« 3月4日の出来事(知泉) | トップページ | 3月5日の出来事(知泉) »

2006年3月 4日 (土)

卒業

200603023高校野球で春夏連覇をした北海道の駒大苫小牧高校の3年生が、3月1日の卒業式の後、飲食店で飲めや歌えの大騒ぎをしたって事で補導され、春の大会に出ることになっていた野球チームが出場辞退って事になっている。
ま、3年生は「卒業しちゃったんだからもういいじゃん」てな感じでおおっぴらな場所で飲酒したのかもしれないけど、飲酒は20歳からっすからね。世間一般ではもう「高校卒業したら」みたいな感じかもしれないけど。


でも、昔からこの「連帯責任」ってどうなのよって思っている。
確かにチームワークを強調するのは問題ないとは思うけど、それまで必死に練習していた関係ない選手が、他の誰かのせいで出場できないって、教育上どうなのかって感じがある。
今回なんかは、事件を起こしたのは春の大会には出場しない卒業した3年生で、出場取りやめになった1.2年生にはまったく関係ない話。この先、事件を起こした3年生はOBとして高校に来て指導しにくくなるだろうし、1.2年生の記憶の中には一生「アイツらのせいで」というしこりが残るんだろうし。

もっと前のケースでは、事件を起こしたのは野球部とは関係ない生徒なのに出場辞退。この辺りになると、そこまで高校生に健全を求めすぎるのは逆に不健全って気がするのだ。

200603021てなワケで話は代わって、春は卒業の季節って事で、なんだか「卒業」をテーマにした曲が流れたり、さらには「年代別卒業式ソング」とかの特集まで組まれている。
最近では、サスケとかコブクロとか川嶋あいとか加藤ミリヤですか。
で、卒業と言うと1985年が卒業ソングの当たり年で、尾崎豊「卒業」、斉藤由貴「卒業」、菊池桃子「卒業」が発売されて...とかテレビでも紹介されていたり、ネットでもそんな事が書かれている。でも、1985年は倉沢淳美(元わらべ)「卒業」ってのもさほどヒットしなかったけどあったのはすっかり忘れられている。

シーズン物の楽曲としては、クリスマスに次いで多いんじゃないかと思うけれど、その手の卒業関連曲で最大ヒットは1998年にSPEEDが出した「my graduation」の147万枚らしい。
といっても、この手の売り上げランキングってのは凄く時代を反映していて、同列に全部を語る事が出来ない。
このSPEEDの時代ってのは楽曲がCDになり、子供が自由に使える金が80年代までより格段に多くなり、さらに現在のようにネットで...CDを焼いて...というのも無い時代で、100万枚ヒットも10曲近く出ていた時代なのだ。

200603022そんなこんなで、この所、雑記がいきなり薄味になったと感じている方もいるかもしれません。そんな感じで、アクセス数も一時期は1日500ヒットに達成していたんですが、最近はその半分ぐらいになってしまいました。

実は、今現在、かなり腰痛がひどくなって、その関係で肩こりも併発し、さらに慢性的頭痛になり、それの影響で胃が痛い、という体調不良に関しては俺は誰にも負けねえぜ!って感じで、集中力が無くなり、自分でも「ここまで文章が体調に引っ張られてダメになるのかあ」と思ったりするわけでやんす。
普段は何も考えずに適当に書きだして、何も考えずにラストまで一気に書ききった時にちゃんとオチまで書けていたりするのだが、なんか不調で、現在途中まで書いて保留している文章がいくつもある。
ま、先は長いのでダメな時もあるさ。

「いつまでも雨は降るワケじゃねえ」「夜明け前が一番暗いのだ」って事を自分の中で復唱して、だらだらと日々をやり過ごしていくしか無いのだ。
なが〜〜〜〜〜い目で見ていてください(By.小松政夫)

|

« 3月4日の出来事(知泉) | トップページ | 3月5日の出来事(知泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18814/917588

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業:

« 3月4日の出来事(知泉) | トップページ | 3月5日の出来事(知泉) »