« 3月12日の出来事(知泉) | トップページ | 3月13日の出来事(知泉) »

2006年3月12日 (日)

マスク of エロ

ネット上には匿名でサイトを開き、そこで自分のフェチ趣味を全開にしている人がいる。
以前、何かの調べ物で間違って某サイトに紛れ込んだ際、そこに羅列されていた写真に「はぁ・・・」と思ってしまったことがある。
そこにはいわゆる「ブラ透け」という、薄着の女性の背中(まれに前も)にうっすら見えるブラジャーをこっそり撮影した写真が、これでもかという程羅列されていた。


確かに思春期の頃、前の席の女子が夏服になった際にうっすら見える影にドギマギした過去もありますが、流石にもうそんなドギマギ感も、どういうモンっすかねぇ状態。
で、そのサイトなんかが凄いのは、そのトップページに「最新画像」として羅列されている写真に日付があるんですが、それがほぼ毎日撮影、毎日更新って感じなのだ。
いやはや凄い情熱。その先に「過去の画像」というページもあったが、どこまで深いのか恐ろしくなってクリック出来なかった。

その下に「同好サイト」みたいなリンクがあって、その先には、マンションなどのベランダに干してある女性物下着を撮影した写真が羅列されているサイトだとか、そんなフェチサイトがてんこ盛りでした。
いやはや、自分はマダマダだなぁと思うわけですが(別にそっちを極めるつもりは毛頭無いんですが)、確かに写真週刊誌なんかにもくっだらない「女子アナセクシーショット」とか称したブラ透け・ブラチラやうっすら見えるショーツラインとかの写真が特集されている事もあります(当然肖像権クリアしていないでしょ)、そんなのを喜ぶ人も多いんですかね?

しかし下着に興奮するってのはフェチとしては軽い物かも知れない。
先日あった事件は「それがオチかよ」という特殊な物でした。
去年の暮れ、2005年12月28日、午後7時半頃、JR東京駅で電車を待っている女性に「ピンッ!」と来た男は、その女性の後をつけ電車に乗り込む。
社内でこっそりデジカメに彼女の姿を何枚も収めたのだが、それだけでは我慢できずにJR鎌倉駅を降りた彼女を追跡したという。
駅前からバスに乗り、女性が自宅マンションに着きドアを開けようとカギを取り出した所で男はついに犯行に及んだのだ。

いきなり背後から抱きつき、女性を目隠しした。突然の事に女性が悲鳴も出せず身動きも取れなくなった時、男は目的を達成して逃げ出した。
その目的とは、彼女がしていた「マスク」。
マスクを男にはぎ取られ、さらに突き飛ばされた時、我に返った女性が悲鳴を上げたことで、通行人が男を取り押さえお縄となった次第。

男の目的は最初から女性がしていたマスクだったそうで、その後の家宅捜索で「ネットオークションで購入した使用済みマスク」やら「マスク物アダルトDVD」、そして盗撮したマスクをした女性のデジカメデータ(5年分)などなどが、ごっそりと出てきたという。
マスク物アダルトDVDって物が存在している事自体驚きなんですが、男は「小学校の時に担任女教師が頻繁にマスクをしていた事からフェチ道に目覚めた」と供述しているらしい。

男は逮捕時、職業を旋盤工と述べていたが、実際には横浜市の中学教諭で39歳。即刻、懲戒免職となっている。
なんでも事件の起こる直前のクリスマス時に、好きだった女性が自分に好意を抱いていないという事が判明し「俺なんか逮捕されてこの世から消えてしまえばいい」と思って犯行に及んだらしい。しかし、この世から消える方法が女性のマスクを奪うって… 被害総額150円なり。

|

« 3月12日の出来事(知泉) | トップページ | 3月13日の出来事(知泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスク of エロ:

« 3月12日の出来事(知泉) | トップページ | 3月13日の出来事(知泉) »