« 3月22日の出来事(知泉) | トップページ | 3月23日の出来事(知泉) »

2006年3月22日 (水)

セクハラ教師

3月12日に書いた「マスク of エロ」のマスクフェチ男(教師)の公判が開かれたのは3月10日なんですが、その同日、兵庫県でも教師絡みの判決が出ている。
かつて女生徒にセクハラ行為をした事で厳重忠処分から退職した男性教諭を、兵庫県が再び採用していたと言うことが判明した。その男性はその後6年教師として勤め退職金を受けとっているのだが、その総額が約9350万円となっている。


住民訴訟によって裁判になり、3月10日に判決が出ている。
「男性教諭の適格性を十分判断し得なかった県教委に裁量権の逸脱、乱用があった」と指摘していて再採用した事は違法だとされたが、給与などの支給に関しては「財務会計上違法ではない」と返還請求は退けられた。

で、6年間の給与&復帰後6年間勤めただけの退職金で教師って約9350万円も貰えるわけ?
まず、再就職することが違法なんだから、そっから先の給与だって違法所得なんじゃないの?って気もする。
普通の企業なら、何かの不正や事件を起こしたら絶対復帰なんか出来ないのに、ほとんど厚遇で再就職って状態。どっかおかしくないか?

覚醒剤やっても、覗きやっても、タクシー運転手に暴行しても「反省したんだし」とあっさりと職場復帰できる芸能界と同じような物なんですかね?
そもそも自動車の運転で事故を起こした場合、故意ではないとしても運転免許証は剥奪されるのに、教師の資格って故意に起こした事件の後も剥奪されないんすね。実にいい制度ですね。

|

« 3月22日の出来事(知泉) | トップページ | 3月23日の出来事(知泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セクハラ教師:

« 3月22日の出来事(知泉) | トップページ | 3月23日の出来事(知泉) »