« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

3月31日の出来事(知泉)

エッフェル塔の日
普通選挙法成立の日
教育基本法・学校教育法公布の日
そばの日   [毎月最終日]
3月31日の歴史的出来事
3月31日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO(3)」

000003いやはや、もう一つの浦沢漫画「20世紀少年」もかなり最終地点に近づいていますが、こっちの「PLUTO」は3巻、まだ物語の序盤的な感じがしちゃいます。
1巻2巻のスピード感は今回はあまりなく、物語の深みへどっぷりとはまり込み始めました。浦沢漫画では「MONSTER」で見せた、各登場人物の裏側にある物語を綿密に書き込むという方法がここでもイカされていて、完璧に手塚治虫の鉄腕アトムとは違う方向にいっています。
手塚という人は良くも悪くもストーリーテイラーで、とにかく物語を先に進めたいと思っている感じがあって、キャラクターの人間的な深みは物語の進行の前にかき消されてしまうケースが多々あったような気がする。昨今のマンガと比べると手塚漫画は「あらすじ」に見えてしまう。
それだけ語るべき物語のストックがあったからこそ、20年も30年も漫画をそれこそ大量に書き続けた後に「ブラックジャック」みたいな毎週書き下ろしの短編なんて荒技ができるんだとは思うけれど。


00000bj近年、秋田書店がブラックジャックに関する出版権を持っているのをいいことに、色々な漫画家に「ブラックジャック」を書かせている。(過去の話をリメイクするのと、新作として書くのと2パターン)
でもなんか、どれもはまっていないと言うか、必死に手塚ブラックジャックにあらがってジタバタしながら書いている感じがして、読んでいてストーリー的な部分にも入り込めない感じがある。
リメイクでは永井豪の「魔神ガロン」なんて思い出したくもないようなクズ作品もありましたが。しかも永井豪は「いろんな漫画家がいるが、私が手塚作品に一番似ている。今後『ブラック・ジャック』などのリメークを描きたい」などと恐ろしい事を語ったこともある、勘弁。

00000_4浦沢直樹はもともと持っている資質が違うってのはあるにしろ、ここまで自分の物にしちゃっているとリメイクなんてのは全然気にならないレベルなのだ。
といいつつ、アトムとウランをあんな風に書くかぁとか、中村警部(本作では課長)や田鷲警部(本作では警視)やお茶の水博士があんなキャラで出てくると「まだヒゲおやじ(伴俊作)とか天馬博士が出てきてないよなぁ」とか期待してしまう部分もあるワケで。

他の部分で気になるのは、現時点で3巻、連載開始からまだ1年ちょっとという時点で「2005年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」とか「第9回手塚治虫文化賞マンガ大賞」とか受賞しちゃっているのはどうっすかね。
物語って、やはり完結して、テーマを書ききった段階で善し悪しが解るものだと思うんですが。確かに昨今のマンガはどれもこれも長編で、終わる時は人気が一段落した後って気もするので、一番受けている時に賞を与えるってのは解るんですが、「PLUTO」に関しては、物語始まったばかりじゃないの?って感じもする。

そういえば浦沢の「MONSTER」が去年の春頃、ハリウッド映画化の話題が出て、当時「夏頃に正式契約」って事になっていたんですが、プロジェクトとして動いているんですよね?
果たしてあれを1本の映画に集約させる事は可能なんでしょうか? とは思うけど、インサイドストリー的な部分をこそげ落とせば軸の物語は1本に収まるかも知れない。
でも浦沢作品って本編とは別に、サイドストーリーを緻密に書くって部分が意味を持っている気もするので、どうなるんでしょうかね。
現在、浦沢作品はフランスを初めとして世界中で読まれているらしいので、当然のことながらこの「PLUTO」も権利を狙ってる処もあるとは思う。
とりあえず漫画のファンとしては簡単に終わって欲しくはないけど、意味なくダラダラ続いても嫌なので、どう転がっていくのかジッと見守るしかないのだ。
ところでハリウッドで「鉄腕アトムのフルCG映画」って話は結局流れたんでしょうか? 以前、アトム生誕の翌年辺りに… みたいな話があったけど。

オリジナル版のプルートー
00000しかし浦沢アトムを見ていると、本来手塚治虫が構想していた「火の鳥・現代編」を浦沢レベルの漫画家(あんまり思いつかないけど)に書いて欲しいと思ってしまう。
あまりに無謀な挑戦なので手を出す人がいるかどうかは不明ですが(永井豪が私が一番の適任者なんて言い出さない事を祈りつつ)、実はこの「火の鳥:完結編」は「鉄腕アトム:完結編」だったのではと思っている。
浦沢アトムでも大きなテーマになっている「人類とロボットの共存」なんですが、実際鉄腕アトムの中にはその手の重い話がいくつも出てくる。

アニメ版では輝かしい未来の物語だったんですが、漫画版では所々に手塚のダークな部分が顔を出していて、人間のエゴによって救いの無い終わり方をする話もいくつかある。人種差別をロボットの話に置き換えているような物が多々ある。そしてその間に立って苦悩するアトム。
かつて石ノ森章太郎が「人造人間キカイダー」という、不完全なロボットが完全な心を求めて闘うという「ピノキオ」をアレンジした作品を書いたけれど、アトムの中にもそれはあった。
苦労して市民権を得たロボットが最後はテロで殺害されて終わる話もあった。
手塚の構想によると、描かれなかった「火の鳥」最後の2作品は、日清戦争〜第二次世界大戦あたりを描きロックが主人公の「大地編」(地球が滅びる未来編の主人公もロックだった事を考えると深い理由がありそうな気もする)

そして未来と過去が交錯する最終話「現代編」、現代編と言いつつ、手塚は1990年代に21世紀初頭を舞台に、鉄腕アトムが主人公になった作品として構想していたと言われる(明確なメモが残されていないんですが)。
未来永劫の不死の命を求めて醜い火の鳥争奪戦をする人類と、ある意味不死の命を最初から与えられているアトムがどのように絡み、この一大歴史絵巻である火の鳥のテーマにどんな形でケリをつけるかってのは、本当に読みたかった。

もっとも、「火の鳥」って作品に関して言えば、初期作品(雑誌COM連載)のスペクタクルと密度と実験的な部分に溢れていた作品と、80年代以降(月刊マンガ少年掲載以降)の作品では微妙にトーンが違うので、書かれていないからこそ名作になっているのかなぁと思う部分もあるのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

SPAMメール

00000spam01先日ネタにしたSPAMですが、大昔に(もしかすると昭和時代)に1度食べたことあるけど、イマイチ旨い不味いを覚えていなかったので、近所のディスカウントストアで購入し、バラ園で食す。
値段的にはやはり高い。確かにサイズは大きいけれど500円台ってのは、どうっすかね。
缶切り不要でパッカンと開けると、塩漬け豚肉がどんっと出てくる。なんつーかあまりに無骨で、いかにもアメリカン。
それをムキュと取り出すワケですが、どう見ても「でかい魚肉ソーセージ」って感じで、あんまり食欲をそそる物ではない。


あまりにも無骨なその勇姿
00000spam03本来はフライパンで炒めてという感じがベターだと思うのですが、バラ園の作業場ということでそのまんま切り分けた物を食す事になった。
そのまんま魚肉ソーセージ感覚で食べるが、かなり「しょっぱい」。一気に高血圧へGO!という感じなのだ。
ま、これをフライパンでかりっとやればそれなりにオイシイだろうし、アメリカ人の間で冗談のように嫌う理由はよく分からないのだ。
そう日常で食べたいものとは思わないけど。

SPAMメールは相変わらずガシガシ送られてくる
殆どがタイトルだけで内容が解ってしまうものもあるんだけど、自分の場合こうやってサイトを運営したりメルマガ書いたりしているので、いつどんな形で知らない人からメールが寄せられるか解らない。
たとえば送り主が女性名になっているのって「ネットであからさまに自分が女性ってアピールするのって無いだろ」とか思うんですが、先日の懸賞の時にはあきらかに女性名のも多々あった。女性だったら当選しやすいと思っての偽装の可能性もゼロではないけど。

私の元に届けられたSPAMメール
00000spammそんな、最近同じアドレスから毎日毎日、5通ぐらい、同じ女性の名前でSPAMメールが送られ続けている。
その内容が
「ずっと待ってたのに...どうしてですか?私連絡欲しいです」
「人様にどう思われるかわかりませんが私にとっては大切なことなんです。」
「もし会えるようでしたら、日にちはいつでも構いません。」
「どうして連絡くれないんですか?どうして?私もう限界…」
「私がずっと誘っている所は怪しいサイトとかじゃないですから。」
「届きませんでした?」
「連絡欲しいのに…お願いです。今日会いたいです。どうしても会って欲しいです」
「何時でもいいから時間作ってください。会うのが無理なら携帯に連絡して下さい。」
「どうしても私とじゃ無理ですか?」
と延々と続く。毎日5通とかで何週間前からかは不明ですが、延々と同じアドレス同じ女性の名前で送り続けている。

驚いてしまうのが、毎回その文面が違うということ。
基本的には「会ってほしい」「それが無理ならアドレスに」という事なんですが、文面が全部違うって事は毎日5種類以上も書いているって事なわけで、その「こんなの引っかかるヤツいねえだろ」て作業を続けているのって根性あるよなぁと変な部分で感心はする。
でも、実際に知り合いの女性だったとしても、ここまでヘビーにしつこく「会って」とかメールをしてきたら萎えるよなぁ。ただのストーカーだし。

しかし数多くあるSPAMメール業者って「女性の誘いを断る男はいねえだろ」と思ってウッシッシと文章書いているんでしょうかね。
あまりにアホすぎて

と言いつつ先日ものすごい設定のSPAMメールを受け取った。
(この先、エロ的内容なので未成年の方、あるいはエロ系に厳しい方はご遠慮下さいませ)
まずいきなり「アナタの物をフェラさせて下さい」という物。
そして内容は(要約)
私、この間、彼の物をフェラしていたんです。その時、突然彼がいままでやって来た女性の姿がすべて見えてしまったんです。この凄い能力の事を彼には当然言えません。そこでお願いがあります、アナタの物をフェラさせて下さい。誰か見知らぬ人に実験台になってもらって、この能力が本当かどうか試したいのです。このアドレスに....
と言う物。
おいおい、SF仕立てかよ、と思って爆笑してしまった。

似たパターンでは
私は肛門科の女医です。何万人に一人という黄金のアナルを探しています。あなたのアナルを見させて下さい。このアドレスに....
というトホホ気分満載の物もあった。

で、これらのメールで引っかかる人ってどれくらいいるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月30日の出来事(知泉)

国立競技場落成記念日
マフィアの日
☆みその日   [毎月30日]
3月30日の歴史的出来事
3月30日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

総アクセス数3万人突破!

文章とは関係ない食玩
0000_2総アクセス数、3万人超えってことなんですが、始めて3ヶ月でこの数字は多いのか少ないのかは不明ですが、最初の1ヶ月目で1万人、実は最初の時からずっとアクセス数は横ばい状態っす。
という事は、新規開拓って事が出来ていないということなのか。
しかし、私のくだらないヨタ話とか焦点の定まっていないようなあっち飛んでこっち飛んでのブログにお付き合い下さいます皆様ありがとうございます。


先日、友人と「それなりのアクセスあるのに盛り上がらないのは、1つのテーマに絞り込んだブログじゃないからだろうね」という話をしてましたが、確かに同好の士ってヤツが集まるブログはそれなりに活気がある。
ところがこのブログと来たら。
密度がその都度、全然違っていて、あきらかに流しているよなぁという時と、密度濃く調べて書いているじゃんてな時がある、ま、週末にしか密度が濃い文章書けないんですけれどね。

0000多いか少ないかが不明って、普段は別段数字はあんまり見ていないんですが今日たまたま見た処、3万をちょうど数名ほど超えた処だったワケで。
ちなみにメルマガの読者はここの処、1万400人前後をうろうろ(最近は毎号、着実に人数減っていますが)
サイトのアクセスは知誕Wikiは1日、7000〜13000ぐらい、サイト表紙にはおおよそ10000ぐらいって感じで、それなりだとは思うんですが、基本的にはデータや雑学を読む場所であって、何か書き込みをする場所って感じではないかもしれないっす。

基本的にメールでも書き込みでもほとんどが「間違っています」という物。
メルマガに関しては、メールの95%は「間違い」「文章おかしい」で、残りの4%が「書いてあった雑学の詳しい説明お願いします」、そして1%が「おもしろかったです」みたいな状態なのは、創刊時からほとんど変わらないので、なんか批判されるのには麻痺しちゃった感じ。こりゃよくない傾向っすけど。
でも、批判も「しっかり読んでくれているからこそ」と受け止めております。(と言って、あまり受け取りたくはないですが)
なにはともあれ、これからも過大な期待はせず、よろしくお願い痛し増すです。

こういうネタにも「誤変換です」ってメールが来るんだよなぁ....

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月29日の出来事(知泉)

マリモの日
八百屋お七の日
肉の日    [毎月29日]
3月29日の歴史的出来事
3月29日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

膳問答

先日、スーパーで弁当を3個買った。
その時、レジの若い女性(たぶんアルバイト高校生)が「箸はどうしますか?」と聞いてきたので、何気なく「三膳お願いします」と言った。


自分の良くも悪くもある部分に「フランクな話し方が出来ない」というものがある。
よくコンビニなんかでも、レジに弁当をどんと置いて「温め!」と一言だけ告げるナイスガイがいますが、あれなんかは真似したくても出来ない。
別に育ちとかではなく、横柄な言葉遣いが苦手なので「弁当の温めお願いします」と主語述語をちゃんと言ってしまうのだ。先に「温めますか?」と聞かれた時も「お願いします」と。
それが普通だと思うんだけど、そー思っていない人も多々いるみたいで、接客業も大変だなぁと思ってしまうのだ。

以前、某建築関係の仕事を短期間していた事があって、そこで現場の人々と打ち合わせする時にも普通に「ですます調」で話をしていた際に「杉村君は堅すぎる」「場に合わない」と指摘された事もある。確かに郷にいれば郷に従えってのは解ってるんですが、こればっかりは。

で、話は最初に戻るけれど、そこで何も意識せずに「三膳お願いします」と言ったのだ。
その次の瞬間、レジ係の若い女性が「は?」と聞き返してきた。
あぁ聞き取れなかったのだな。確かに自分の声は細いので聞き取りにくい事があるかも知れない、と思いもう一度「三膳お願いします」と言い直したのだ。それも出来る限り明確に。
しかしレジの若い女性は再び「は.....?」と要領を得ないという風情の表情を作って聞き直してくるのだ。

その時「確かに自分は今解りやすい音量、明確な発音で箸を三膳お願いしますと発音したハズなのだ。いや待てよ、思った以上にこのスーパーは音が煩くて、自分の方ではそうでは無いがレジ側からは聞き取りにくいのかも知れない。確かに自分の立っている場所の斜め後ろには自動ドアがあるので、偶然そのドアが開いた瞬間と自分が発音した瞬間が合致して外部の音が彼女の耳に大きく響いていたのかも知れない。そうだとしたら聞き取りにくいという事も考えられるかもしれない。でも、自分の記憶する限りではその瞬間そのような事は無かったと思われる。いや思われるといっても完全に断言できる話ではない。しかし多分そんなに煩い状況ではなかった事は確かなのだ。そうなると別の要因が考えられる。自分が思った以上に声が出ていなかったとかそんな事もあるかも知れないが、彼女との距離はそれほど離れているワケでもないし、その瞬間は当然のことながら彼女はこっちの発っする言葉に対して注意していたハズなので聞き取れなかったなんて事はないんじゃないか」と0.1秒ぐらいの間に思案を巡らせた。

そして結論として「あ、箸3本ください」と切り出した。
すると彼女は何事も無かったかのような晴れやかな表情で「ハイ、3本ですね」とレジ脇にある割り箸をカゴの中に入れてくれるのだ。
どうやら「3膳」という箸の数え方を知らないのではないか?という状態なのだ。
う〜む。

箸の数え方の豆知泉
箸は基本的に「一膳(いちぜん)」と数える。が「一揃(ひとそろい)」「一具(いちぐ)」も可とされている。
今回の雑記にあった「一本」という言い方は基本的にはしない。というのも箸は二本でひとそろいという考えなので一本では用をなさない。
そもそも日本で箸が使われた当初、長い竹を途中で曲げた物をピンセットやトング(パンなんか挟むヤツ)みたいにして使っていて、奈良時代後期あたりから現在の箸が一般的に使われるようになったらしい。
で、当時は「一具」あるいは「一隻」「一双」「一株」「一囲」などと言っていたとの事(当時の文献では)。
鎌倉時代になって個人用膳という意識が発達して、一つの膳に一対の箸が添えられるようになって、箸の事も「膳」として数えられるようになったとされています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月28日の出来事(知泉)

シルクロードの日
スリーマイル島記念日
にわとりの日 [毎月28日]
米の日  [毎月8日・18日・28日]
3月28日の歴史的出来事
3月28日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

発掘!自分の古文書

(前日の雑記「ヅラといつまでも」に関して)
インターネットでサイトを構築し始めてから早8年が過ぎ、現在9年目に突入している。まさかこんなに続くとは思ってもいなかった。
それなりに有名に(ごく一部の雑学マニアに)なったのは、内容って事より、古くからやっているからってところが大きいんだと思う。
1998年当時に存在していた個人運営サイトで今も続いている所は本当に少なくなってしまった。


で、サイト知泉ですが、その公開1年前から地味に発表せず自宅HD内で作り続けてきた。
何にも中身が無い状態で「これから作りますのでよろぴく」なんてのはあんまり見せたくないので、ある程度のボリュームになった所で…、と考えていた。
だから実際には1997年からの文章がこのサイト上にはある。
と言いつつ、その中にはそれ以前のパソコン通信時代に書いた雑記やら、雑学ネタなども多々あるので、もっとも古い物は1995年ぐらいの物。つまり、自分が書き散らしてきた10年分の集大成なのだ。

と思っていた所、もっともっと古い文章を見つけてしまいました。
実は1980年代のパソコン通信すらなかった時代に「何か自分の書いた文章を他人に読ませたい」「ムリヤリでも読ませたい」と思い立ち、コピー雑誌を創刊し、友人などに送りつけていた。といっても、1・2年に1冊というペースで。
それの、1990年頃に書いた文章を今回見つけてしまったワケですが、その発見した場所が古いパソコンHD内とか、しまい込んでいたFDの中にではなく、まったく知らない人のサイトの「エッセイコーナー」で。

その文章は個人雑誌に掲載後、1993年頃にパソ通でも発表した事があって、その後このサイトが始まった当初「月刊ペースで文章を発表するコーナー」に掲載した記憶がある。(数ヶ月しか続かず、半年ぐらいで削除した)つまり、その時にコピぺされた物が勝手に...と思っていた。
が、コピぺ先の文章を読むとラストに「蛸/TACO」と言う署名が入っている。
実はこれ、パソコン通信時に使用していたハンドル名。つまり、そんな古い時代に書かれた、しかもパソ通なんていう極限られた人しか見ない場所にあった文章なので「解りっこないさ」って感じでのコピぺだったのかも知れない。

と思いつつ、その文章が掲載されているページの目次へ移動すると、その文章の所に『□□□□□□誌・1999年6月号掲載』などと書いてあるのだ。で、どうもそのサイトの運営者はライターをしている人物らしい。しかも、それを自分の文章ってことで雑誌に掲載しちゃっていたのか?

