« 3月3日の出来事(知泉) | トップページ | 3月4日の出来事(知泉) »

2006年3月 3日 (金)

松浦亜弥ってもしかしたら凄い?

00001_1自分は基本的に歌手は「歌がよければそれ以外どうでもいい」と思っている。
例えば、尾崎豊がジャンキーだろうとしても初期の3枚のアルバムは今でも傑作だと思うし(それ以降はパス)、中森明菜が情緒不安定で精神的にヤバイ人だとしても80年代に歌っていた曲は好きだったし、歌手のキャラとかがウザくても「曲が良ければOK」という感じなのだ。


で、今回の話としては松浦亜弥なんだけど、以前から「歌っている曲は相変わらず、つんく(雄)が作っているので薄っぺらい曲ばかりだけど、歌手として凄いんじゃないか?」と言っていた。

00002_1もっとも、それを完全に実感できるような曲は歌っていなかったので、「もしかしたらリズム感と音程の安定感ってムチャ凄い?」って感じでいた。
が、今回「午後の紅茶」のCMでぶっ飛んでしまいました。

バックにジャニス・ジョプリンが歌っていた「MOVE OVER」が流れているんですが、その歌声が松浦亜弥。いや、こんなにドスが利いて上手かったけ?と思いつつ、KIRINサイトをチェックしたらマジに松浦亜弥が歌っているんすね。いや、ちょっと見直した。
基本的に松浦亜弥のキャラは好きではないんですけどね。

|

« 3月3日の出来事(知泉) | トップページ | 3月4日の出来事(知泉) »

コメント

だから、MOVE OVERですって。
ジャニスの古典的名曲。
iPodでよく聞くお気に入り。

投稿: おおつぼ | 2006年3月 3日 (金) 21時40分

ありゃ、脳では「Over」だったハズなのが、指先では「On」になってました。邦題「ジャニスの祈り」名作です。
ジャニスの死後に発表されたアルバム「パール」の最初の曲で、薬で極限まで自分が追い込まれた中で、歌う事に命を注ぎ込んだようなパワーを感じます。
パールはアナログレコードでしか持っていないので、データ化するか、CD買うかって思ってますです。

投稿: | 2006年3月 3日 (金) 22時41分

才能に食い尽くされた感じで若死にするアーティストって、昔はいましたね。今はいないけど。

投稿: おおつぼ | 2006年3月 4日 (土) 23時00分

80年代以降では、シド・ビシャス、尾崎豊、カート・コバーン辺りがそれに相当するんでしょうが、なんかスケールが小さい感はありますね。

投稿: 杉村 | 2006年3月 4日 (土) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18814/901480

この記事へのトラックバック一覧です: 松浦亜弥ってもしかしたら凄い?:

« 3月3日の出来事(知泉) | トップページ | 3月4日の出来事(知泉) »