« 功名が辻:山内一豊さんちの千代さん | トップページ | 2月5日の出来事(知泉) »

2006年2月 4日 (土)

神はサイコロを振らない2

小林聡美
20060204_2「神はサイコロを振らない」の中で10年前から時空を越えてやってきた、ともさかりえ演じる女性はとにかく流行り物が好きで、10年後の今の流行に必死に適応しようとしている。
中には「今これが流行っているんでしょ?」とどこで聞きかじってきたのか、いきなりメイド服を着て、シリアスな部分の多いドラマの中で微妙な失笑を誘っている。
「アタシも、これが流行っているって、どーもおかしいと思っていたんだよなぁ」


ともさかりえ
20060204_3で「今流行っているアイドルグループで『もーむすめ』って知っている?」と発言して、普通にテレビを見ている人から「あれは『モー娘。』と書いて『モームス』って読むんだよ」などとツッコミを入れられていると思う。
実は、この「モー娘。」という表記、モーニング娘。の所属事務所によって商標登録されているのだが、読みは「もーむすめ」で登録されている。
ま、現時点では「今流行っている」という部分で、微妙な失笑が…

時代のギャップという点では、1996年のともさかりえは、髪の毛の前髪がパラパラと額に掛かっていたり、スチュワーデスの制服に肩パット入っていたり、化粧が今より濃い感じだったりする。
2006年の小林聡美は地味でファッションに興味なさそうな人なのだが、何気に髪の毛を茶色に染めていたりしている。
そういえば、この10年間で髪の毛を染めるって事が特殊な事ではなくなって来たのだよなぁと思うのだ。(確か雑記の10年近く前にそんな事を書いたような気がする)
10年前というかバブル末期の女性の髪型は工藤静香に代表される「異様にこだわった前髪」だった。女子トイレで必死に前髪がカールしているのをチェックするってのが話のネタにされていた。
眉毛が太いのから異常に細いのに変化したのもこの頃だったかと思う。
そんな微妙な所もドラマの楽しみなのだ。

p.s.
先週の放送で「神はサイコロを振らない」ってのがアインシュタインの言葉からの引用というのが話題になっていましたです。

|

« 功名が辻:山内一豊さんちの千代さん | トップページ | 2月5日の出来事(知泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18814/611167

この記事へのトラックバック一覧です: 神はサイコロを振らない2:

« 功名が辻:山内一豊さんちの千代さん | トップページ | 2月5日の出来事(知泉) »