でも、コピぺされた文章の中で、ちゃんと自分のことを杉村って言っているし、仕事に関する話も書いている。
オリジナルタイトルは「ヅラといつまでも」だったんですが、そのライターはスノーボード系のライターでタイトルを「ヅラとスノーボード」に変えている。本文中にスノーボードの話題なんて全然出てこないんですが。
なんか「むむむむむ」と、うなってしまう状態なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月27日の出来事(知泉)

桜の日
仏壇の日  [毎月27日]
交番の日  [毎月27日]
ツナの日  [毎月27日]
3月27日の歴史的出来事
3月27日生まれの著名人

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

ヅラといつまでも

※この超長文はたぶん1991年頃に書いた文章でやんす。ひょんな事から発掘されたので再録。その経緯に関しては翌日の雑記にて
●男の悩み●
男ばっかが何故こんなに悩まなくてはいけないんだぁぁ!男達が何を悪いことをしたのだぁぁ!おぉぉぉと嘆いたり、およよよよと泣き崩れたり、うひょひょひょと危機感を抱かなくてはならない問題に「頭髪」ってのがあったりする。
専門用語で言うところの「ハゲ」なんですが、これは男の悩みの中でトップクラスに位置する事なんじゃないかな。「俺、もしかしたら将来ハゲないか?」と悩んだり「ちょっと薄くなってきたんじゃねぇのか?やべぇなぁ」とか「俺ンち、親父もそーなんだよ、遺伝の事を考えると夜も眠れなくて寝不足のせいで毛が抜けそうだぜ」とか、男なら誰だって悩んだ事があると思う。
みなさん、ありますよね。悩んだ事がない人がいたら手をあげなさい。そうですか、判りました。そーゆー人はあっち行ってなさい。関係ないから。


毛ってヤツは、あるのと無いのとでは、とにかく人相がガラッと変わってしまう場合があったりするんですよね。
かつて、かの初代ジェームスボンドでおなじみのショーンコネリーが日本のCMに出たときはビックリしましたよ。たしか乳酸飲料かなんかのCMで(何故そんな仕事を?)ウサギのぬいぐるみと一緒に「ビヨビヨビヨグ〜ル!」とかって歌うヤツがあったが(何故?何故そんな仕事を?)その時のコネリーったら映画で見るボンド役のコネリーとは、まったく違う人だった。
それまで噂では聞いていたが、すっかり風通しのいいヘアスタイルで出てきたんですよ。それも「ビヨビヨビヨグ〜ル!」とか歌いながら。
私ゃたまげましたよ、そのCMの内容ともども。
映画の中でカツラをかぶっているのは、あくまでも役作りの為だったワケで、普段は開けっ広げで風通しのいいコネリー君だったのだ。しかし普通の生活の中で、カツラをしている人っていうのはあくまでも奥ゆかしくて「ボクちゃんカツラだよ〜ん」とか宣言をせずに、じっと蒸れるのにまかせていたりするのだ。

「俺は地道に縁の下の力持ちとしてご主人様の弱点をおぎなっていくのだ!」とか、まるで大和撫子のように「3歩下がってハゲを隠す」と言う人生を、ひっそりつつましやかに歩んでいるのだ。
だが、本人は気づかれていないと思い「ふふふ〜ん」とかしているのだが、他人から見るとなぁんか不自然だったりするのだよ。それが、たとえば完璧なツルリン君でどこを取ってもカツラ状態だったら気が付かないパターンもあるかもしれない。だが、多くの場合が現存している頭髪と擬装用の頭髪が渾然一体となり、激しい責めぎ合いを、バトルを繰り広げていたりする為に、実際の髪の毛との差異がどことなく漂ってしまうのだよん。

たとえCMで「水洗いが出来る!」と叫びながら力強く藤巻潤が海から上がってきてシャンプーを始めようとも、「俺は役者馬鹿だ!」と藤岡弘がヘリコプターの強風に煽られながら笑っていても、普通の何も事件が起こらない生活の中で、ただ太陽光線の下に出てしまうと素直に「世間の目はごまかせても、おてんとう様の目はあざむけねぇぜ!」状態になってしまったりする。微妙に光り具合が違ったりするのだ。

でも、誰も「あんたカツラでしょ?」とは言わない。言えない。暗黙の了解の中で時間は過ぎていく。みんな大人だから。その点、子供は馬鹿だからカツラだと判った途端に大声で「カツラだ!」と言うかもしれない。
だが、子供はさらに馬鹿なのでカツラを見破れない。これで世間はとりあえず丸く収まっているのだ。でも、本当にカツラがバレバレの人が身近にいたりすると精神衛生上キツい物があります。意識しない様に、意識しないように、と過大な意識をしている為についつい視線がそっちに泳いでいってしまうのです。
●ある日突然●
実はボクが勤めている会社にも、逃げも隠れもしない(隠しはしてるが)カツラさんがいたりするのです。これがバレバレ。と言うのも当たり前で、彼は23歳ぐらいの時点で完全に顔半分前に頭髪が無いぞ状態だった。それを前髪を前面に送った状態でとりあえず隠していたのだが、元々髪の毛が豊富にあるワケでないので全体にぺったりとして、世間一般でジャンル分けされれば素直に「ハゲ」と言われる人だった。

その人が、密かに「カツラな人生を歩もう」と決意したのだな。
しかし普通だったら「8段階マープ増毛法」とか言って、気づいたときにはあ〜ら不思議みたいな感じで増えていくパターンを選ぶのだろうが、この人の決心は半端ではなかった。ある日の月曜日の朝、突然60%増量!値段据え置き!!(当社比)みたいな感じでどどーんと髪の毛が増えて、まったくの別の人になっちゃっていたのだ。
本人は「やったぜ!」みたいな顔つきで堂々と自分の席に座っていたのだが、困ってしまったのが周りの人々。どー対応していいのやら、悪いのやら。しだいにその人も周りの視線を意識し始めて、仕事中も周囲をチラチラ観察して落ちつきがなくなっちゃってんの。困った。

僕はその人とは席が離れていたのだが、仕事の関係でどうしても会話しなければならない時があったのだが、向こうが僕に仕事の説明にきた時なんか「ここをこうして、この図形が前面に・・・」などと向こうが机に置いた指定紙を指さして説明している時に、ついつい覗き込むようにしてしげしげと頭部を見てしまったりした。悪いとは思うが「おぉ、そうかそうか、これが噂のあれか。やっぱツヤが違うな。うんうん」とか観察してしまったりするのだ。
ある日、パートのおばさんが2人、彼にまったくない関係ない話を、たまたま彼の方に向かって笑いながらしていたところ、突然!彼が怒り始めて「こっちを見ながら笑った!」とか、言い出したんですよ。それ以前は実に大人しい青年だったんですが、あの日を堺に突然いちゃもんを付ける挙動不審の人間になってしまった。

ある日、僕が仕事でマックを使って地図を書いていた時のこと、その地図の指定に書かれていた店の名前がファックスで届いた原稿の為か読み難くなっていたのだ。ちっちゃな字で書かれていて潰れちゃっているのと、ゴミにないな物も点々とあったもんで。その店の名前が「ハゲーラ」なのか「パゲーラ」なのか判別できない。
それの担当者というのが運悪く、例のカツラ君だったのですよ。でも仕事だもんなぁ。聞かない訳にもいかないしなぁ。と、意を決して行ったのだ。
「すいませ〜ん、この店名の字なんだけどパゲかバゲか判らないんすけどぉ」よりによって、そんな聞き方ないだろ?みたいな感じで聞いてしまったのだ。彼はその私が差し出した紙を「チラ」と見ると顔も上げずに「ハゲーラ」と一言。すまんすまん。

そんなに気になるんならナチュラルになれよ。と言いたくなってしまった。いぜん、別の所で某氏に親切心で後ろの髪の毛がちょんとハネていたので「ねぇ髪の毛ハネてるよ」と教えてあげたのだが、「ハゲてる」と聞き間違えたらしく、日頃から薄いのを気にしていた某氏は大声で「判ってるよ!」と言い放ちその場を立ち去るというのもありました。

ニュースで聞いたのでは、生徒に人気があってみんなでワイワイやるのが好きな先生がいて、いつもの様に授業中にギャグを飛ばしていた時、一人の生徒がそんなに深い意味もなく「ハゲ」と言ってしまったのに逆上し、そこにあった椅子を生徒めがけて振り下ろした。っていうとんでもない事件もあったしな。
それぞれ心に傷をもって生きている。

●悲劇は唐突に訪れる●
実を言うと杉村も「ハゲ」経験者なのです。確かに中学ぐらいの頃から「杉村は髪の毛が細くて軟らかいから、将来絶対にハゲるよな」と友人にも言われ続けていて、けっこう自覚してました。ずっと危惧していましたよ。本当に「猫ッ毛」というヤツで、ムースなんかを付けないとフワフワしちゃって、これならいつ抜けてもおかしくない。と言う感じだったんで。
ところがどーだい!それから15年以上経っているけど、未だに健在だぞ。白髪は増えたけどさ。同窓会とか行くと密かに「ふふふ勝った」とか思ってしまうのだぞ。

それは、ある秋の日の出来事だった。前日からやけに熱っぽくて、とうとう我慢できなくなりその日は会社を休んで水マクラをして寝ていた。いつまでも熱は下がらず、ぼぅとした意識の中で水マクラの冷たさに身を委ねていた。
その時、頭を水マクラ上でウリウリと移動し続けていくと1つの最高に冷たさを感じるポイントを発見したのだ。「おぉこれは!」これが冷たさのツボに違いない!そうに違いない。そうだそうだ!僕もそうだと思います。賛成賛成。一同賛成の声。と、熱でうなされながらぼんやりと考えていた。

・・・・ふと変な胸騒ぎがした。なんか異様に冷たさをダイレクトに感じているんじゃないか?頭に当てていると言うより、肌に直接水マクラを当てているような冷たさじゃないか?おそるおそる、僕はその冷たさを一番感じるポイントに手を伸ばしてみた。

無い。

無いのである。


そこには普通なら、通常の人間ならばツムジってヤツが存在して、髪の毛がグリグリと渦をまいている場所なのだ。確かに毛は生えている。が、ほとんど地肌のような手触りなのだ。僕はあわてて起きあがり洗面所へと走った。そこにあった2枚の鏡を使って、なんとかそのツムジ周辺を写した所、驚愕すべき事実にぶち当たってしまった。
「ハ・・・ハゲてる!」ががーん!!
そうなのです。そのツムジ周辺がツムジと名付けるにはあまりにも過疎化され、肌色になりつつあったのです。こ、こりゃいったい?

で、よく考え直した所、最近いろいろと私生活上で事件があって少し疲れ気味だったのですよ。考えすぎたり頭を使って。きっと神経的なものに違いない。そうに違いない。そうだそうだ!僕もそうだと思います。賛成賛成。一同賛成の声。と無理矢理、自分に言い聞かせた。そうじゃなくてナチュラルな物だなんて考えたくなかった。
確かにヘビーな毎日を過ごしたせいで、少し前から胃潰瘍ぎみで、ついこないだも胃カメラを飲んだばかりだった。最初、胃方面がジクジク痛むので医者に行った処「胃潰瘍かもしれませんね」と言うことになって、ヨーグルト味のバリウムを飲んだりしたのだが、ハッキリしたことは判らなかった。と言うので、胃カメラを飲むと言うことになったのだ。

胃カメラってこのときが初体験でちょっぴり期待と不安。ちょっぴりぃ恐いんですけどぉ、痛いのは最初だけって彼が言うんですぅ。と好奇心に震える乙女のような面もちで胃カメラに望んだ。たしかに口から物をグニグニ入れて行くって言うのはまともな状況じゃないっす。歯医者にいって奥歯をいじられただけで「オエッ」となってしまうのに、さらに奧まで物を突っ込むわけですよ。苦しくないワケがない。
しかし問題は苦しいだけではなかった。の中にカメラが到着した後は、苦しいのは収まるのだが、胃の中に異物
が入っているという感覚があり、さらにカメラが胃潰瘍の部分を探し出すために胃の中でカメラの首部分がキョロキョロ動くんですよ。その感覚も当然伝わってきている。
これって、たとえるならば「今まさに胃の中からエイリアン腹をつきやぶって飛び出す」その直前って感じ。凄くイヤな感じがする。もう二度と経験したくないって感じ。

ま、そんなこんなもあって、このハゲはきっと精神的な物に違いない。と、確信したものの、日常の生活の中でどーしたらいいものかと考えたのです。まだ「俺ってサー。ハゲてんだぜー!」と笑いを取るまで人生を達観して
いない。往生際が悪いのである。

以前、友人と「将来ハゲはじめたらどーする?」みたいな話をした事があったが、その時に杉村はこう断言した。
「ハゲちゃったら変に隠そうとして、スダレとかにしちゃうのって惨めでしょ。そーなったら俺は全部、剃っちゃうもんね!ユルブリンナーな人生を歩んじゃうもんね!」と、実に力強く宣言していた。
人間とは弱い生き物である。

そこで、取りあえず現状を打破する手段はないか!と自問自答の末に導き出した答えが「毛生え薬」ってヤツを購入するのだ!と言う結論だった。

●良心的な店を探せ!●
まさか自分の人生の中で、そんな物を購入する事態に直面するとは、ついさっきまで思いも付かなかっただけに、薬局に行くのにさえ勇気が必要だった。
最近、スーパー形式のやけに巨大で明るくて品揃えが豊富なチェーンの薬局が増えてきたが、その手の店は今回はパスすることにした。いわゆる「毛生え薬」を購入するには明るすぎるのだ。私の場合まだとりあえず上から覗き込まないかぎりは薄いって事も気づかれないような状況なので、なるべく誰にも知られずに購入する作戦を考えていたのだ。

もし、この手の店で「毛生え薬」と言う、特殊な薬を手に持った瞬間から、誰の目にも一目瞭然「この人はハゲで悩んでいる」と言うのが白日の下にさらされてしまうのだ。客が多い分、知り合いに会う確立も高い。私は本当にそこまで人生を達観していない。さらに、この手の薬局はレジ係が若いお姉ちゃんと言うパターンも多い。
別に犯罪を犯しているワケでもないし、ここで薬局のお姉ちゃんにハゲと言うがばれたって、人生に支障をきたすワケでもない。向こうだって仕事だ。色々な客が来る。わざわざ「ねぇねぇあの人毛生え薬買ったのよ」などと同僚に報告しないのも判っている。だが、そのお姉ちゃんにでさえ杉村のちっちゃなハートを痛めているささやかな悩みをしられたくないのだ。

ふと、この毛生え薬を購入する。と言う行為が別の物を購入する場合と類似しているのに気が付いた。かつてスネークマンショーと言うのでネタにされた「コンドーム購入」に類似しているのだ。
しかし、コンドーさんの場合はいざって言うときには自動販売機って言う強い味方があったりする。真夜中、いざって時にでも買える自動販売機。ちっちゃな子供だって買える自動販売機。ま、最近は真夜中の場合でもコンビニエンスストアに売っていたりするけれど、そのコンビニに対抗しようとして自動販売機がサービス過剰になったら困ってしまうな。こっそり真夜中、誰にも知られないように買いに行ったのに、ジュースの自販機みたいに「まいど、ありがとうございま
す!」とか明るいお姉ちゃんの声で言われたりしたら恥ずかしいったらありゃしない。
さらに「ピコピコピコピコピコ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピーンッ!」真夜中の静まり返った通りに電子音が響きわたり「もう1箱当たり」が出たりしたら、なお恥ずかしい。

ま、そんなワケでふとそーゆー事を思い出して「そうだ!コンドーさんを購入する時の恥ずかしくない店4箇条を応用するのだ!」と言うことに気が付いた。
1.自分の住んでいるエリアから程良く離れた店
2.小さくて外から中があまり見えない店
3.基本的に客がいない店
4.枯れたじいさんか、ばあさんが店番をしている店
と、この4箇条を思い出した。

まずは自分の家から離れていると言うのは重要。別に犯罪を犯しているワケではないし、コンドーさんを買うのは男の身だしなみ。当然の義務なのだが、なるべくなら知っている人には知られたくない。それはコンドーさんだろうと、毛生え薬だろうと同じ事なのだ。
次に小さい店。さらに外から中が見えないと言うのも重要。やはり家から離れていたとしても知り合いに会わないとは限らない。その為の二重の予防措置なのです。とりあえず店の表側のガラスには中山美穂とか小泉今日子とか鷲尾いさ子とかタモリとかのポスターがベタベタ貼ってあって中が見えないと言うのが良心的な店なのだ。
そしてさらに基本的に客がいない店。当然ながらそのブツを購入したと言う秘密を知っているのを最小限度の人間にとどめておきたい。

最後のじじばばの店番。これが最終的にコンタクトを取る人物としては重要。これが若い女性の場合が一番恥ずかしい。恥ずかし度合いを、若い女性が「10」とするなら、次あたりに位置するのが中学生ぐらいの子供がいそうなおばさん「9」真っ昼間なんかにコンドーさんなんかを購入しようものなら「まっ!」とか思われそうで嫌っす。かなり昔、それでも年齢的には大人になっていたときコンドーさんを購入しようとした時に、思いっきり「まっ!」みたいな顔されてしまった経験がある。たしかに外見は若く見えて、当時も学生服を着たらそのまま高校生と言われそうな顔してたんだけど。
次がおにいちゃん「6」これは「いやいや、お互いどうにもこうにも大変っすねぇ」と言う感じで、照れつつも気持ちは一つ!みたいな感じがある。次がおやじ「3」この辺りだと、純粋に商売と言う意識もあるので、別にやましい気持ちも起こらずに堂々と買うのだ!と胸を張ったりする(張る必要もないが)で、最後がじじ&ばば「1」もう枯れきっちゃって「若いモンはええのぅ」ぐらいで、こっちも何気なく買えたりするのだ。

●フェイントじじい●
しかし、盲点もないわけではない。昔、コンドーさんを購入しようとした時に、その手の優良店を発見して意を決して店の中に入った時の事だった。店内では店番をする枯れきったおじじが一人。よし!第1段階クリアだ。これで勝ったも同然!と思ったのだが、目的物のコンドーさんが見あたらない。
ふと、おじじを見るとその、おじじの後ろ側の棚にいくつも陳列してあるじゃないすか。で、あんまりこーゆー物を購入するときは店の人とも口をきかず、目を合わせず迅速に購入!、と言うのが最大の理想なのだが、背に腹は代えられない。こっちは切羽つまっているのだ。ここで買わなくてはいけないのだ!と意味不明に焦ってしまった。

そして、ついに「すいません、それを下さい」とじいさんの後ろの物体を指さす私であった。じいさんは「あぁ」と小さくうなずいたかと思うと「どれがいいかな?」と丁寧にカウンターに全商品を並べ始めたのだよ。「げげげーっ!」これでは逃げるに逃げれない。ここに別の客が入ってきたら、カウンターに大量のコンドームを並べて吟味している男になってしまう。

僕はあわてて、その中で値段の手頃そうなのを示し「あ、これ」と平板な口調でじいさんに告げた。と、それで問題は解決したかの様に見えたのだが、じいさんはその箱を持ち上げて、その箱に書かれている文字をじっくりと眺め始めたのだ。「おぃおぃ早くしろよぉ」私は心の奥で大声で叫んでいた。しかし、じいさんはそんなの全然気にする様子もなく、文字をひとつひとつ目で追っていた。この間、実際には5秒ぐらいだったろうか、だが僕には5分にも感じていた。
もぉぉぉん、早くしてぇぇぇん。などと腰をくねらせて、おねだりをしたかった。
と、じいさんが突然カウンターから立ち上がった。
「おっ!」と思った次の瞬間、コンドーさんの箱を持ったまま店の奧に「おーい、これいくらだっけ?」と叫びながら消えていってしまった。僕は、カウンターの上にずらずら〜っと並べてある選ばれなかったコンドーさんと共に置き去りにされてしまった。
「・・・・・・・」

さらにまずい事に、この閑散としている店に客が入ってきたのだ。しかもおばちゃん。「あちゃ〜っ」と思いつつ、ここはなんとかごまかさないと。と考え、こ
ういう場合の常套手段で近くにある商品を手に取り「僕ちゃん関係ないもんね〜」的なポーズをとった。
この店は前述の項目の通りに狭い店なので、おばちゃんの視界にはすでにカウンターにずらっと並べてあるコンドーさんが入っているハズである。
そのカウンターの前には挙動不審の男。「まっ!」とか心の中で思っているハズである。もうバレバレなのだろうが「僕はただの通りすがりの者です」と言った顔で、身近にあった商品を手に取りその箱に書いてある文字などを読んでいた。
「えっと・・・・なる程、滋養強壮剤かぁ・・・・何々・・・」と、そこまで読んでさらに焦った。

手に持っているのはユンケル。しかもスーパー皇帝液!私はカウンターにズラズラッとコンドーさんを大量に並べて、栄養ドリンクを選んでいる完璧挙動不審の男に成り下がっていた。やべーっと思っていると、やっと店の奧からじじいが・・・・・・じじいじゃない!出てきたのは20代の女性。
じじいの孫娘といった感じの女性。
私は赤面しているのを感じながら、代金を払って逃げるような感じでそそくさと店を後にした。

この様に用意周到で入った店でもフェイントをかけられる事もある。だから(やっと話は元に戻る)毛生え薬を買うのにも気を抜けないのだ。毛が抜けてしまう程に気が抜けないのだ。

●薬局のおばば●
そこで、昔コンドーさんを購入した事もある店を選んだ。ここは入り口に中山美穂や小泉今日子が並び、店先にはタモリの旗が揺らめいていると言う、最大限に良心的な店なのだ。
その日、僕が入っていくとばあさんが店番をしていた。その薄暗い店内をゆっくり見渡すと、カウンターの右側にいわゆる毛生え薬系の黒い容器がいくつか並んでいるのが判った。

静かに確認をし、とりあえずフェイントの風邪薬などを手にし、本題を吟味する事にした。
「私は基本的には風邪薬を買いに来た客なんですよ。たまたま、店の中に毛生え薬なんで物が置いてあるから、へぇ〜こんなに種類あるんだぁって見ている客なんですよ。あくまでも買いに来たのは風邪薬なんですよぉ」と言う、設定でいどんでみた。
しかし、この毛生え薬業界というのは私にとっては初参入の場なので、どれが良いというのが判らなかった。ちまたでは(当時)109とか言う中国製の毛生え薬が利くとかって話を聞いていたのだが、あれは品薄でこんな場末の薬局にまでは登場していないようだった。

ま、ここは一発CMなんかでネイムバリューのあるヤツの中から最高峰を選ぶのが無難なのだろうな。
「うむ」と考えたが判らない。
それは当然の事で、周りで仮に使用している人が居たとしても「よかったよ」などとは言わない。そんな事を言った瞬間にハゲで悩んでいると言うことを世間様に知らせている事になるのだ。しかも、薬に頼っていじましいヤツと思われてしまうのだ。そんな事は誰も言わない。

そこで僕が手に取ったのは「不老林・フローリン」と言うヤツ。なんかしゃれた名前じゃないっすか。
よしよし。と、僕はそれを手に取ろうとした瞬間、店の奧にジッと潜んでいた店番のおばばが鋭く言い放った「それよりシデンカイっての方が利くって話だよ」なんと言うことだ。

僕は今日の今日と言う日まで、店の人間とはなるべくコミュニケーションを取らないように行動をしてきたのに、こんな場面で店の人の温かい言葉を聞くとは・・・・・。
くぅぅぅぅ!僕が今まで歩んできた道は間違っていたのかぁぁぁぁ!そして僕はそのおばばの言葉を信じて、その「紫電改・シデンカイ」と言うちょっと戦争臭い名前の毛生え薬を購入したのです。

おばばよ!この次また毛生え薬を買わなくてはならない時が来たら、この店に買いにくるからな!それまで死ぬなよ!と、心の中で泣きながら店を出た。

そして家でさっそく説明書通りに試してみた。毛根に染み込むように、付けた後でマッサージを施す。ま、この手のはそんな簡単に成果は出てこないから長期戦になるのかなぁ。とか思っていたが、困った事になってしまったのだ。
とにかく臭いのだ!
あの親父達が好んで付けるコロンとかポマード臭いのだ。昔っから、あの手の臭いって大嫌いで、何であんな臭いしてて大丈夫かな?と思っていた。そんなにおいのする液体を今、自分が自ら進んで頭に染み込ませているのだ。うぎゃぁぁぁ!くせーっ!

昔はきっと、あーゆーにおいを付けている人には、そのにおい自体は判らないものなのだ。と考えていたが、付けている自分もクサイとやはり感じるのだ。これは本当に参った。
結局、本当はそのまま寝て染み込ませるのが正しい毛生え薬の道らしいが、僕はどうにもこうにも我慢できずに寝る直前に頭を洗ってしまった。
くぅ、毛生え薬の道は厳しい。

ま、その毛生え薬が効いたのかどうかはよく判らないが、胃潰瘍が治ったの同時期に頭の方にも新しい毛が生え始めて、なんとかツムジもツムジとして認識できる物になり、今にいたっているのであります。

蛸/TACO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月26日の出来事(知泉)

カチューシャの歌の日
風呂の日   [毎月26日]
バングラディシュ独立記念日
3月26日の歴史的出来事
3月26日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

統計的嘘

000_6メルマガ(知泉-No.737)の中でこんな雑学を書いた。
☆ナイキが有名になったのは、ミュンヘン五輪アメリカ予選の時、選手に靴を提供し『トップ7人のうち4人までがナイキの靴を履いていた』と広告を打ったことから。しかし1〜3位までの選手はアディダスを履いていた。


これなんか統計的な事実を書いた上での見事な情報操作って事になる。実際、どこにも嘘は書いていないのでクレームをするべき点は無い。
ツッコミをする余地はあるけれど。

000_780年代初頭、コーラ戦争でペプシはコカコーラから思いっきり差を付けられた。
確かに自分としてもあの時代「えぇ?ペプシぃ?」てな感想を持っていたような気がする。
実はペプシは70年代にはコカコーラを上回るほど売れていたような時期もあったハズだが、80年代初頭には見る影もなく落ち込んでいた(ハズ)。
で、そこで奇策として出たのがペプシのCMで「街頭で銘柄を隠したコーラ飲み比べをしてもらいました」という物。

そしてCMのラストでは「40%の方がペプシを選びました」とか言うセリフで終わっていた。数字はもっと少なかったような気がするんですが、結果としてペプシが50%を上回ってはいないけれど、CM的には「みんなが言うほどコカコーラより不味くはないじゃん」という事を伝えたいんだということがよく解ったワケで、もしかしたらあれが日本では珍しいTVコマーシャルでの比較広告第一号ではと思ったりもするのだ。
といいつつ、当時は「あのペプシじゃない方ってドクターペッパーだろ」とか「メッコールだよ」とか言われていましたが。

統計って事では、ちょいとしたカラクリがあるのがNHKの好感度調査。
あれを見ていると、上位1〜5位辺りには熱狂的なファンが多い人が挙げられているけれど、9位10位辺りにはそれなりにTVで見かけるけれど「へぇそんなに人気あるんだ」という人が入っているケースがある。
実はあの調査は「あなたの好きな芸能人の名前を男女3人挙げてください」という列記方法。

そう言うのに積極的に参加しちゃう人はまず第一に本当に好きなタレント、2番目にもそれなりに好きなタレントを記載する。で、3番目辺りには「それなり」な人を記載する。
あるいは熱狂的な芸能人がいる場合は、2番3番にはその人の順位を脅かさないような無難な人を書く。
あるいはさほど芸能人に思い入れがない人は、テレビでよく見かける嫌いではない人を思いついた順に書く。
さらに、男が男性芸能人を書くとき、女は女性芸能人を書くときも、無難な人を選びがち。
そうすると、熱狂的ファンは少ないけれど「無難でよく見かけるタレント」が票を集めてしまうのだ。

0001960年初期にビートルズがアイドル的に人気があった当時、イギリスの雑誌が「一番好きなメンバーは?」というアンケートをとりリンゴ・スターが最下位だった。
そこで「ビートルズの中で2番目に好きな人を投票すれば1位になる自信があるよ」とリンゴが負け惜しみとも言える発言をした事がある。
その後、その発言を受けてアンケート項目に「2番目に好きな人」を入れた所、言葉通りにリンゴが1位になったという。
つまり、1位だけを投票した時はリンゴは最下位だけど「ビートルズのメンバーで好きな人を2人挙げよ」というアンケートだと上位に来る可能性が大という事なのだ。
1番には才能や格好いいが来て、2番目には親しみやすいが来るというパターン。

1年以上前に雑記に書いたけれど、統計による情報操作でこんな結果を出すことも出来る。
「会社でコンピュータを扱える人材は、給料が安い」
現在の社会情勢の中ではあり得ないような結果ですが、実際こんな答を容易に導き出すことが出来る。
つまり、コンピュータに対して「よく解らない」という世代は40〜50代で、コンピュータをバリバリに使える世代は20〜30代という事で(必ずしもそうでは有りませんが)、扱える扱えないとは関係なく、会社組織の中では年齢差によって給料にも差がある。
つまりそこから導き出される答が
「(コンピュータを扱える人材)20〜30代は、(コンピュータを使えない)40〜50代より給料が安い」という事になるのだ。

その辺の統計的数字が必ずしもでは無いって事を把握して、情報を見ないと危険なのだ。
だって視聴率がいい番組が必ずしも面白い番組ではないでしょ(不特定多数に支持されているのと、自分の面白いは別問題)、オリコンチャート1位の曲が必ずしもいい曲とも言えないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月25日の出来事(知泉)

電気記念日
世界結核デー
ギリシャ革命記念日
3月25日の歴史的出来事
3月25日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

クラスで一番

かつて卒業アルバムで、問題を起こした少年達の写真を掲載しないで、そこの部分に花壇の写真を掲載して問題になった学校がある。
それなんかは学校側の悪趣味な判断だったんだけど、自分の高校時代の卒業アルバムでも危なく問題になりそうな事があった。


クラス毎の制作委員が作っていた写真ページでクラスメイトの写真をコラージュした物を制作したんですが(コラージュって言うほど大層な物ではない)、完成直後「あ、あいつの写真が無い」ということで、地味な人物の写真が未掲載だった事に気づき、慌てて修正した。
卒業アルバムに写真掲載されてないって、そりゃハチ(村八分の意)にされているって感じだよなぁ。

結局、生徒の自主性を重んじると「全体的」という俯瞰ではなく、制作メンバーの親しい連中が中心になってしまうのはしょうがないのかも知れないけど。

てな事で、先日愛知県の中学校が発行した卒業文集がちょいと問題になっている。
実はその卒業文章の中で生徒達が独自にアンケートを採った物が企画として掲載されていたんですが、それが問題ありでした。
自分なんかも小学校の時の卒業アルバムに、クラスのベスト3的な企画があって「冗談ばっかり言っている人ベスト3」とか「イタズラの天才ベスト3」とかに掲載された事ある(結局ただのお調子者)。

そこには「ゴキブリ並みの人」「ストーカーになりそうな人」「心の狭い人」等々の、かなりキツイ項目が並んでいたという。
これを見た保護者が中学へ苦情を入れて騒ぎになったんですが、中学校では「事前の点検が不十分だった学校側に責任がある」とコメントしている。
確かに悪趣味であるんだけど、今、普通に雑誌や芸人が出るバラエティ番組を見ていても、同傾向のアンケート形式の物が溢れている。
いわゆる「抱かれたくないタレント」とか「金に汚い芸人」とか。
つまり、編集した中学生はそれと同列のお笑い企画として考えたんだとは思う。

確かに芸能人の場合は、それに選ばれるってのはキャラが立っているって事だし、逆に誇りに感じる人もいるわけなんだけど、普通の中学生には厳しい部分もあるかもしれない。
その結果をネタとして笑えるような生徒とそうじゃない生徒は当然いるワケで、ただの弱い物イジメ的な方向にいってしまう可能性が無いとは言い切れない。
そこでの現状が見えないので何ともいいようがないんですが。

生徒の自主性は大切だけど、しょせん中学生、義務教育内なので先生の指導は十分必要だったのではと思う部分もある。
これなんかは、数日前に書いた「ノートに嫌なヤツの名前を記録しておく」以前の問題で、学年全員に配布された本に「ゴキブリ並み」と書かれて、それを各自保管しちゃうって事なので、10年後にふと読み返して、アルバム制作メンバーに復讐をする要因になっちゃうかも知れないのだ。

P.S.
卒業アルバムとは別に文集みたいのがあって、そこで何故か自分がクラスの紹介文を書くことになり、そこでとんでもない文章を書いた記憶がある。
与えられた制限文字数ギリギリまで、言葉のリズムだけで意味をほとんど成さない単語や陰を踏んだ言葉の羅列を書いた。しかも改行もなしで延々と続け、ラストに「というまとまりのないクラスです」と締めた。
当時前衛とは何ぞや?という事を考えていた時期でもあったんだけど、クラスメイトのほとんどが「なんじゃこりゃ」と激怒し、一部では「なんか凄い」と言われた。
国語の先生には「凄いな」と言われた。その「凄い」が褒められたのか呆れられたのか不明のまま今に至っているけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月24日の出来事(知泉)

マネキン記念日
ホスピタリティ・デー
かつおぶしの日 [毎月24日]
3月24日の歴史的出来事
3月24日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

1万項目越え

誰にも気づかれない状態でこっそり「知誕Wiki」の項目数が1万を越えた。
このブログだけを読んでいる方はご存じないかも知れませんので、ちょいと解説。
「知誕Wiki」とはネット上で展開する人名辞典(基本的に現時点では芸能人が中心)で、その人の過去の仕事一覧や賞罰などを年表形式にただただ羅列するスタイルで、それに付随した形でドラマの出演者リストなども完備するという物。
もっと簡単に言えば「Wikipedia」みたいな自由参加型辞書って事でやんす。
自由参加型と言いつつ、実際には現時点では自分は90%以上書き込んでいて、時々参加者がいるって状況でやんす。


確かに、Wikipediaと被る部分は多いし、先日もとある項目で調べ物をしているときに、某掲示板(2ちゃんねるではない)に「ここって年表形式になるらしいよ」「でもWikipediaに比べたらまだまだって感じ」「そもそもWikipediaのパクリだろ、後発で真似した物作ってもダメじゃん」的な会話がなされていた。
ま、そーゆー感想を持つのもごもっともでやんす。

とりあえず、誰にも届かないかも知れないけど、ここで声にもならない反論つーか、言い訳を致しますと、そもそも「知誕Wiki」の元になった芸能人の個人年表プロジェクトはすでに5年以上前(20世紀)にスタートしていて、その当時はその手のデータが閲覧できるサイトも少なかったので自分で知りたい情報を整理する目的で始めたものです。
それが徐々に量を増やしていったんですが、なんせ一人で作成するのには限界がある。いつか同好の士を集めてワッセワッセと人名年表辞書として大きくしたいと思いつつ、それ以外の作業に追われ日々を過ごしておりました。

それと同時に作っていた雑学辞書「知泉」ってのも同じような構想で、調べたい項目に関する解説や雑学が書いているページがあって、そこの文中にあるリンクから別の項目へジャンプして、延々と調べる&読み進める事ができる辞書っての作っていて、それも「いつかは複数の人間に参加して貰って…」と考えていた。(現在公開している物を見て貰えば、そんな感じが少しは理解できるかと思いますが)
そんな夢を見ていた7年か8年前。
で、2・3年程前、ネット上に「自由参加型の百科事典がある」と噂を聞いてそこを覗いてみると、そこに「Wikipedia」があったわけです。

そんなこんなで現時点では「もうあっちがあるから自分でやんなくてもいいじゃん」と思っている部分もあるんですが、どっかに差別化する部分を見つけて、別の方向に行こうと思っています。
向こうが百科事典なら、こっちは辞書レベルでいいと思ったりするワケでやんす。
とりあえず、雑学方面では事例や物に関しての項目はあるんですが、言葉に関しての項目は少ないみたいなので。
現在はまだ構築中ですが、こっそりと覗き見する事は出来ます。(書き込みも出来ますが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月23日の出来事(知泉)

世界気象デー
天ぷらの日 [毎月23日]
3月23日の歴史的出来事
3月23日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

セクハラ教師

3月12日に書いた「マスク of エロ」のマスクフェチ男(教師)の公判が開かれたのは3月10日なんですが、その同日、兵庫県でも教師絡みの判決が出ている。
かつて女生徒にセクハラ行為をした事で厳重忠処分から退職した男性教諭を、兵庫県が再び採用していたと言うことが判明した。その男性はその後6年教師として勤め退職金を受けとっているのだが、その総額が約9350万円となっている。


住民訴訟によって裁判になり、3月10日に判決が出ている。
「男性教諭の適格性を十分判断し得なかった県教委に裁量権の逸脱、乱用があった」と指摘していて再採用した事は違法だとされたが、給与などの支給に関しては「財務会計上違法ではない」と返還請求は退けられた。

で、6年間の給与&復帰後6年間勤めただけの退職金で教師って約9350万円も貰えるわけ?
まず、再就職することが違法なんだから、そっから先の給与だって違法所得なんじゃないの?って気もする。
普通の企業なら、何かの不正や事件を起こしたら絶対復帰なんか出来ないのに、ほとんど厚遇で再就職って状態。どっかおかしくないか?

覚醒剤やっても、覗きやっても、タクシー運転手に暴行しても「反省したんだし」とあっさりと職場復帰できる芸能界と同じような物なんですかね?
そもそも自動車の運転で事故を起こした場合、故意ではないとしても運転免許証は剥奪されるのに、教師の資格って故意に起こした事件の後も剥奪されないんすね。実にいい制度ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月22日の出来事(知泉)

放送記念日
国連・水の日(World Day for Water)
地球の日   [毎月22日]
3月22日の歴史的出来事
3月22日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ぼたもち or おはぎ

↓さて、ぼたもちでしょうか、おはぎでしょうか
00000_2近所のスーパーで「おはぎ」が売っていた。
そして別の店でも「おはぎ」が売っていた。
いわゆる雑学的には「おはぎ」も「ぼたもち」も同じもので、季節によって名前が変わるもの。ってのがあるけれど、季節的に言ったら現在は春分なので「おはぎ」ではなく、それは「ぼたもち」なのだ。


ぼた餅という物自体は鎌倉時代に形状として完成されている。当時は「かい餅」と呼ばれていたワケで『宇治拾遺物語』の中に「児のかい餅したるに空寝したること」と書かれている。
『徒然草』には酒の肴になると記されているので、甘みの少ない物だったのかも知れない。
この「かい餅」という呼び方は、中が軟らかいので「粥餅」と呼んだ物が変化した物とされている。

ぼたもちに似ている牡丹の花
0000語源的には「春に咲く花の牡丹に似ていることから牡丹餅→ぼたもちとなった」。そして秋は牡丹が咲いていないので、代打として秋に咲く萩の名前を付けたとなっている。
でもよく考えてみると、牡丹→ぼたもちは、大きく丸い花の形から連想されたってのは理解できるけれど、萩のどこが似ているって言うのだ?
萩の花はかなり小さく、それも細かく群生しているので、どう考えても牡丹の代わりに秋の花が選ばれたとは考えにくい。

おはぎには似ていない萩の花
00000_3多くの雑学書などでも季節によって変わると書いてあるけれど、どうやら江戸時代(初期)は明確におはぎとぼたもちは違う物だったらしい。
といっても材料は「もち米を丸めた物」+「アンコ」という物。
ぼたもちは現在見られるような、もち米を丸め、アンコで周りを包んだ物。それに対しておはぎは、もち米を丸め、その上からアンコを適当に振りかけるような状態で散らした物。だったそうです。(赤福のアンコ少ないVer.て感じ)
つまり、米の上にパラパラと散らされているアンコを萩の花に見立てた物が「おはぎ」だったとの事。

現在は形状が同じになってしまい、春=ぼたもち、秋=おはぎとなってしまったが、実は夏=夜舟、冬=北窓、という呼び方も江戸時代には存在していた。
これは、ぼたもちは「餅」といっても、杵でぺったんぺったん搗(つ)く物ではなく、蒸した餅米を潰して丸めた物なので、作る時に音がしない→音がしないので「いつ搗いたのか解らない」という事で、夜舟は「真っ暗闇の中、いつ岸に着いたか解らない」と引っかけ、北窓は「北側に向いている窓は月が見えない→月が無い→搗きがなく出来るというダジャレが起源になって呼ばれていたものです。
夜舟には「どこに着くかわからない=ベタベタしてどこに付くか解らない」という謎かけもあったみたいですが。
さらに冬の呼び名で「たどん」という物があったのですが、これは冬場に使う練炭などの事を意味して、見た目からそのように呼ばれていたみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月21日の出来事(知泉)

国際人種差別撤廃デー
ランドセルの日
太陽の日
卵の日
カラー映画の日
催眠術の日
ふれ愛交番の日 [毎月21日]
漬物の日    [毎月21日]
3月21日の歴史的出来事
3月21日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

SPAM×SPAM

0000spaspa未だにSPAMメールが日々大量に届けられる。
本当に頭を使っていないような「エロをちらつかせればホイホイ乗ってくる」という、アホな思惑で必死にメール送るのってどうなのさって感じなのだ。
で、この迷惑メールを「SPAMメール」と称していますが、その理由と雑学を。


このSPAMとは元々、ホーメルフーズ社の塩辛い味付けをした豚肉(豚肉のコンビーフ)、ランチョンミート缶詰の商品名。
この食品と、面倒くさい未承認広告メールが、なぜ同じ名前で呼ばれているのか?ってのはもともとイギリスのコメディ集団「モンティパイソン」のネタの1つで、何を注文してもSPAMが出てくるレストランでバイキング達が大騒ぎする物があり、そこから「何を注文しても欲しくない物が出される」→「いらないのに日々届けられる」という意味で使われるようになったもの。

00000spam1このSPAMは味音痴といわれるアメリカ人の間でも「あんまり美味しくない物」とされ、「一生に一度食べれば十分なジャンクフード」と呼ばれる事もある。
この迷惑メールを「スパム」と呼ぶことに関して、発売元のホーメルフーズ社は承認しているのですが、その時の表記としては「食品はSPAM」「メールはspam」と大文字・小文字で差別化する事を希望している。

そもそもSPAMというのは「SPicedhAM=塩漬けもも肉」が語源で、古くから保存できる肉として重宝がられていたのだが、近年は冷凍技術なども上がり、さほど重要とされていない。
と言いつつ、このSPAMは未だにかなりの量、出荷され続けている。
というのは、米軍の指定食料のため、世界各地の米軍基地には大量のSPAMが届けられていて、日々、兵隊達をウンザリさせている。
そのため、第二次世界大戦直後から今に至るまで米軍基地が居座っている沖縄では、終戦と同時にこのSPAMが大量に出回っていて(兵隊が食べずに住民に売却した?)、沖縄では料理の食材として定着している。
占領時に沖縄に駐留した元軍人が、戦後かなり経って沖縄を訪れた際、飲食店でSPAMを使った料理を出され「沖縄はまだこんな物を食べているのか?」と驚いたという逸話もある。

00000spam2実は、アメリカ人にはかなり不評なSPAMだが、日本人の中にはけっこう「好き」と言う人も多い。
かつて静岡のおにぎりチェーン店「テンジン屋」には「SPAMおにぎり」というメニューがあった。これは単純におにぎりにSPAMの輪切りが載っていて、それを海苔で巻いただけの物。
日本人の間で不評ではない理由は「塩辛くてごはんに合うから」
(梅干しなどは日本人が好きな食材だが、欧米人には大不評な食べ物という事を考えると、しょっぱい物が苦手なのかもしれない)

SPAM大好きトラボルタ
00000jhonもっとも、アメリカでも嫌がらせのつもりで作った食品ではなく「これが美味しい」と思っている人がいるから販売されているわけで、熱狂的なファンも存在する。
俳優のジョン・トラボルタがファンのひとりで、あまりに好きすぎて二人目の子供が生まれた時に名前を「SPAM」にしようと考えていたほど。
しかし周囲の猛反対にあい断念し、エラブルーと言う名前に落ち着いた。

00000000日本以外では、オセアニアなど南洋の島国でも好まれているという。
それに関してポール・セロー氏は「南国でSPAMが好まれているのは、かつて食べていた人肉に近い味なので」と著書『オセアニアの幸せな島々』に書き、大問題になった事がある。
もっとも、後年その件に関し同氏は「あれは冗談だよ」と発言しており、結局、南国で好まれる理由は「肉が手に入りにくいから」という結論に落ちついている。

ちなみにアメリカのミネソタ州オースティンに「SPAM博物館」があるのだが、そこの出口付近にあるモニターでは、smapメールと呼ばれるキッカケになったモンティ・パイソンの「SPAMレストラン」の映像が延々と流れている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3月20日の出来事(知泉)

☆動物愛護の日
上野動物園開園記念日
東京国立博物館開館記念日
電卓の日
太陽の日
LPレコードの日
ワインの日      [毎月20日]
マイカーチェックデー [毎月20日]
3月20日の歴史的出来事
3月20日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

救世主なの?USEN

低迷するライブドアに関して、フジの持っている大量の株をポケットマネーでポンと買い取り、なんか危機一髪の処に突如現れた救世主のようなUSENの宇野康秀社長(42)。
世間的には昔からよく知られる有線放送会社大手の二代目社長ってことで、堀江みたいなオチャラケた処もなくガツガツした処もなく、スマートなやり手二代目って印象はある。
でも、そもそもUSENって会社自体が色々あくどいことをやって伸びてきた会社という側面もあるので、どうすっかねえとは思っている。TVマスコミ的にはあまり触れない部分だけど。


USENという会社は元々「大阪有線放送社」として1961年に大阪で宇野元忠氏によって創業された会社(現社長の康秀氏は次男)。
実はその創業当時、とんでもない事をしている。有線ということで当然のことながら顧客の処まで有線放送ケーブルを引き、それによって音楽などを放送していたんですが、そのケーブルを電力会社や電話会社が保有している電柱に勝手に施設していた。
その後、訴えられて撤去したが、またこっそりと再施設して再度訴えられていたりもする。そんな事を何度も繰り返していたらしい。(現社長になってやっと電柱使用がクリアになった)

そんでもって、徐々に日本各地の有線放送局を買収して、1980年初期に全国制覇を果たし、テレビで「全日本有線放送大賞」なんてのを開催するにまで至ったわけです。(現在は「ベストヒット歌謡祭」)

つまり、現時点で「有線放送」というと、このUSENを指すのが一般的。ぐっと利用数を引き離された状態でキャンシステムという有線放送社もある。実はこのキャンシステムという会社、フジテレビとつきあいがあって、フジテレビ「HEY! HEY! HEY!」内で発表される有線チャートはこのキャンシステムでの順位となっている。
それを考えると、今回の「フジが抱えている株を買い取りますぜ」という提案はなんか思惑がありそうな気もする。

なんせ、業界トップで現在8割がUSENなくせに、さらなるトップを目指して色々とキャンに対して攻撃を仕掛けている。
USENが去年7月に「キャンシステムは無届けで引いたケーブルを使っている、それによってUSENは損害を被っている」と訴えた。
上記の、勝手に電線にケーブル引いていたってことを考えると「あんたが何を言い出すかね」状態ではあるんですが、それに対しキャン側は「USENに営業妨害をされている」と提訴している。

キャンの訴えによると、営業マンが「キャンはもうすぐつぶれます」とネガティブキャンペーンを展開し、さらにキャンの顧客限定で「今乗り換えてくれたら乗り換え無料キャンペーン」を行っていたという。
それによってキャンシステムの契約件数を17%減らしたとして、公正取引委員会から勧告を受けている。

USENの過去にはまだ暗部がある。
80年代に、何度か有線放送の放送内容リストを見たことあるんだけど、音楽だけじゃなくラジオの再放送チャンネルもあって「こりゃ便利だな」と思った。自分の地域では聞けないラジオが聴けたりするので、ラジオファンにはたまらんよなぁと。あとNHKの語学番組とか、その時間に聞くことができない物の時間をズラした状態の放送も便利そうで。

で、実はこのラジオの再放送、未許可だったという。
NHKの語学放送を無許可で再放送し、その際、さらに無許可で再編集し放送していたというとで、NHKから訴えられている。その時に、他のラジオ局の番組も無許で24時間体制の再送信していた事が発覚している。
現社長になってからはちゃんと許可を取れた局の放送だけは再放送していると言われるけど、なんだかなあと思ってしまう部分は多々ある。

でもって、USENとライブドアの関係っすが、実は旧ライブドアは元々USENに対して「会社買いませんか?」と持ちかけていたらしい。結局いろいろな事が折り合わずに話が流れ、その後、堀江のオンザエッジが買い取って、それ以降は例の通り。(ちなみにライブドアの本当の創業者で社名の命名者は前刀禎明氏、現在アップルコンピューター日本代表取締役)
そんなライブドアが結局USENの資本で細々と生き残る結果となったのは巡り合わせっつーもんなんだろうなぁ。

そんな事を知った上で、あのUSENとフジテレビの記者会見を見ていると、色々な事を考えてしまうのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月19日の出来事(知泉)

音楽/ミュージックの日 
カメラ発明記念日 
アカデミー賞設立記念日 
3月19日の歴史的出来事
3月19日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

愛と死をみつめて

00002_2な〜んか、放送までのテレビ朝日の異様な宣伝攻勢は逆に「もういいや」と思ってしまう感じ。主演:広末涼子草なぎ剛
さらに広末涼子をやけに持ち上げて、過去に映画化された時のミコ役吉永小百合と対比させるような状態で、おまいらマスコミは広末が結婚するまでの色々(早稲田入学→まったく登校せず→男とお泊まり激写→出来ちゃった結婚などなど)の頃は必死に叩いてイメージ下落に貢献していたのに、なんすかねえ。


でもって「愛と死を見つめて」って事で映画化した話を延々とやっていたけど、書簡のやりとりなどが出版されて話題になった後で映像化したのはTBSの東芝日曜劇場(1964年04月12日〜19日)が先。主演:大空真弓山本学
そこで有名な「♪まこ、甘えてばかりでゴメンね」という主題歌、青山和子「愛と死を見つめて」が使われ、大ヒットしている。

00001_2その番組の大好評を見て、かなり急いで作ったみたいで同年に映画化されて(1964年09月)、そこでTV版と同じ主題歌が使用されている。主演:吉永小百合浜田光夫
その後は、昭和史などを語る時、最初のドラマはTBSということで他の局では使いにくいために映画版を使う事が多くなり、TV版の存在はほとんど無かったかのような扱い。
ちなみに、その年のレコード大賞を「愛と死を見つめて」が獲得しているんですが、これはTBSの賞なので「テレビの主題歌」という事が強調されて受賞。

とりあえず冒頭を見て、あとはHD録画にしてTVを消した。後でDVDに落とすか削除するかは不明ですが、ああこんな感じねって思ったわけです。
最初にミコが病気で死んでしまったという前提でドラマが始まるってのは、物語の全容が知られている現状では考え得る演出なんだろうなぁ

出演者一覧
愛と死をみつめて」TV版:1964年04月12日〜19日
愛と死をみつめて」映画版:1964年09月
愛と死をみつめて」TV版:2006年03月18日〜19日

で、TVを切る直前に二人が買い物に行った時に「ねえ、ポークって知ってる?」「え?」「豚肉の事をポークっていうのよ」「俺の処ではブタは豚だけど...」という会話をしていた。
という事で、そこン処の解説。

実は「ポーク:pork」はノルマン民族(フランス)の言葉、「ピッグ:pig」はアングロサクソン民族(イギリス)の言葉で当初は別の言語だったわけです。
これが何故、動物の豚はピッグ、食べ物の豚はポークになったかというと、10世紀末に話は遡ります。
フランスがイギリスに侵略戦争を起こした際、支配したフランス側は文化的な物を全てすてて服従を迫ったのだが、その中には言語まで含まれていた。

もっとも、イギリス(アングロサクソン民族)も独自の文化を創り上げてきた誇りがありますので、そう簡単に自分たちの文化・言語まで捨て去る事は出来ませんでした。
そこでフランス人(ノルマン)がいない農場などでは豚のことをアングロサクソン語で[ピッグ:pig]と呼び、それを肉としてノルマン人などに食べさせる時はノルマン語で[ポーク:pork]と呼んでいたのです。

その後、ノルマン人の支配から逃れることが出来るようになってからも、それが風習として残り、生きている豚と食用となった豚を別の名前で呼ぶようになったのです。
同じように、牛「cow → beef」羊「sheep → mutton」なども。

てなワケでドラマの話とはまったく関係ない雑学話を無理矢理書いたところで、終わりでやんす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

古くてもいいじゃん(PSE法)

どうなるんでしょうかPSE法。いわゆる電気製品の販売に関してPSEマーク貼付がない物の販売がダメって事で、多くの中古販売店で扱っている商品の販売が出来なくなるって事なのだ。
とりあえず2001年4月にPSE法は施行されていて、5年間の猶予期間を経て、今回本格的施行になる。
確かに、5年前になんかニュースで中古販売に関して面倒くさいことになるらしいよ、みたいな事をちょっと聞いたような気もするんだけど、その詳しい内容はよく解っていなかった(つーか、今もよく解っていないかもしれない)


で、問題なのはプロである中古販売業者が、今年になってから「マジ?何その法案」と驚いて騒ぎになっているという事なのだ。
経済産業省は「ちゃんと告知した」と言っているが、ほとんどの業者は今抱えている商品のほとんどが販売できなくなるというのを知ったのが1月になってから。しかも経済産業省の告知ではなく「知り合いから聞いた」とか「風の噂で」レベルの情報だったという。
経済産業省は最初「関係者に充分説明した、官報で告知してきた」と言っていたが、最終的には「説明が十分に行き渡っていなかったかも知れない」とコメントもしている。

電化製品の安全性を保証するという名目で、PSEマークをつけていない物は販売してはいけないって事で、とりあえず5年間の執行猶予期間を設けていたわけですが、この4月からシンセサイザーやアンプ、レコードプレーヤー、電源内蔵型ゲーム機(つまりTVゲームっすね)、テレビ、電気洗濯機など259品目が、販売不可になる。

それに関して電子楽器も対象になっているということで、日本シンセサイザープログラマー協会が対象機器の緩和を求める運動を開始し、坂本龍一氏も文化を守るという意味のコメントを出した。
今、日本シンセサイザープログラマー協会の会長ってかの松武秀樹氏なんすね。YMOのプログラミングなどで名を馳せた方で、私もロジックシステム、アルバム持ってますです。
確かに電子楽器なんかは、時代によって完璧に音が違うわけで(シミュレーションで過去の音を再現しても微妙に違う)、そこらへんに関してはマジに困ってしまうわけで。

そんなこんなであまりに多くの批判が相次いだために3月15日に「ビンテージ品は対象外」とか、折衷案なども出され始めたんだけど、これもひと問題あり。
なんせ「どっからがビンテージ?」というラインも無いし「どの家電がビンテージで、どの家電がただの中古品」なのかのラインも明示されていない状態で、経済産業省は「専門家の意見などを聞いて決める」と発言するだけで、それで4月にGOサイン出せるの?状態。

現時点でも振り回されてしまっている業者も多数ある。
今ある在庫が4月から販売出来なくなるって事で、1月から「店舗一掃大格安セール」と銘打って、通常の半値のさらに半値ぐらいで叩き売っていた業者は「どうすりゃいいのさ」と頭を抱えているらしい。

すでに廃業を決めて、在庫をそっくりタダ同然で売り払ってしまった店舗もあるらしい。
で、ビンテージのラインが決まる4月直前まで、叩き売るべきかどうかも不明のまま、じっと待ち続けるしかなく、直前で「ハイ、これは中古品ですね」と言われても、抱えた商品をすでに販売しては駄目な状態になってしまっていたりするワケで。(しかも良い商品ばかり売れてしまったとの事)

でも結局最初の部分で「古い電気製品売っているのってさ、結局消費が上向かないじゃん、つーことで中古品売っているヤツらを締め上げようぜ」レベルの法案だったてのが見えちゃっているような気がする。
名目上は「電気製品の安全性を確保するため」とか言っているのに、音楽家から「文化を壊すつもりか」と言われて「はいはい、ビンテージはOK」と答えたって事は「ビンテージと認証された古い電気製品は安全性どうなの?」って事でしょ?
それと「じゃPSEマークのある製品は絶対安全なの?」って部分もある。そのマークが付いた家電製品だって数年後には同様に古くなるのに。

で、安全性が充分じゃないから販売しちゃダメって部分で規正するのはおかしな話で、販売されている物の何百倍数の古いPSEマークの無い電化製品が今現在も日本中で使用されている。
つまりマジに政府が「古い電化製品は危ないので取締対象にすべし」と思っているのなら「PSEマークの付けられていない5年以上経た家電製品の使用は一切不可!」と各家庭に通達を出すべきなのだ。出したら国民総出の大暴動が巻き起こりますが。

とりあえず自分的には「βビデオ」と「レーザーディスク」の機械をこの世から抹消する法案には大反対なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月18日の出来事(知泉)

明治村開村記念日
頭髪の日      [毎月18日]
米食の日      [毎月18日]
北海道清酒の日   [毎月18日]
二輪・自転車安全日 [毎月18日]
歯の日       [毎月8日・18日・28日]
3月18日の歴史的出来事
3月18日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

雑学バカ一代

昔から雑学と称する物が大好きで、本屋にいくたびに目に付いた雑学系の本を買っている。
気が付けば、そんな状態で早20年以上(古本屋でも雑学本を漁るので60年代70年代の雑学本もあり)。スチール製本棚2本には棚を二重に使いびっしり雑学本が並び(本棚の上にも)さらに溢れて床の上にも平積み状態。もはやいったい何冊あるのか解らない。
もちろん、知識は雑学本と呼ばれる物以外の普通の本、あるいは雑誌、あるいは新聞のチラシにも転がっているので、それらを日々チェックしている。


最近はちょっと無理になったけれど、20代中期から10年以上個人フェアとして「年間100冊読書運動」を行っていた。あくまでも小説本を100冊。小説の中にも何気なく雑学は多く含まれている。
10年以上に渡りパソ通〜インターネットで編集した雑学を配信し、結果として2冊の雑学本を出版もした。
そんなこんなで私は雑学野郎なのだが、それでも当然自分の知らない事はまだまだ世の中に多く、日々「ほぉぉ」と感心し、それを文章に短くまとめている。
知識は他人と争うためにあるんじゃなく、ただ自分が楽しむため、あるいはそれによって他人を楽しませるためにあると思っている。
金儲けが下手な私にとってそんな感じなのだ。

仕事で「味噌のあれこれ」みたいな物をまとめたものを編集しているときに「仙台みそ」「西京みそ」「八丁みそ」などに並び「信州みそ」ってのがあった時など「あぁ信州みそって言い方は現在ではダメなんすよぉ、この信州みそってのは現時点では一般名詞ではなく長野県味噌協同組合によって登録商標となっているんすよぉ、信州で造ったみそでも、製法がそのまんまでも、正しくは「信州のみそ」なんすよぉ」などと心の中でモヤモヤしながら編集している。
人混みなどでも、まったくの赤の他人がしている会話に聞き耳をたて、微妙に間違った話題が出ている時も、なにかモヤモヤしてしまう。

友人との会話中も、とあるキーワードに関して「あぁこのキーワードで雑学言いたい」とモヤッとするけれど、話の流れを壊したくないし、と心の中で葛藤が暴れ回ったりする。そのぐらいの常識は持ち合わせているのだ。
もっとも「知泉」なんて単行本を出したことによって「こいつは雑学野郎」とレッテルが貼られ「雑学言うのもしょうがない」と周囲に納得させる理由が出来たかも知れないので、時々、ダムが崩壊したかのように、延々と雑学を述べてしまう事もある。

1月中旬のTVチャンピオン(テレビ東京系)で「クイズ作家王選手権」という物が放送されていた。
いわゆる「クイズ王」ではなく、TV番組で使用されるクイズを制作するプロの選手権。決められたお題でいかに視聴者の興味を引く問題を作るか?を競う物。
で、そこで出題された物は「面白いクイズ」が前提なので、雑学的要素が高く、約9割を答える事が出来た。
いわゆる素人のクイズ王は確かに異常な物知りだけど、ただのデータ羅列でしかなく「おもしろい」という部分とは別物になっている。それ故に、クイズサークルなんかでは、確かに「何でこんな事知ってるの?」という部分はあるけど、雑学で笑えたりする部分は少ない。

たとえば「河豚の毒はテトロドトキシン、ウナギの血にある毒はイクチオトキシン、蘭の花瓶の水にたまる毒はコンバラトキシン」などと答えても笑えない。
それだったら「蘭の英語名はオーキッドだが、元はギリシャ語で、蘭の球根が男性の玉に似ている事からキンタマという意味」「ついでに松ぼっくりのぼっくりとはキンタマという意味」の方が楽しい。見事に下ネタですが。

雑学には定番って物があって、コレが出たらきっとこの話題という流れがある。
クイズ作家王選手権で、とある選手が「動物」ってテーマでクイズを作った際、出題で「ウミウシに…」と出た瞬間、雑学ドランカーは即座に「インターネットウミウシ!」と答えてしまったりもする。(自分の事ですが)
ウミウシが雑学的に出てきた時は「ウミウシの種類でインターネットウミウシというものがいる」ってのが定番。
他には
☆海の妖精と呼ばれるクリオネはウミウシの仲間
☆ウミウシの一種、ミカドウミウシは別名「ヌードダンサー」と呼ばれる。
などもありますが。

実はこの「クイズ作家王選手権」の出場選手の一人から以前メールを貰った事があり、「いつも知泉を参考にさせて貰っています」との事で(TVチャンピオン内でその人が「大御所」などと呼ばれていてビックリ)、それ故に彼が問題制作しているミリオネアなどでは、以前知泉に掲載した雑学が問題となって出ることもある。(ミリオネア出場予定者はメルマガ知泉要チェック!読者登録をおすすめしま[-未承認広告-])
そのミリオネアのクイズ作家氏は、先日のトリビアの泉でも「クイズ王はファミレスのボタンを押すとき…」という、ゆるいネタでチラと顔を出してました。

そんなこんなで、我が家の母親が雑学馬鹿の息子を凹ませようと、その日のミリオネアで出題された1000万円問題を暗記して、帰宅した瞬間に出題するのだ。
しかし、たまたまそれが知泉に載せた事がある物だったりして「あぁそれって○○○でしょ」などと4択を待たずに即答して、母親をガッカリさせたりもする。

最近では関東ローカル(たぶん)で金曜の深夜に放送されている(タモリ倶楽部の後)「爆笑問題の検索ちゃん」という番組があるんですが、そことちょっと関係している。
この番組はネットで拾った雑学を元にクイズを出すっていう趣旨のもの。(出演者に関する芸能人クイズに関してはわざとガセネタを「ネットではこんな噂が流れている」という問題にしているけど)
去年の秋に始まったばかりの頃に、「知泉に掲載されている雑学を使用させてください」とのメールがあって快諾した。
その時は「三億円事件の容疑者として取り調べを受けたことのあるタレントは?」という物。答えは高田純次。
で、先日の3月3日も「王監督の3人の娘にはすべて『理』という字が使われているが、その理由は?」という物が使われた。答えは「嫁にいって苗字が変わっても王が里だと忘れないように」という物。
で、さらに現在、3月17日の夜にも知泉経由の雑学ネタが放送される予定になっている。(編集でカットされるかもしれないとの事)
やはり、クイズ対策に役立つサイトなのだ。

とりあえず雑学なんて物は日常にゴロゴロ転がっている。誰も気が付いていないような部分を重箱の隅をガシガシとこそげ落とすようにチェックして雑学を見つけだすのだ。

クイズに関する雑学
クイズという言葉は「一晩の間に新しい言葉を生み出す」という賭けから、真夜中の間に扉という扉に意味不明の「QUIZ」という言葉が書かれており、その意味不明の単語QUIZが「これ何だ?」と話題になって、その単語がのちに「問題」という意味になった。
という逸話で知られているが、最初は問題という意味ではなく「変人」とか「悪ふざけ」という意味で使われていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日の出来事(知泉)

漫画週刊誌の日
☆聖パトリックディ
世界海の日
安全の日   [毎月17日]
3月17日の歴史的出来事
3月17日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

食卓から凶器

3月12日に神戸市のビデオショップ「新宿書店大蔵谷店」で起こった強盗事件は、まるでモンティパイソンか、サタデーナイトライブ並のトンチキな凶器を使った事件なのだ。
就業時間となった真夜中2時過ぎ、店に入ってきた黒いニット帽とマフラーで顔を隠した男がカウンター内にいた店員にいきなり謎の粉を投げつけ、それに店員がひるんだ瞬間、3日分の売上、現金40万円が入ったレジスターを持って店の外に走り出た。


男は店外で待機していたもう一人の男のスクーターに飛び乗り逃走した。
カウンターの近くにはコショウの空き瓶が転がっていた。つまりこの強盗の凶器はコショウという事になる。
もっとも、最初にコショウを投げつけられた時、店員はビックリしてひるんだだけだったが、その後、目や口に痛みが出て辛い状態になっているという。

この強盗に関して、神戸西署は「コショウを凶器に使った犯罪は聞いたことない」としているが、実際には2001年に東京で、マンション内エレベーターで女性がコショウを投げつけられ、現金148万円入りバッグを盗まれている。(この金額を持っているって知っての犯行なので計画的なんだろうけど、計画してコショウってのも…)
2003年には北九州市のパチンコ景品交換所で女性従業員がコショウを投げつけられ、約340万円を強奪されている。

しかしコショウが凶器としてブームになったとしても、警察の不審尋問で「コショウを持っているので任意同行」てのは出来ないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月16日の出来事(知泉)

国立公園指定記念日
☆旧・事始めの日
☆旧・針供養の日
万国赤十字加盟記念日
☆アメリカ合衆国:奴隷解放記念日
3月16日の歴史的出来事
3月16日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

コノウラミハラサデオクベキカ

時々「学生時代に虐められたので」とかの恨みを晴らすために、10年以上経過して犯行に及ぶ事件ってのはあるんだけど、それに関しては「その性格だからダメなんだよ」とか思ってしまう部分はある。(イジメを推奨しているワケじゃないっすよ)
自分だって、学生時代に嫌な思いは多々した。3月生まれって事で、中学1年生までは背がクラスで1番2番に低かったり、元々体力があるワケでもないので、そっち方面で嫌な思いを経験した。
でも、そっちで張り合ってもしょうがねえやと早くから悟って、別の方向を逃げの意味も含めてガシガシやっていた。そのうち、イジメでしか自己顕示できないアホはほっとけと思うようになった。


気が長いというか、恨みに対してしつこい人間ってのはいるもので、自分の場合も高校卒業して10年以上経過したある時、高校時代の知人と電話で話をしていた時、どうやら向こうは酒を飲みながらだったらしいんだけど、だんだん絡み口調になってきて、いきなり「そう言えばオマエ高校2年の5月、部室で俺に○○○○○って言っただろ」などと、突然昭和時代リプレイされちゃった事もあった。

「俺はな、それを聞いてオマエとは友達関係続けられねえと思ったよ」などと、それから10年以上友達関係続けているのにそんな事を語り始めた。
しかも衝撃的な事に「俺は中学時代から「いつか殴るヤツリスト」を付けていて、そこにオマエも入っている」などと物騒な事を言い出すのだ。
いやはや、そんなノート付けているから恨みを忘れる事出来ないんだよとは思ったけど、それから運良く殴られずに今に至っております。

で、3月12日に山梨県で高校時代の担任先生を「あの時はよくも」と自宅前で待ち伏せして、20数カ所をメッタ刺しにして刺殺した男が逮捕された。
その犯人の年齢は42歳。おいおい、42歳の高校時代って1981年頃の頃だろ?すでに25年、四半世紀経過している。
そこまで恨みを持続させる事が出来るってある種の才能だと思うけれど、その25年間、ずっと沸々と恨みを胸の中で繰り返し繰り返し思い出してきたのだろうかね?

確かに40歳を越えたあたりで、自分のこの先の人生なんてのがどのレベルなんだろうなって天井が見えてきて「その程度か」とガックシ来るって感じもあったり、それ故に「あそこでああしていれば」などと今さらながらの後悔をしてみたり、いわゆる論語の「四十にして迷わず」の不惑とはほど遠い状態になってしまうのは解る。
もしかしたら、自己責任逃避からそんな感情が「あいつのせいだ」と、そーゆー考えに至ってしまったのかもしれない。
でも、そこで自分の過去にある恨みを精算しても、現状が打破出来るワケじゃないってぐらいは気が付かなくちゃ。

現在40代半ばから40歳ぐらいの年齢の人間ってのは、世間でいう所の「オタク」の元祖世代で、子供時代から「TVッ子」「カギッ子」「新人類」「モラトリアム」「ピーターパン症候群」などと上の世代から「よく解らない」とレッテルを貼られて言われ続けた世代でもある。
かの宮崎某なんかもこれに相当するし、最近のちょっと常軌を逸する犯罪のスタート地点っぽい世代でもある。
この世代の少し前の学生運動→ヒッピー的な世代とは全然相容れないし、その次の四畳半フォークの世代ともぜんぜん違う。

ちょうど学生時代(中学〜高校時代)にスペースインベーダー辺りが流行ったというゲーム世代の元祖(かと言って「ゲーム脳」なんてアホな事は言いませんが)、団結より個人を好むとか、すぐ切れやすいとか、いろいろと現代に通じるキーワードを生みだしてきた世代なのだ。
この手の、大人になるタイミングを逸してしまった世代がこの先もウジウジと時間を超越して引きこもり続け(社会と接しないので時間経過が無いのかも知れない)、60歳ぐらいになって「小学校時代の担任教師(80歳)を50年に渡る恨みで刺殺」とかの事件を起す可能性も多大にある。

もっと前向きにいきましょうぜ。
とりあえずホーキング博士の理論では過去に戻るタイムマシンは作れないそうなので。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月15日の出来事(知泉)

靴の日
世界消費者権利デー
涅槃会
中華の日   [毎月15日]
いちごの日  [毎月15日]
3月15日の歴史的出来事
3月15日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

こけし(子消しというガセ)

0000_1ネットにかなりの頻度である雑学で「こけしは、昔、子供が多く生活が苦しい家庭で生まれてきた子供を殺してしまい、それを供養するために身代わりとして作られた物。それ故、こけしの語源は「子消し」である」と言う物。
ネットだけではなく、それ以前からそれは言われていて、雑学本にそう書いてある物もあったし、かなり前になるけれど知人の女性が「こけしってそういう意味があるからなんか怖くて嫌い」などと言っていました。


しかし、引っかかる物があって、その件に関してメルマガなどには書かずにいました。
とりあえず「こけし」という名前は昭和初期まで地方によって呼び名が違っていて、現在のように統一されたのは、昭和15年にこけし愛好家達が「統一名を決めようぜ」という事になって決まった物だという事を知っていたので、「こけしって名前じゃなかった地域では違う意味だったのか?」などと考えていたわけです。

さらに、こけしの語源としては芥子人形から「木で出来た芥子人形」が元になったという事は普通の語源辞書などにも掲載されていましたので、「子消し」の方はどうなのよ?と思っていた。
で、色々調べた結果

まず、こけしが誕生したのが江戸時代末期で、最初から温泉地のお土産物として誕生している。
もっとも古い物が文化文政(1804〜1830年)に宮城県の蔵王東麓の遠刈田(とおがった)で作られ始めた物らしく、その後天保年間(1830〜1844年)頃から福島県の土湯でも造り始めたとされている。

明治時代から昭和初期まで地域で色々な呼び方があり、きでこ・でころこ・でくのぼう(木から作ったという意味の木偶-でく-が語源)や、きぼこ・こげほうこ(赤ちゃんを模しているので這子-はいこ-が語源)や、こげす・けしにんぎょう(芥子人形が語源)とバラバラでした。
こけし自体は温泉場の土産物という位置づけですが、大正期半ば頃までは子供への土産物でいわゆるおままごとなどの人形として使われる事も多かったようです。
その後、大正期にセルロイド人形やブリキ人形などが大量生産されるようになり、子供のオモチャとしてのこけしは低迷していきます。

その後、昭和10年代から、これらの民芸品を集める趣味の人が増え第一次ブームと呼ばれる波がやってきます。そして昭和15年に愛好家のサークルで「統一名称を作ろう」と言われ「こけし」になったのです。
第二次ブームは戦後1965年前後にあり、頒布会、産地への旅行会、古品のオークションなどが行われたそうです。その時に「こけし千体趣味蒐集の会」というサークルがあり、それの関係でカタログ販売を始めた会社が「千趣会」という名前で現在もカタログショッピングの老舗として活動しています。
第三次ブームは1978年頃で、それ以降は残念なことにピークはない。

で、問題の「子消し」なんですが、この話は言われ始めたのが第二次ブームの1965年頃かららしく、それ以前の文献をいくら探してもそんな記述は見つからない。
現時点でもっとも古いと思われているのが、1965年当時に詩人の松永伍一氏が唱えた創作話の中にあった物で、そこから引用されたらしい話が色々な所に書かれるようになり、挙げ句の果てはテレビなどでも視聴者の琴線に触れるような悲哀を帯びた話として紹介され、一般的になったとされています。

現時点でも一般的な辞書にはこけしの語源として「子消し」は無いハズですが、結構著名な学者や医学者などが著書にこの説を書いているみたいなので、そのうち掲載されてしまう可能性もあります。

もっとも「こけし」という名前は元々仙台周辺でしか言われていなかった名称で、それが全国で使われるようになったのが昭和15年からなので、ちょっと語源説としてはありえない話だという事です。
でも仙台では「子消し」の意味で使っていたのでは? という疑問に関しても、確かに江戸時代などにはそのような悲しい事例がありましたが、それの事は仙台周辺では「おろぬぎ・おりぬき」あるいは「もどす」と呼んでいました。その行為に関しては、まだ人間として完成していない赤ちゃんの場合「神様へ戻す」という扱いだったので、消すなどという表現は怖れ多かったわけです。


2013年7月 追記
この文章をマンガとして書き起こしています。
Web雑誌「電脳マヴォ」知泉之刻『こけし

| | コメント (18) | トラックバック (0)

カエル(やすし)の子はカエル(一八)

木村一八、久々に名前を聞いたら三度目の逮捕だそうで。
3月8日に渋谷の路上に停めた車のトランクに日本刀を所持していたとのことで逮捕されているんだけど、現住所は不定。知人宅を転々としており、その日は車の中に一人でぼーっとしていた事から職務質問となったらしい。


デンジャラス親子
Pasopia7木村一八というと、自分はドラマも見ていないのでほとんど印象はないんだけど、パソピアというパソコンのCMで父親・横山やすしと一緒に出ていたのを記憶している。
そのCMはパソコンのCMとは思えないような「一八、やるんやら勝たなきゃあかん!」とやすしがとにかく勝ちを押しつけるような殺伐とした物だった。
もっとも、そのCMと同時期にやすしが出演していた「TVスクランブル」で、TVゲームの話題が出た時に「青っちろいガキどもが何をほざきくさってんねん、そんなパソコンばっかやってるようなガキどもは死にさらしたらええねん」と毒づき、その後はパソピアのCMも見なくなった。

木村一八というと、1987年7月3日に笑っていいとも「テレフォンショッキング」に出演しているんだけれど、そこでとんでもない事を言っていたのも記憶に残っている。
「東京のタクシーはアホばかりや」と言い放ち、それについて語ったのが
「赤信号で停まる時、なんで前の車の後ろに停まるのかわからん、普通、右折のラインが開いてたらそっちに停まるやろ」
タモリが「はぁ・・・」と理解不能の相づち

木村さんと刃物の図
0000つまり、赤信号で車が停まった際、右折ラインが開いている場合は、そっちに車を停め、青に変わった瞬間(変わる少し前の場合もありますが)急発進をして本来先頭にいた車を追い抜くのが常識との事。
これが一八ルールらしく、テレビという公共の場ということも考慮せずに「まったく、東京のタクシーはのろま過ぎでやってられねえ」と語っておりました。
さすが競艇パパの「勝たなきゃ意味あらへん」を幼少時より叩きつけられてきただけあります。
それから約1年後に、タクシーの運転手に暴行を働き逮捕。よっぽどタクシーの運転手に対して腹が据えかねる事があったんでしょう。

その後はやすしも暴力事件等々を起こし吉本興業を解雇され、一八も解雇。いわゆるVシネマなどにありがちなヤクザ物などに出ていたらしいが、1995年には六本木で肩が触れたとアメリカ人男性をボコッて傷害で逮捕された。
最近、妹の木村ひかるが漫才デビューしたということで、妹の七光というか、お情けで吉本興業に復帰していたらしいのだが....
しかし、久々にテレビで見た木村一八はぶくぶくした感じで、昔の精悍な面影はどこにも無かった。「人生一か八か(いちかばちか)や!(サイコロ賭博のおいちょかぶが語源)」という意味で名付けられた一八は住所不定の36歳、時の流れは無常だねえ。

怒っこるでやすし〜♪、しっばく〜でやすし〜♪、まぁ〜だ一八は夢の中♪(作詞.松本人志/メロディはプロポーズ大作戦のテーマで)

親の教育に関しての雑学
エジソンは、自分がほとんど学校にも通わず独学で勉強をし大成功を収めたので、子供にもそれを押しつけた。教育方針として学校へは通わせず、とにかく本を大量に読むことを強要した。そのため子供達は社会性がほとんどない人間に成長したといわれている。

息子は「エジソン二世株式会社」を設立し「人の考えを撮影するカメラ」「電気活力回復器」など怪しげな商品を製作する山師になった。もちろんインチキ商品ばかりで、後に残った発明はひとつもない。

巧く他人と接する事が出来なかったのか、6人いる子供は誰も子孫を残さず、エジソンの家系は途絶えた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月14日の出来事(知泉)

ホワイトデー
☆キャンディーの日
数学の日
国際結婚の日
万国赤十字の日
☆国民融和の日
3月14日の歴史的出来事
3月14日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

Googleの地図

土曜日、ちょいとした調べ物のためにGoogleを利用として、ふとその検索窓の上に「ローカル(New)」と書かれている検索項目があるのが目に留まった。
ありゃ?これいつからあるんだろ? と思いつつそこをクリック。それはMAPのページでした。



で、試しに自分の生活している地域の住所を入れてみる。かなり軽い感じで地図が表示される。しかも左に[←][→]などと地図をスクロールさせるボタンもあるが、地図上でカーソルをドラッグするだけですぃ〜っとスクロールしてくれる。
おぉ!
さらに自宅住所を番地まで入力して検索すると軽やかに表示してくれる。


次に、知泉サイトと深い関わりのある「杉山バラ園」と入力する。(現在表示上では検索出来ませんでした)との事。そこで「杉山バラ園 清水町」と住所を項目に入れて検索してみると「おぉ見事に!」という状態。
しかし不思議な事に、その地図上にはいくつかの店や公共施設の名前が書かれているのだが、バラ園の道を挟んで向こう側にあるおおしろ整形外科と、バラ園の裏にある激しく小さい飲み屋のとしちゃん(←そういう店名)は表示されているが、それより遙かに広いバラ園の名前が元の地図には書いてない。なんだろうなぁその掲載されるのとされないの差は。


色々地図上を彷徨いていると、同じようにそこそこ大きな店が掲載されていないのに、その近くにある知る人ぞ知るみたいな裏道の店が掲載されている箇所がある。なんか謎でやんす。
でも検索項目で色々出てくるのでかなり便利。


で、便利なだけじゃなく面白い機能は地図右上に[マップ][サテライト]と言う項目があって、開いた現状では[マップ]が表示されているワケですが、[サテライト]をクリックすると、なんと地図が航空写真に差し変わるのだ。
といいつつ、東京などはかなり細かい制度の高い写真が使われていて、例えばお台場辺りではズームアップしていくと停車してある車まで解り、フジテレビの球体などもかなり大きく見える。が、地元の田舎などでは制度の高くない写真が使用されているのでかなり曖昧にしか解らない状態で、建物もちょい不明な感じではある。
東京でもなぜか部分的に異常に粗い写真が使用されていて、吉祥寺などは見るも無惨な状態。
ただ、自分の通っていた美術学校周辺はそれなりの写真だったので、よくボケーッとしていた屋上などを確認できてちょい感激。


※あと駅すぱーとみたいなA地点→B地点への経路を検索する機能もあるみたいなんですが、こっちはまだ機能していないみたいな感じで「検索できませんでした」状態ですが、これもそのうち動くんでしょうね。


この地図機能、色々使えるし、遊びの部分もあって、なかなか楽しめるっす。感謝感謝。
もしかして、すでに誰もが知っている機能かも知れませんが、とりあえずNewと書いてあるので最近だとは思うので、ちょいと書いてみました。


でもGoogleってかなりお世話になっているけど、ここって何が収入源なの? あんましその辺を知らないので、利用するだけですんませんって感じでやんす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

3月13日の出来事(知泉)

サンドウィッチの日
青函トンネル開業記念日
漁業法記念日
3月13日の歴史的出来事
3月13日生まれの著名人

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

マスク of エロ

ネット上には匿名でサイトを開き、そこで自分のフェチ趣味を全開にしている人がいる。
以前、何かの調べ物で間違って某サイトに紛れ込んだ際、そこに羅列されていた写真に「はぁ・・・」と思ってしまったことがある。
そこにはいわゆる「ブラ透け」という、薄着の女性の背中(まれに前も)にうっすら見えるブラジャーをこっそり撮影した写真が、これでもかという程羅列されていた。


確かに思春期の頃、前の席の女子が夏服になった際にうっすら見える影にドギマギした過去もありますが、流石にもうそんなドギマギ感も、どういうモンっすかねぇ状態。
で、そのサイトなんかが凄いのは、そのトップページに「最新画像」として羅列されている写真に日付があるんですが、それがほぼ毎日撮影、毎日更新って感じなのだ。
いやはや凄い情熱。その先に「過去の画像」というページもあったが、どこまで深いのか恐ろしくなってクリック出来なかった。

その下に「同好サイト」みたいなリンクがあって、その先には、マンションなどのベランダに干してある女性物下着を撮影した写真が羅列されているサイトだとか、そんなフェチサイトがてんこ盛りでした。
いやはや、自分はマダマダだなぁと思うわけですが(別にそっちを極めるつもりは毛頭無いんですが)、確かに写真週刊誌なんかにもくっだらない「女子アナセクシーショット」とか称したブラ透け・ブラチラやうっすら見えるショーツラインとかの写真が特集されている事もあります(当然肖像権クリアしていないでしょ)、そんなのを喜ぶ人も多いんですかね?

しかし下着に興奮するってのはフェチとしては軽い物かも知れない。
先日あった事件は「それがオチかよ」という特殊な物でした。
去年の暮れ、2005年12月28日、午後7時半頃、JR東京駅で電車を待っている女性に「ピンッ!」と来た男は、その女性の後をつけ電車に乗り込む。
社内でこっそりデジカメに彼女の姿を何枚も収めたのだが、それだけでは我慢できずにJR鎌倉駅を降りた彼女を追跡したという。
駅前からバスに乗り、女性が自宅マンションに着きドアを開けようとカギを取り出した所で男はついに犯行に及んだのだ。

いきなり背後から抱きつき、女性を目隠しした。突然の事に女性が悲鳴も出せず身動きも取れなくなった時、男は目的を達成して逃げ出した。
その目的とは、彼女がしていた「マスク」。
マスクを男にはぎ取られ、さらに突き飛ばされた時、我に返った女性が悲鳴を上げたことで、通行人が男を取り押さえお縄となった次第。

男の目的は最初から女性がしていたマスクだったそうで、その後の家宅捜索で「ネットオークションで購入した使用済みマスク」やら「マスク物アダルトDVD」、そして盗撮したマスクをした女性のデジカメデータ(5年分)などなどが、ごっそりと出てきたという。
マスク物アダルトDVDって物が存在している事自体驚きなんですが、男は「小学校の時に担任女教師が頻繁にマスクをしていた事からフェチ道に目覚めた」と供述しているらしい。

男は逮捕時、職業を旋盤工と述べていたが、実際には横浜市の中学教諭で39歳。即刻、懲戒免職となっている。
なんでも事件の起こる直前のクリスマス時に、好きだった女性が自分に好意を抱いていないという事が判明し「俺なんか逮捕されてこの世から消えてしまえばいい」と思って犯行に及んだらしい。しかし、この世から消える方法が女性のマスクを奪うって… 被害総額150円なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月12日の出来事(知泉)

モスの日(モスバーガー)
サンデーホリデーの日/半ドンの日
☆サイフの日/「さ(3)い(1)ふ(2)」の語呂合わせ。
パンの日 [毎月12日]
豆腐の日 [毎月12日]
3月12日の歴史的出来事
3月12日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

ブログ更新するぜ!

