生活を見て「あ、利休も呼んでいい?」と発言すると、今度は「千利休」が顔を出す物。
第2弾:ガリレオ編
突然ボロボロのガリレオが出てきて「それでも地球は回っている」と言い出す。そのボロボロ具合にシャワーを勧めて...
第3弾:フレミング編
左手の法則知らないの?と妻夫木聡に詰め寄るフレミング
第4弾:ベートーベン編
「ジャジャジャジャ〜ン」と出現したベートーベン。
第5弾:小野妹子編
「おかえり〜」と女の子が登場して「ねぇ妹子って呼んで」「え?小野妹子って男じゃ?」「細かいこと気にしないで」といきなりラブラブに迫ってくる。
※全CMは東京ガスのサイトで見ることができます。

↓酒井若菜写真集-彩-
00_11で、今回の物は小野妹子に酒井若菜が扮していて妻夫木聡に対し「妹子」と呼ぶことを強要する物で、作中で「小野妹子って男じゃ?」と言っているけれど、強引に女の子という設定で話を推し進めている。(木更津キャッツアイのモー子からのキャスティングですか?)

ま、昔からネタ的なのかマジなのか小野妹子を女性だと勘違いする人はいるけれど、このCMはその勘違いな人をさらに増やすんじゃないかと、ちょいハラハラする。
あるいは、シャレが解らない人がマジに東京ガスに対して「間違っています」とか「間違って覚えたらどうするんですか」と抗議電話を入れたりするんじゃないかと思ったりもする。
マジメというか直情型の方の行動力は凄いっすからね。

とりあえず最後に「歴史を曲げるなよ」とつぶやいているけれど。
そんな事言い出したら、ガリレオは「それでも地球は回っている」なんて言ってないですけどね。(それ以前に、外国人が日本語で...ってのは)

それらに関する豆知泉

ベートーベンが「なるへそ」と発言しているが、これは戦後に出来た言葉遊び。もともとは納得する時に使う「なるほど」という言葉があり、その「ほど」の部分を「へそ」の古い言い方「ほぞ」に引っかけて、現在の「なるへそ」という言葉が誕生した。(「ほぞ」は現在でも「ほぞを噛む」という言い方に残っている。

ガリレオが「それでも地球は回っている」と述べたというのは18世紀に書かれた伝記小説ではじめて書かれたセリフ。ガリレオは16〜17世紀の人(1564-1642)。

小野妹子は聖徳太子によって遣隋使として大陸へ渡った。が、帰りに隋からの親書を紛失している。(盗賊に奪われた、船が嵐に遭ってなど諸説)しかしその事は別段咎められたという記録も残っていない。

その事を恩義に感じたのか、小野妹子は聖徳太子が死去した後、僧侶になり墓守となって一生を過ごしたとされている。僧侶としての名前は「専務」。会社の役職みたいだが。

その墓に毎日、新しい花を捧げていて、その時の花のチョイスや飾りかたに数々の様式を考案したと言われている。その小野妹子の末裔がその様式をさらに進化させ、華道「池坊」を興した。

小野妹子の子孫には他に、花札の12月に描かれている歌人の小野道風がいる。諸説では小野小町も子孫だとも言われている。

小野妹子に扮している「酒井若菜」はスイッチヒッター。食事の時、右手でも左手でも箸をつかえる。本来は左利きらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

5月2日の出来事(知泉)

郵便貯金創業記念日
エンピツの日
交通広告の日
歯科医師記念日
5月2日の歴史的出来事
5月2日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙旅行が当たりました!

現在「宇宙航空研究開発機構:JAXA」のサイトトップページにはこんな注意書きがある。


このようなケースにご注意ください!
最近、「筑波宇宙センター」を名乗り、「宇宙旅行が当たりました。格別にお安い値段で宇宙旅行に行けます。」と言って旅行代金を振り込ませようとする悪質な詐欺電話、またはメールが発生しております。
これらの電話、メールは、JAXAおよび筑波宇宙センターとは一切関係ありませんのでご注意ください。

つまり、振り込み詐欺が今までは「交通事故が」とか「旦那が電車で痴漢を」というネタで詐欺を行っていたんですが、それらも「こんな手口には気を付けましょう」という告知で知れ渡ってしまったために、新たな手口として考案したのが「宇宙旅行が当たりました」という物らしい。
とりあえず、JAXAによると、4月中旬にとある女性のもとにこのような電話が掛かってきたらしいが、女性が偶然に身内にJAXA関係者がいたために相談し、その電話がデタラメだということが判明して、ダマされることなく終わった。とされている。

