« 3月30日の出来事(知泉) | トップページ | 浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO(3)」 »

2006年3月30日 (木)

SPAMメール

00000spam01先日ネタにしたSPAMですが、大昔に(もしかすると昭和時代)に1度食べたことあるけど、イマイチ旨い不味いを覚えていなかったので、近所のディスカウントストアで購入し、バラ園で食す。
値段的にはやはり高い。確かにサイズは大きいけれど500円台ってのは、どうっすかね。
缶切り不要でパッカンと開けると、塩漬け豚肉がどんっと出てくる。なんつーかあまりに無骨で、いかにもアメリカン。
それをムキュと取り出すワケですが、どう見ても「でかい魚肉ソーセージ」って感じで、あんまり食欲をそそる物ではない。


あまりにも無骨なその勇姿
00000spam03本来はフライパンで炒めてという感じがベターだと思うのですが、バラ園の作業場ということでそのまんま切り分けた物を食す事になった。
そのまんま魚肉ソーセージ感覚で食べるが、かなり「しょっぱい」。一気に高血圧へGO!という感じなのだ。
ま、これをフライパンでかりっとやればそれなりにオイシイだろうし、アメリカ人の間で冗談のように嫌う理由はよく分からないのだ。
そう日常で食べたいものとは思わないけど。

SPAMメールは相変わらずガシガシ送られてくる
殆どがタイトルだけで内容が解ってしまうものもあるんだけど、自分の場合こうやってサイトを運営したりメルマガ書いたりしているので、いつどんな形で知らない人からメールが寄せられるか解らない。
たとえば送り主が女性名になっているのって「ネットであからさまに自分が女性ってアピールするのって無いだろ」とか思うんですが、先日の懸賞の時にはあきらかに女性名のも多々あった。女性だったら当選しやすいと思っての偽装の可能性もゼロではないけど。

私の元に届けられたSPAMメール
00000spammそんな、最近同じアドレスから毎日毎日、5通ぐらい、同じ女性の名前でSPAMメールが送られ続けている。
その内容が
「ずっと待ってたのに...どうしてですか?私連絡欲しいです」
「人様にどう思われるかわかりませんが私にとっては大切なことなんです。」
「もし会えるようでしたら、日にちはいつでも構いません。」
「どうして連絡くれないんですか?どうして?私もう限界…」
「私がずっと誘っている所は怪しいサイトとかじゃないですから。」
「届きませんでした?」
「連絡欲しいのに…お願いです。今日会いたいです。どうしても会って欲しいです」
「何時でもいいから時間作ってください。会うのが無理なら携帯に連絡して下さい。」
「どうしても私とじゃ無理ですか?」
と延々と続く。毎日5通とかで何週間前からかは不明ですが、延々と同じアドレス同じ女性の名前で送り続けている。

驚いてしまうのが、毎回その文面が違うということ。
基本的には「会ってほしい」「それが無理ならアドレスに」という事なんですが、文面が全部違うって事は毎日5種類以上も書いているって事なわけで、その「こんなの引っかかるヤツいねえだろ」て作業を続けているのって根性あるよなぁと変な部分で感心はする。
でも、実際に知り合いの女性だったとしても、ここまでヘビーにしつこく「会って」とかメールをしてきたら萎えるよなぁ。ただのストーカーだし。

しかし数多くあるSPAMメール業者って「女性の誘いを断る男はいねえだろ」と思ってウッシッシと文章書いているんでしょうかね。
あまりにアホすぎて

と言いつつ先日ものすごい設定のSPAMメールを受け取った。
(この先、エロ的内容なので未成年の方、あるいはエロ系に厳しい方はご遠慮下さいませ)
まずいきなり「アナタの物をフェラさせて下さい」という物。
そして内容は(要約)
私、この間、彼の物をフェラしていたんです。その時、突然彼がいままでやって来た女性の姿がすべて見えてしまったんです。この凄い能力の事を彼には当然言えません。そこでお願いがあります、アナタの物をフェラさせて下さい。誰か見知らぬ人に実験台になってもらって、この能力が本当かどうか試したいのです。このアドレスに....
と言う物。
おいおい、SF仕立てかよ、と思って爆笑してしまった。

似たパターンでは
私は肛門科の女医です。何万人に一人という黄金のアナルを探しています。あなたのアナルを見させて下さい。このアドレスに....
というトホホ気分満載の物もあった。

で、これらのメールで引っかかる人ってどれくらいいるんでしょうか?

|

« 3月30日の出来事(知泉) | トップページ | 浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO(3)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPAMメール:

« 3月30日の出来事(知泉) | トップページ | 浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO(3)」 »