1987年ノーベル生理学医学賞:利根川進
0000001いやはや、平日はなかなかブログ更新できず、週末にまとめてドンッてな具合になってしまい、毎日訪れてくれる方(そんな奇特な方がいるかは不明でやんす)には、お手数かけますって状態ではあります。


それでも、ブログ以前から読んでくれている方にとっては「おぉ最近、杉村やってんじゃん!」てな感じかと思います。なんせ以前は、4ヶ月ほどまったく更新せずに、ある日突然その更新停止状態だった4ヶ月分の雑記をドドンッ!とまとめて更新する荒技を繰り広げておりまして、その上毎日の分量も多いので「単行本1冊分」という容量。
そんな事を前提に「1週間2週間更新しないなんて小ぃせえ事言うなよ」と勝手に自分ルールで生きております。

1973年ノーベル物理学賞:江崎玲於奈
0000002そんなこんなでブログ停止というと、ライブドア乙部女史のブログが、まさにそんな感じで、強制捜査が入る直前昼過ぎに更新されてからずっと停止したままになっていました。
そのおかげで、ライブドアがあんな事になってこんな事になっている状態なのに、ブログを覗くといつも最新のブログとして「ライブドアデパートでお取り寄せした食品の試食をしました」という暢気な内容の物がトップを飾っていたわけで。
で、3月1日に約1ヶ月半ぶりに更新されていました。
会社の上層部はトンチキ揃いだったワケですが、そこに勤めている社員は、軽率な波に乗ってバブル的にはしゃいでいたのかも知れないけど、個人レベルでは普通の勤め人だったって事で、大変だろうねえって感じもする。

1965年ノーベル物理学賞:朝永振一郎
0000003自分だって、自分のあずかり知らない部分で勤めている会社が不正を行っていたとしても「最近、業績良くなったよねえ、もっと頑張ろう」てな事を考えるだけで、会社と個人はちゃうってワケで。
もっとも、現状を見ている限りではライブドアって会社はもう根本的にダメじゃんって感じはあるので、この先、どうなっていくかはよく解らない。(未だに株は日々下がり続けているみたいだし)
特に最近は、ちゃんとニュースを見る余裕もないので、語るネタは無いっす

乙部女史のブログにはコメント欄はないのですが(以前あったかは不明)、あれに関しては「個人」と言いつつも、あくまでも広報の一環なわけで、それに関していろんな声が集まってきて、そりゃ読むのがツライ事も多いと思う。

(ノーベル賞は一休み)石原裕次郎・初期
000001先日友人とも話したんだけど、批判的な文章って書きやすいよねという事。
自分の場合、基本的に一般人なんだけど、とりあえず単行本出したり、メルマガ出したりしているので、非常に批判的な扱いをされるケースが多い。
掲示板でもメールでも時々そんな状態で(特に、トリビアブーム期や某うんちく王期などは)日々ウンザリしている。
芸能人ならブログ開いていたとしても、間に事務所が存在していたりする場合もあるんだけど、こっちは極々素人、しかも本の著者名でフルネーム出しちゃっているので、へたすりゃ生活を脅かされかねないのだ。

石原裕次郎・後期
000002確かに雑学という情報を偉そうに垂れ流しているので間違いは責められるべき部分だとは肝に銘じているんですが、実際読者から寄せられるメールの99%が間違い指摘というのはもう5年以上を通して変わらない状態っす。
中には「やった!間違い発見!」みたいに異常にテンション上げてメールを送信してくる方もいたりするワケで。

先日のメルマガ大懸賞の時に「他の雑学メルマガに間違いがあったので、その件で訂正文章をメールした処、いきなり『メルマガに注釈として内容の信憑性には責任持たない、それをどっかで使って不利益を被っても関知しないって書いてあるだろ』といきなり切れられた事があります」と書いてあったんですが、切れるのもどうかと思うけれど、もしかしたら間違いに対して大量の指摘メールが寄せられてウキーッ!となってしまったのかも知れない。本当に中には「ウソ書いて恥ずかしくないのか?とっとと辞めろ」みたいな感じの指摘メールもありますので。

今現在自分が打たれ強いタフな男になったのか、パンチドランカーになったのかは不明ですが、そんな状況をふまえつつだらだらとブログも続いていくのだ。(と言いつつ褒め言葉大歓迎フェア実施中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日の出来事(知泉)

パンダ発見の日
コラムの日
めんの日 [毎月11日]
3月11日の歴史的出来事
3月11日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

ずっとROCK(ズートロ)

0001the_modsTHE MODSのライブ音源を聞いていて、その中、TWO PUNKSの曲中で「2001年に20周年を迎えるけど、1つだけみんなに言いたいのは、歳を取るのを恐れないでください」とMCしている「歳を取るのを恐れないで、ずっとROCKしてください」と。(1999年末のLIVE音源)
てなわけでTHE MODSも、2006年現在、デビュー25周年というとんでもない状態になっている。
同期にデビューしたのはシーナ&ロケッツや、ロッカーズ、アナーキーなどなど。


0002ロッカーズはボーカルが陣内孝則で、数年前にこの時代の自伝的映画を本人が作ったけれど、日本のロックがそれまで、やたらとアングラなのか、逆にやけに歌謡曲よりだった部分から、ストリート的に展開をはじめたのが1980年前後だったのかもしれない。
もっとも、そのストリート的展開が若い世代に支持されているって事から「ロックは商業的に若い層を取り込める」と音楽事務所が動き、ストリート系ロックの世界にもどっぷり芸能界が入り込んでいったわけですが。

0003あの時代「パンク」というジャンルはまだ過激な要素を含んでいて、ある種憧れ的な気持ちで70年代中期以降に始まったムーブメントのSEXピストルズ、クラッシュ、ジャム、ラモーンズなどを聞いていた。
あれをパンクだとすると、今振り返ってみると日本にはとうとうパンクってジャンルは登場しなかったような気もする。いくつかのパンクバンドと、音楽的な素材としてのパンクはあったけれど、ジャンルまで至っていないような気がする。
パンクには凄く精神的な物を感じて、特に体力のない自分には恐れ多いジャンルなので、その視線から「日本のはパンクじゃないよなぁ」と思っていた。

0004確かに、ラフィンノーズやブルーハーツなどの登場は鮮烈だった。
「人にやさしく」のインディーズシングル盤が出た時にちょうど、友人清原氏より「このバンド格好いいぜ」的に聞かされ、さらにビデオを見せられ「なんか演奏は稚拙だが凄くザラザラした感じがする」とインプットされた記憶もある。
その後、パンクがメジャーな音楽になったし、80年代中期から始まったバンド系ロックの盛り上がりが90年代に入ってのバンドブームに繋がっているんだと思う。

0005rcでも、日本におけるパンクって「そんな技術もなくてもカッコよく聞こえるから」程度の音楽って印象がしている。今もアマチュアで多いけど、現時点では一番安易な音楽って気がする。
だって、本来「既成概念をぶっ壊す音楽」だったのが、すでにパンクという既成概念の枠組みの中でしか存在してない。1989〜1990年に放送されていたイカ天なんかに出てくるパンク系バンドは完璧にブルーハーツの物まね合戦だったし、ロック系では忌野清志郎大会だった。
(なんか反発されそうな文章なんすけど、なんか精神論的な意味合いでロックとかパンクって概念があると思うワケで、説明は難しいっす)
必然性があって生まれたハズのラップやヒップホップが日本ではただの気持ちいい音楽になっているのと同じように。

0006自分は中学時代から音楽をやっていて、いわゆる「音楽で革命を起こすぞ」的な夢見がち少年の一人だった(アコースティックだったけど)。そんな同じような連中も沢山見てきた。(現役の多くの音楽少年がそんな感じだとは思いますが)
ただ自分はへそ曲がりなので「音楽やっている」という括りの中に居るのが嫌いで、その時点で流行っている音楽をやっている連中とは相容れる事もなく(女子に受けるような曲もあえてやらず)、なんかいつも客観的になっていた。
そしてそれから遙か時代を経た今、自分がギターを手に取る回数は減ってしまったけれど、なんか煮えきれない状態で今も物を作っている。

0007jamあの時代に音楽少年だった連中が、「あの時代はさぁ」と懐かしい時間を自慢げに語り始める時、なんか今もいらついている自分が居る。
別に楽器を持ってはいないけど、過去形にしないでずっとROCKし続けていると自分では思っている。
歳を取ることは別に悪いことじゃない。
どうやら現在活動休止中らしいハイローズだって「ずっとROCK!」と歌っているのだ。
爺になっても、この世を去る瞬間までROCK野郎を突き通していくのだ。体力ないけど。
(自分の気持ちを無理矢理前向きにさせるために書いております)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月10日の出来事(知泉)

東京大空襲の日
東京都平和の日
農山漁村婦人の日
佐渡の日
砂糖の日
陸軍記念日(1906〜1945年)
3月10日の歴史的出来事
3月10日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

宝くじより確率高いぞ

0000zzzzz小泉チルドレンの一人として去年の第44回衆議院総選挙で初当選をした松本和巳氏が、選挙中に運動員約30人に報酬250万を支払ったという事で、公職選挙法違反(つまり買収)で出納責任者が逮捕され、結果として1月18日に議員辞職した。
松本和巳は現在41歳だが見事なハゲっぷりで貫禄あるんですが、この人ドラッグストア・マツモトキヨシの名前になっている創業者・松本清氏(元松戸市長)の孫。
この祖父も考えてみれば選挙では「それOKなの?」という事をしている。実は「マツモトキヨシ」は選挙対策として「大々的に名前を覚えてもらう」という事で店名にそのまま自分の名前を付けたのだ。これってOKなんすか?


00000_1で、その辞職した松本和巳氏の空きを補う、千葉7区の補欠選挙が4月23日に行われるんですが、2月20日から候補者の公募を始めた処、自民党に2週間で応募者221人にもなっている。
公募始めた2月最終週は自民党は、ライブドア問題・牛肉輸入問題・欠陥住宅問題などでかなりピンチだったのに、2月末に偽造メール事件で風向きがグンと変化したとはいえ、これまでの選挙の公募での補選では普通20名ほどで、多くても70名あれば大騒ぎって状態だったのを考えると、かなり凄い数字って事になる。

どうもこれは「政治的に志す」って事じゃなく「あの程度の奴ら(多くがタイゾー氏を指すと思われる)でも出来るんだろ?しかも年収何千万円とかっしょ、やるっきゃねえべ」って感じなのではないかと。
確かに、杉村タイゾー氏の動向・言動を見ている限りでは「そこらのアンちゃん」的で、軽率だし、誰が差し変わっても別に問題ないみたいな感じだし、そりゃ宝くじを買うかの感覚で「一攫千金」を狙って立候補出来る状態なのかも知れない。
そんなので候補者多くなるか?と普通の感覚では思ってしまうけれど、なんせ「キムタクがドラマでパイロットを演じた翌年のパイロット応募者は例年の倍以上あった」(さらに次の年は普通に戻る)そうなので、世の中にはごくごく解りやすい思考能力をお持ちの方が多いらしい。
ダメな人生を一発逆転で勝組にするための選挙。志、高いなぁ。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

3月9日の出来事(知泉)

エスカレーターの日
ありがとうの日
記念切手記念日
緑の供養日
関門国道トンネル開通記念日
レコード針の日
佐久ケーキ記念日
果物の日 [毎月9日]
クジラの日[毎月9日]
バービー人形誕生日
3月9日の歴史的出来事
3月9日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

まだお祭りは続く

5日の荒川静香効果という文章のラストに「直立レッサーパンダと同列の」と書いたら、報道ステーションで「イナバウアーのポーズを取る亀」とかが出ていた。
やっぱりレッサーパンダ並の扱いだったのかと。
もっとも報道ステーションの流れって言うのは、この手の軽薄な便乗的話題をわざわざ取り上げておいて、古館伊知郎が皮肉混じりに何かコメントするってパターンなので、純粋に「こんな話題ありましたよ」って状態じゃない悪意をちょっと感じる。
かつての久米宏なんかも同じように皮肉混じりのコメントを言っていたけれど、なんか古館のほうは陰険な感じがしちゃうのは、テクの差なのか、人徳の致す処なのか。


2002年度ノーベル化学賞:田中耕一
000でも、この本人の思惑とはまったく関係ない部分で変にタレント扱いしたりしている状態って、何かを思い出すなあと思っていたんですが、数年前のノーベル化学賞を受賞した田中耕一さん。
同じ年に物理学賞を受賞した小柴昌俊さんって感じなんですかね。
あの時は、あれだけ大騒ぎして「今日はあれをした、今日はこれを言った」とマスコミが追いかけていたのに、結局ほとんどの人があの二人が何をしてノーベル賞を受賞したなんて部分を理解していなかったのではないかって感じなのだ。

2002年度ノーベル物理学賞:小柴昌俊
000_1確かに説明は難しい理論ではあるんだけど、多くの人は「理解出来ない」じゃなく、ハナから「理解するつもりがない」って感じだった。そんな状態で「いいわぁ田中さんを見ていると癒されるわぁ」みたいなコメントをマジにインタビューで喋っているオバチャンとかがいた。
ま、結局こうやってマスコミで浪費され、ただ物見遊山的な感じで盛り上がってしまうのは、皇室の追っかけも含めて、どれも同じようなものなんでしょうけどね。
今回はとりあえず「感激した」って事を言っとけば、ミーハー気分の免罪符にもなるし。

2001年度ノーベル化学賞:野依良治
000_2同じように今回のオリンピックで変なブームになっているのがカーリング。
なんか異常に盛り上がってアイドル扱いで、呼び名までマリリン・ユーミン・アユ・モエてな感じで(本橋麻理・林弓枝・小野寺歩・目黒萌絵)なんか、どうなんすかねぇって状態。
テレビの街頭インタビューでは(特徴的なインタビューだけを編集しているってのは解ってますが)「今回のオリンピックでカーリングっての知ったんだけど、面白いねえ」みたいな事を言って「自分もやってみたい」などと言う状態。スケートリンクではカーリングコーナーを設けたり、来年は別にカーリング場を別に作ることを検討しはじめたなんて所もあるらしい。

2000年度ノーベル化学賞:白川英樹
000_3でも、初めて知ったって....1998年の長野オリンピックの時もカーリングはあったし、ユーミンとアユは2002年ソルトレークにも出ているし。って松任谷由実と浜崎あゆみかよ。
でもって、帰国初の国内大会では、通常500人入れば大入りだった所に大量の人が押し寄せ、とんでもない状態になっているという。
熱し易く醒め易い国民なので来年オープンのカーリング場はどうなっているか解りませんが。

1994年度ノーベル文学賞:大江健三郎
000_4カーリングというと、自分はもう20年以上前にリバイバルで見た、ビートルズの2作目の映画「HELP!-四人はアイドル」の中でやっていた、珍奇なゲームで始めて知った。
というか、その映画で見た時に「あ、これがカーリングか」と思った記憶があるので、それ以前に本か何かでそれ自体は知っていたと思う。
スイスの雪山の中にある凍った湖の上でビートルズのメンバーがおふざけ的にカーリングを遊んでいるシーンが出てくる。で、リンゴ・スターを狙った悪人がストーンに爆弾を仕掛け、危機一髪という所で、誰もいない所でストーンが爆発し、氷に大きな穴が空く。そこからゴーグルを付けた水泳選手が顔を出し「ドーバー海峡はどっちですか?」というギャグに繋がっていく。(この水泳選手は後にも出てくる)

1974年度ノーベル平和賞:佐藤栄作
000_5カーリングというネタで雑学
☆長野オリンピックの時にカーリングが行われた会場は長野県の軽井沢市。実は軽井沢市は1964年の東京オリンピックの時に乗馬の会場となっている。夏季・冬季の両オリンピックで会場になった場所は、この軽井沢が世界唯一の街。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月8日の出来事(知泉)

国際女性デー(International Women’s Day)
☆遊園地の日
みつばちの日
みやげの日
赤ちゃん&こども『カット』の日
屋根の日 [毎月8日]
果物の日 [毎月8日]
米の日  [毎月8日・18日・28日]
歯の日  [毎月8日・18日・28日]★3月8日の歴史的出来事
3月8日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

エンのある帽子

他の事をしながらTVの音だけを聞いていたので、どんな番組だったのかイマイチ憶えがないんだけど、凄く変な形で引っかかっている物がある。


何かの事件があってそれの事件を立証させようと、事件を目撃した人に色々インタビューしていると言う趣旨の番組だったんだけど(たぶんそんな感じ)
犯人らしき人物を目撃したと言う女性が(顔は隠した状態で)インタビューに答えていた。
その時、何気なくテレビを見た。

女性は「えぇ帽子を被っていて、エンのある帽子で(以下記憶が定かではない)」と喋っていたんだけど、その時、画面にはテロップで「えぇ帽子を被っていて、縁のある帽子で」と出ていた。

普通に考えて、縁(フチ)のある帽子を「縁(エン)のある帽子」と言い間違えるかなぁ、もしかしたら帽子のあの部分、あるいはそれじゃない部分を「エン」と呼ぶ事もあるのかも知れないけれど、なんか「言い間違え」ではなく「読み間違え」っぽいような気がして。

その部分が強烈に引っかかってしまい、その事件そのものがどんな物か忘れてしまった。ここ数日の間に放送した番組での話なんすけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月7日の出来事(知泉)

消防記念日/東京消防庁開庁記念日
未成年喫煙禁止法制定の日
警察制度改正記念日
花粉症記念日
3月7日の歴史的出来事
3月7日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

目利きではない仏像盗難犯

※色々と忙しいので、今回は以前(1ヶ月経過してしまった)書いて未掲載だった文章です。
2月5日、仏像盗難犯として埼玉県でネイルサロンを経営していた男性が逮捕された。
とりあえず取り調べでは「仏像が大好きでそれを手元に置いておきたかった」などと供述しているのだが、押収された盗難仏像はとにかく取り扱いが雑で、腕や指などが欠損した物が多かったらしい。


どうやら、仏像には興味が無くそれを売りさばいて得る金の方に興味があったらしいのだが、基本的な知識もなく泥棒を繰り返していたらしい。その為に、寺の中にある国宝級の仏像の横にある歴史も浅いほうを盗んだりしていた。(売買の時に国宝級では足が着きやすいので手頃な方を盗んだと考えられていたけど、どうもそうじゃないらしい)
で、仏像と言えば京都なんですが、京都まで出張して泥棒を繰り返していたらしく、2月5日に明日香村の橘寺(聖徳太子建立の7寺の1つ)で仏像を盗もうとしていたこの男が取り押さえられ逮捕となった。

その時の所持品の中に折り畳み式のノコギリがあったんですが、周辺で起こっていた事件でもノコギリで窓の枠などを切断して忍び込むなどの手口があったことから、この男が一連の事件の犯人と考えられている。