というか、関係者じゃなくてもダマされないって。
しかも以前からある「交通事故タイプ」や「痴漢タイプ」とは違って切迫感がないので、慌てて今すぐに!という感じじゃないから、引っかかる人は少ないだろうなぁ

現時点ではこの趣旨の電話はそのJAXAが身内にいるという女性だけということなんですが、犯人もすぐに「これじゃダメだよな」と気づくと思うのだ。
しかし、ついに振り込め詐欺は宇宙事業にまで着手しましたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

5月1日の出来事(知泉)

メーデー
日本赤十字創立記念日
扇の日
スズランの日
省エネルギーの日[毎月1日]
☆安全衛生総点検日[毎月1日]
☆家庭塗料の日  [毎月1日]
5月1日の歴史的出来事
5月1日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河合奈保子が新作リリース

Ah230以前、友人と80年代にデビューしたアイドル達について色々話をした事があった。
80年代には1981年組と呼ばれる小泉今日子松本伊代中森明菜早見優堀ちえみ石川秀美などなど、一斉に大量の女性アイドルがデビューした年あって、それぞれがヒット曲を出していた。
そして、他の時代ではあまり例がないように、それぞれがデビューから20年以上経過しても。なんらかの形で芸能界で名前を聞く存在となっている。ここまで成功確率の高い年度は無いのだ。


Ah25581年組アイドル達がドンッと売れる下地は、その1年2年前にデビューした松田聖子河合奈保子三原順子(ついでに田原近藤などのたのきん)が作ったのだと思う。
松田聖子は歌謡界の女王として君臨し、三原順子も色々な話題を作りつつ芸能界に残っている。
そして、その中で河合奈保子だけが「で、彼女っていつの間に居なくなった?」という話になった。

Ah333確か、80年代後半には自分で作曲をはじめ、しっとりとした曲が多くなって(それ故にアイドルとしての勢いは薄れたけど)、ゴシップ的にはジャッキーチェンと噂されかなり良い関係だとされていたのに実はジャッキーが極秘で結婚している事が発覚して...、とそれ以降はイマイチ覚えていない。
80年代のベストテンが終わった以降、アイドル歌謡曲が壊滅状態になった事があったけれど、それぐらいから先は不明。

Ah71で、ここに来て突然、新作リリースというニュースが入ってきた。別段ファンでも無かったけど、その復活の仕方が今風でもあり、ちょっと意表をつくスタイルだったので興味をそそられた。
本人が今回のリリースに関し、プレスに送ったメッセージによると、彼女は10年ほど前に結婚して芸能活動を休止して、現在はオーストラリアに住んでいるとの事。そして子育てをしていたらしい。そのメッセージには「子供たちも」と書いている事から、二人以上。
で、今回いきなりのアルバム発表、しかも2枚同時、さらにiTMSでのリリースなんですが、その内容が全曲、自分で作曲した「ピアノインスト曲」。

00_9↓iTMSで各曲の部分を聞くことが出来ます(iTMSを聞くことが出来る環境ならばですが)
奈保子 音 Blue
奈保子 音 Orange

ほほう、そう来るかと思ったんですが、なんとこの全曲は自宅のMacで「GarageBand」に演奏データをMIDIで記録したもの。その後に音源をKORGのOASYSに差し替えた物をリリースしたという事。
つまり、何の特殊な設備もない一般的な自宅リビングルームでそのまんま録音した物という事で、ついにここまで録音技術も単純化されちゃったのね、という感慨もあります。
自分は一般的なMIDI規格が始まった当初にMIDIと出逢い、各社のMIDI規格が全然統率取れていない時代に面倒くさい設定をして、上手く同期してくれない機械と格闘した経験あるので、ここまで来たかという感じ。
それと、プロ活動していなくてもずっと作曲を日常的に続けてきたらしいので、そんな部分にもちょっとシンパシーを感じます。

Ah181もっとも、アイドル河合奈保子という部分を支持していた人にはインスト物はどうなんすかねという部分もある。これまでにも深田恭子のピアノインストアルバムとか、武田真治のサックスインスト曲とかが発売されていましたが、発売前は話題になるけどその後はイマイチ話題に上らない。
ライブだったら本人が見られるので客は集まるかも知れないけれど、音源だけという状況ではどうなんすかね。
それでも未だにネット上で彼女を支持している方々は多いみたいなので、嬉しいニュースなんだろうなあ

しかし、Macで自宅でレコーディングし、MIDIで音を差し替え、そしてiTMSでリリースという流れは、凄く今後の音楽の形って感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »