« 2月3日の出来事(知泉) | トップページ | 2月4日の出来事(知泉) »

2006年2月 3日 (金)

サイクリング遠征

春風亭昇太(新作)
2006020127日になんか不可解な事件があった。
「千葉県で自転車にのった親子が乗用車にはねられ二人とも死亡した」
というニュースを食事中に見るとも無しにつけていたニュース番組が報道した。
最初は「若い母親が小さい子供を乗せて」だと勝手に想像し「可哀想に」と思っていた。
が、ニュースでは「死亡したのは無職男性(61)とその母親(90)」ということで、ビックリした。


9代目林家正蔵(新作)
20060201961歳の息子が漕いでいる自転車の後ろにしがみつく90歳の母親って図だけで、ちょっと異様な気がする。なんかヨロヨロとゆっくり走っていたのではないか? 事故を起こした乗用車ってのは逆に被害者的な状態ではないか?などと思ってしまったのだ。
二人乗りじゃなくても、結構高齢の人が自転車に乗っているのを見ると、その横を車で走り抜けるのはかなり怖い。
さらに「?」と思ったのが、この親子が自転車を走らせていた場所ってのが、自宅から直線距離で約50キロ離れた場所。

林家三平(新作)
20060201_150キロって、ムチャクチャ離れているっす。自分だって今から自転車で50キロ離れた場所に行こうなんて思わない(自動車でだって面倒臭い距離)。
しかも61歳と90歳の親子。どのくらいの時間を掛けて50キロを走破していたのだ?それと目的地はどこだったのか?
なんか変な事件。事故じゃなく、事件って気もする。

|

« 2月3日の出来事(知泉) | トップページ | 2月4日の出来事(知泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイクリング遠征:

« 2月3日の出来事(知泉) | トップページ | 2月4日の出来事(知泉) »