そして、その男の無知ぶりってのがとんでもない文化財破壊を招いている。
橘寺から約15kmほど離れた所にある法隆寺の中、西室に安置されていた仏像も盗まれているのだけど、実はそこにあった仏像は昭和になって造られたレプリカ。(本物は国宝)
盗み出した物の金額はさほどなんだけど、実はこの男、西室に忍び込むために西室の格子をノコギリでギコギコと切断して、そこから浸入したのだ。

その破壊した格子を含む西室ってのは法隆寺の西側にあって、普段は法話や説法の場として使用されている建物で、その西室自体が国宝指定を受けている建物なのだ。
つまり、レプリカを盗むために国宝を破壊しちゃったって事で、アホとしか言いようがない。
法隆寺の西室は8世紀に建てられ、11世紀後半に一度焼失した後に1231年に再建され、1955年に国宝として指定されている。

金閣寺を燃やしちゃった僧侶の話なんかは三島由紀夫が小説の題材にするほど、ある種の精神的な葛藤や屈折があった故の事件だけど、この事件はただのマヌケ男のマヌケな犯罪でしかないよなあ。

法隆寺の豆知泉
☆世界最古の木製建築物である法隆寺は640年に消失しており、今の法隆寺は693年に建て直された物。 それでも世界で一番古い木造建築物。
☆昭和14年に法隆寺の金堂壁画を補修するための模写が始まったが当時の白熱灯では正確な色彩が出せないため、東京芝浦電気(後の東芝)で試作段階だった蛍光灯が使われた。これが日本初の蛍光灯。
☆法隆寺で使われている釘は1300年たってもサビていない。
☆法隆寺の柱は途中が太くなっている。これはギリシャ文明の影響がインド経由で伝わった物。と昭和時代の授業でも教わり、観光ガイドも自慢げに話していたが、これは明治時代の建築家・伊東忠太が唱えた説。現在の学会では「偶然だった」と殆ど否定している。
☆法隆寺の昭和大修復の際、お役所が「メートル法の図版しか受け付けない」と言い張ったので、西岡常一棟梁は役所に提出したメートル法の図面とは別に、作業用の尺貫法の図面を準備し使用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月6日の出来事(知泉)

世界一周路線開始記念日
弟の日
スポーツ新聞の日
ジャンヌ・ダルクの日
3月6日の歴史的出来事
3月6日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

荒川静香効果

0000arakawaなんか荒川静香がトリノ五輪で唯一のメダルを獲得したって事で、それ以来とんでもない状態になっているみたいっすね。
ちょうどその時、色々ハードな状態だったのでそっち方面に意識がいっていないので、今に至るまであんまり興味がない話題なんですけど、その後のトンデモ状態は「日本人って凄いなぁ」と思っている。


彼女が1月に出したというDVDがガンガン売れているってのは理解できる。その金に値する演技が収録された物なので、それをもっと見たいってのは当然の事。

五輪で使われた曲が収録されたCD
0000to荒川選手がフリー演技のときに使ったイタリア歌劇「トゥーランドット」のCDがガシガシ売れて品薄状態、さらに携帯電話の着信でも10万ダウンロードだとか。
この手のブームに乗ってCD買ったりする人の感覚がちょっと不明なんですが、ダイアナ妃が亡くなった後エルトン・ジョンが歌った「キャンドル・オブ・ザ・ウィンドウ」がギネス級に売れたり、去年は本田美奈子.が亡くなった直後に「彼女は天使の歌声」とCDがムチャ売れしたりするのも「何故そこまで?」とか思ってしまう。

さらに荒川静香がCM出演している「金芽米」が売れに売れ、生産が追いつかない状態になっている。
これなんかは確かに、米を売るために頑張っている選手を起用してCMやっているので、その効果が出るってのは「思惑通り」なんだろうけど、荒川選手が出ているCMの米を食べるのって何かよく解らない盛り上がり方ではある。
これ食べれば荒川選手みたいになれるとかって感覚なんでしょうか?

上杉香緒里「おんな酒」
0000uesuzi1さらには荒川静香効果で「顔がソックリ」として演歌歌手の上杉香緒里が人気になり、ついにはオリコンの演歌チャートで「おんな酒」という曲が1位になったという。
彼女が金メダル取ったことによって経済効果が何10億円とか言われているけど、う〜むと思ってしまうのだ。ちょっと蚊帳の外って感じなので寂しいし。

きっと、この期を狙って名前つながりで亀井静香も再浮上を狙っているのでは無いかと。
あるいは片桐はいりが....

でも、荒川静香ってオリンピックが始まる前はマスコミは散々な扱いだったような気がするんですが...
「能面みたいな顔」「愛嬌がない」「フィギュア選手としては致命的な華がない」「もう選手としてはピークを越えた荒川を選出せずに、もっと未来がある選手を選べばいいのに」などなど。
荒川選手がトリノに出発する時、空港にはほとんどマスコミもファンも居なかったらしいし。
ここまで掌返しをするマスコミに対し、笑顔でインタビューに答えている荒川選手は心の中で「ケッ」とか思っている部分もあるんじゃないかと思うのだ。

で、今や「イナバウアー」が話題になって、さらに「イナバウアーは後ろにのけぞるって事じゃなく、足を180℃開いて横に滑ること」という情報も話題になっている。
昨日のTVでは荒川静香本人に向かって「イナバウアーを改良したワザなので別の名前、例えば荒バウアーとか、アラカーワとか名付けたらどうですか?」みたいなくっだらない事を言っていた。
当然、荒川選手はにが笑い的な表情をしていたんだけど、そのオヤジギャグ的なネーミングセンスはどうなの?って感じだし、ワザに名前を付けるのは本人じゃないだろって気もする。

さらに「イナバの物置」の所には「イナバ・ウアーの物置」を出して欲しいという手紙が殺到しており、検討しているみたいな事も紹介されていたけど、それは本当なのかなぁ
確かに親父ギャグ的には「イナバウアーの白うさぎ」とか「イナバウアーの物置」とか考えるけれど、それをわざわざイナバの物置にその手紙を出す人がそんなにいるかな?という感じもあるし、それをわざわざ「実は私の所にこんな手紙が来ているんですよ」とテレビ局に対してイナバがネタ提供するか?という感じもある。これはちょっと捏造ぽいっすね。

なんかテレビでこの件に関して盛り上がれば盛り上がるほど、気分が萎えてしまう。
連日テレビ局が引き回して(その間にアイスダンスのイベントもこなして)いるってのは素人にも解るのに「帰国してから何か趣味とか自分の好きな事しました?」みたいな事聞いているし。

偉業を果たした本人は素晴らしいけど、マスコミの扱いは直立レッサーパンダと同列なんじゃないかと思ってしまうのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月5日の出来事(知泉)

珊瑚の日
ミスコンの日
スチュワーデスの日
3月5日の歴史的出来事
3月5日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

卒業

200603023高校野球で春夏連覇をした北海道の駒大苫小牧高校の3年生が、3月1日の卒業式の後、飲食店で飲めや歌えの大騒ぎをしたって事で補導され、春の大会に出ることになっていた野球チームが出場辞退って事になっている。
ま、3年生は「卒業しちゃったんだからもういいじゃん」てな感じでおおっぴらな場所で飲酒したのかもしれないけど、飲酒は20歳からっすからね。世間一般ではもう「高校卒業したら」みたいな感じかもしれないけど。


でも、昔からこの「連帯責任」ってどうなのよって思っている。
確かにチームワークを強調するのは問題ないとは思うけど、それまで必死に練習していた関係ない選手が、他の誰かのせいで出場できないって、教育上どうなのかって感じがある。
今回なんかは、事件を起こしたのは春の大会には出場しない卒業した3年生で、出場取りやめになった1.2年生にはまったく関係ない話。この先、事件を起こした3年生はOBとして高校に来て指導しにくくなるだろうし、1.2年生の記憶の中には一生「アイツらのせいで」というしこりが残るんだろうし。

もっと前のケースでは、事件を起こしたのは野球部とは関係ない生徒なのに出場辞退。この辺りになると、そこまで高校生に健全を求めすぎるのは逆に不健全って気がするのだ。

200603021てなワケで話は代わって、春は卒業の季節って事で、なんだか「卒業」をテーマにした曲が流れたり、さらには「年代別卒業式ソング」とかの特集まで組まれている。
最近では、サスケとかコブクロとか川嶋あいとか加藤ミリヤですか。
で、卒業と言うと1985年が卒業ソングの当たり年で、尾崎豊「卒業」、斉藤由貴「卒業」、菊池桃子「卒業」が発売されて...とかテレビでも紹介されていたり、ネットでもそんな事が書かれている。でも、1985年は倉沢淳美(元わらべ)「卒業」ってのもさほどヒットしなかったけどあったのはすっかり忘れられている。

シーズン物の楽曲としては、クリスマスに次いで多いんじゃないかと思うけれど、その手の卒業関連曲で最大ヒットは1998年にSPEEDが出した「my graduation」の147万枚らしい。
といっても、この手の売り上げランキングってのは凄く時代を反映していて、同列に全部を語る事が出来ない。
このSPEEDの時代ってのは楽曲がCDになり、子供が自由に使える金が80年代までより格段に多くなり、さらに現在のようにネットで...CDを焼いて...というのも無い時代で、100万枚ヒットも10曲近く出ていた時代なのだ。

200603022そんなこんなで、この所、雑記がいきなり薄味になったと感じている方もいるかもしれません。そんな感じで、アクセス数も一時期は1日500ヒットに達成していたんですが、最近はその半分ぐらいになってしまいました。

実は、今現在、かなり腰痛がひどくなって、その関係で肩こりも併発し、さらに慢性的頭痛になり、それの影響で胃が痛い、という体調不良に関しては俺は誰にも負けねえぜ!って感じで、集中力が無くなり、自分でも「ここまで文章が体調に引っ張られてダメになるのかあ」と思ったりするわけでやんす。
普段は何も考えずに適当に書きだして、何も考えずにラストまで一気に書ききった時にちゃんとオチまで書けていたりするのだが、なんか不調で、現在途中まで書いて保留している文章がいくつもある。
ま、先は長いのでダメな時もあるさ。

「いつまでも雨は降るワケじゃねえ」「夜明け前が一番暗いのだ」って事を自分の中で復唱して、だらだらと日々をやり過ごしていくしか無いのだ。
なが〜〜〜〜〜い目で見ていてください(By.小松政夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月4日の出来事(知泉)

サッシの日(YKKの関連会社が制定/サッ(3)シ(4))
ミシンの日(1990年・日本家庭用ミシン工業会がミシン発明200年を記念し制定)
三線の日(沖縄・琉球放送が沖縄の伝統楽器の日を制定/さん(3)し(4)ん)
円の日 (1869年・明治政府が貨幣は円形に限ると制度を定めた日)
●農山漁村婦人の日
3月4日の歴史的出来事
3月4日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

松浦亜弥ってもしかしたら凄い?

00001_1自分は基本的に歌手は「歌がよければそれ以外どうでもいい」と思っている。
例えば、尾崎豊がジャンキーだろうとしても初期の3枚のアルバムは今でも傑作だと思うし(それ以降はパス)、中森明菜が情緒不安定で精神的にヤバイ人だとしても80年代に歌っていた曲は好きだったし、歌手のキャラとかがウザくても「曲が良ければOK」という感じなのだ。


で、今回の話としては松浦亜弥なんだけど、以前から「歌っている曲は相変わらず、つんく(雄)が作っているので薄っぺらい曲ばかりだけど、歌手として凄いんじゃないか?」と言っていた。

00002_1もっとも、それを完全に実感できるような曲は歌っていなかったので、「もしかしたらリズム感と音程の安定感ってムチャ凄い?」って感じでいた。
が、今回「午後の紅茶」のCMでぶっ飛んでしまいました。

バックにジャニス・ジョプリンが歌っていた「MOVE OVER」が流れているんですが、その歌声が松浦亜弥。いや、こんなにドスが利いて上手かったけ?と思いつつ、KIRINサイトをチェックしたらマジに松浦亜弥が歌っているんすね。いや、ちょっと見直した。
基本的に松浦亜弥のキャラは好きではないんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月3日の出来事(知泉)

ひな祭り/桃の節句
桃の日
耳の日(1956年・日本耳鼻咽喉科学会が制定/み(3)み(3))
平和の日(1984年・日本ペンクラブが制定/翌年から実施)
女のゼネストの日(1997年・男女平等基本法を求めて決起する日)
金魚の日
結納の日
闘鶏の節句
ブルガリア解放記念日
3月3日の歴史的出来事
3月3日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

元ドリカムの西川、再び逮捕

つい先週、新作アルバムを発表したって事で色々な音楽番組に出まくっているドリカムですが、デビュー当時は男二人女一人の仲良しグループを「ドリカム状態」なんつー事を言っていたってのも遠い話になりましたなぁ


ドリカム新作「THE LOVE ROCKS」
000dct012002年3月21日に脱退表明してソロ活動をしていたらしい(誰も未確認)元キーボードの西川隆宏(確か愛称ニーヒャ)が、2月25日に新宿の路上で職務質問され、車の中にあった菓子箱に覚醒剤を隠し持っていたとの事で翌26日に覚醒剤所持により警視庁牛込署が逮捕した。
なんつーか、ある種の芸能界の転げ落ち方の見事な典型って感じ。
田代まさしの時のような、ニヤケ笑いを含むような「馬鹿だねえ」じゃなく、悲壮感があります。

2005年発表「DIAMOND 15」
000dct02確か、最初の事件は脱退して半年後の2002年10月7日、次のバンドの構想中にバンドメンバーだった義姉へ暴行を加えたって事で逮捕された。さらに拘留中に覚醒剤を使用していたって事で再逮捕。
そのニュースを聞いた時に、ありゃりゃ的な感じもあったし、次のバンドを自分主導でやろうとしていたって話を聞いて「それは無理でしょ」みたいな感想も持った。
ドリカムはあんだけ優秀な楽曲を作り続けてヒット連発だったけれど、その楽曲に西川氏はほとんど関わっていなかったんじゃないかって感じ。作詞作曲のクレジットにも自分が知っている限り関わった事ないし、さらに「本当にキーボード弾いてるの?」って疑惑もあった。

西川参加時のBEST
000dct03自分はその部分に関してはTV出演の時やプロモなんかの画像を見る時、注目していたんだけど、どうにも西川の指先ってのがまったくといっていいほど画面に出てこない。
もっとも近年のキーボードはプリセット状態も簡単に出来て、キーを1つ押しただけでその音をベースにしてアルペジオ弾くのも簡単に出来るので(ポータートーンですが)、上手い下手ってのはあの手のポップスには関係ないのかも知れない。

「わすれものばんちょう」
000dct04と言いつつ、ドリカムが90年代中期からロンドンレコーディングを盛んにするようになった頃、吉田美和と中村正人はやるべき事山積みなのに、西川だけが「あまり用事がない」と二人に言われぼけーっと日本に帰る事が多かったとその当時からネタ的に言われていた。
確かに作詞作曲をして突出したボーカル力を持った吉田美和、色々引用も多いけれど適切な編曲をする中村という、時代の寵児的ふたりと、何故そこにいるの?的な西川の対比は屈折した精神を生み出すのは理解できる気がする。

仲良かった頃「LOVE GOES ON...」
000dct05でも、多くのバンドがすべての人間が才能あるってワケじゃなく、フロントの1人2人の才能に引っ張られてスターダムにのし上がるのが普通の話。どのバンドも解散後は結局、数人しか業界に残れないってのが現実。
それがたまたま、3人組でそのうちの2人に才能があったって事が悲劇だったのかも知れない。
グループに所属していた時は居場所もなく、脱退したはいいけど思った未来予想図は描けず...気持ちは解るけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月2日の出来事(知泉)

ミニチュアの日
中国残留孤児の日
◇アメリカ:テキサス独立記念日(テキサス州)
◇アメリカ:グアム島発見記念日(Guam Discovery Day)
3月2日の歴史的出来事
3月2日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ネット利用者

NHK放送文化研究所が2月20日に発表した「2005年国民生活時間調査報告書」によると、10歳以上の国民でインターネット利用率は平均13%らしい。
もちろん、80歳90歳の人も含まれているのんだろうけど、思った以上に少ない感じでもある。
つーか、なんだかんだ言って自分もネット依存のような部分があるので「ネットの無い生活」はたぶん考えられない状態なので、ネットやっていない人ってのが把握出来ないんだと思う。
と言いつつ、ネットサーフィンやら、ネットショッピングとかはほとんどせず、もっぱら自分のサイト構築ばっかりなんすけどね。


でも国民の13%って現時点で日本の人口が1億2700万人なので、インターネット利用者は約1651万人って事になる。
そんでもって現在、メルマガの読者が1万人ちょい超えなので、ネット利用者の1600人に一人がメルマガ知泉を読んでいる。
って計算したけど、凄いのか凄くないのかよく解らなくなってしまった。

もっともメルマガ読者の声としては「友達に勧めたいけど、教えると雑学を自慢げに話せなくなるので、教えていません」みたいな秘密のメルマガなので、これぐらいが適当なのかなぁなどと思ったりする。

でも、メルマガで1万人読者って自分的には凄いとは思うんですが、一時期の「トリビアの泉」の単行本なんかが「100万部突破」とかってのはとんでもない数字なのだなぁ
もっとメジャー化計画を推し進めなくてはいけないと、切に思うのであった。

ちょっとここの所、薄味の雑記が続いていますが、色々と御家事情あってすんませんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月1日の出来事(知泉)

ビキニデー
マーチの日/行進曲の日
豚の日
琵琶湖開きの日
映画ファン感謝デー/年4回
 (3月1日・6月1日・9月1日・12月1日)
防災の日(年4回)
 (関東大震災の起きた9月1日を中心に3月1日・6月1日・12月1日)
労働組合法施行記念日
省エネルギーの日[毎月1日]
3月1日の歴史的出来事
3月1日生まれの著名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »