« 2月20日の出来事(知泉) | トップページ | 2月21日の出来事(知泉) »

2006年2月20日 (月)

ガセネタと小泉首相

2代目失言王の武部ちゃん
200602202相変わらず国会は、足の引っ張り合いだけに終始していて本題となるべき部分は置き去りって感じ。
こいつら何のために存在してんの?って思っちゃいますな。確かに去年の秋の小泉圧勝時の片寄った国民の政治意識もちょっと問題ありだけど、この状況を日々見せつけられちゃえば、国民が政治に興味なくなるのも「ごもっとも」って感じ。


そんな中、武部の政治上の息子がリアルな息子に3000万円を送ったとかいうメールが民主党から出されて、またしても大騒ぎ。
それに関して武部2代目失言王は「そんな事実はない」と否定、そして小泉-のれんに腕押し-総理大臣は「そりゃガセネタだ」と一刀両断に斬り捨てていた。
その後、国会で「ガセとはなんだ」との質問に「えーガセとは調べた所によると『人騒がせ』の『がせ』でありまして」と答弁していた。
その場に居合わせた国会議員、あるいは中継を見ていた人々は一斉に「へえ〜へえ〜へぇ〜」とボタンを押した事でしょう。小泉首相に80へえ。

なんか今回のメールに関しては「小泉政権を叩くネタ」を探すのに躍起になって、深く考えず深く調査せずにカードを出しちゃったって感じなんすかね?

髪の毛伸びて変な感じになっちゃってる小泉ちゃん
2006022001_1で、詳しい解説なんですが、ただ単に「人騒がせ」の略ではありますが、本来は警察の隠語です。
例えば、犯人のことを「ホシ」というのは「目星がつく」のホシだとか、強制捜査を「ガサ入れ」というのは「探す」のサガをひっくり返した物だとか、それと同列。
間違った情報で振り回された時に「お騒がせ情報」という事で「ガセネタ」となったらしい。
ついでに言うと情報という意味の「ネタ」も警察用語。元は「情報=逮捕に至るキッカケ」ということで「種」と呼んでいた物の逆さ読みで「ネタ」になった。余りにも一般的になった言葉なので語源を考える事が無くなったほどの言葉ですが。
これらの警察での隠語が一般的になってしまうのは、多分に刑事ドラマの影響があったハズ。

警察関係の用語で一般的になったと言えば「パクリ」というのもある。
もっとも現在のパクリは盗作というニュアンスですが、もともとは「パクられる」といえば「逮捕される」の意味。
これの語源は諸説あって、兵庫県などには古くからその様な言葉が存在していたという情報もあったり、戦前の旧制中学辺りではドイツ語の「掴む:packen」からこの言葉を言っていたという話もある。
現在は「パクッと食べるように」みたいな感じで使われているのかも知れない。
それを音楽業界では70年代から盗作する的なニュアンスで使い始め、70年代中期に近田春夫がラジオで歌謡曲の研究番組を担当した際、多用した事で浸透し始める。
もっとも近田春夫の「パクる」は悪い意味ではなく、先人の音楽に影響を受けた楽曲的な感じで使われていた、今でいう「インスパイヤ」。
そして自ら作曲して大ヒットした、漫才師ぼんちの「恋のぼんちシート」がイギリスのバンド・ダーツの「ダディクール」の盗作じゃないか?と指摘されたときに、近田は「はいパクリました」と認め、言葉として一般的になった。
近田は「インスパイヤしました」という意味で「パクリ」という言葉を使ったのだが、どうもマスコミとの温度差がそこにはあった。
後にダーツのプロデュースをしたというのは、本家のダーツが盗作というニュアンスで捕らえていなかったタメと考えられる。

逆に犯罪者側から警察に対して出来た隠語に「デカ」ってのもあります。
明治時代の警察官の刑事たちが着ていたのが、江戸時代の名残を受け継いだ「角袖」と呼ばれる物だった事から、犯罪者側が「カクソデ」をアナグラムで「クソデカ」と呼び、そこからクソが抜けて「デカ」になったという。
※別の説では、江戸時代、町方役人が配下の者を「手下(テカ)」と呼んでいたものが明治時代も継承されたというものもある。

そんなワケで、小泉首相に80へえ。

|

« 2月20日の出来事(知泉) | トップページ | 2月21日の出来事(知泉) »

コメント

情報の小出しは、きっと民主党の戦略の一つに違いない!(笑)

投稿: レインメーカー | 2006年2月21日 (火) 09時32分

>1988年2月22日:東京世田谷区砧南中に覆面の9人組が深夜押し入り………未解決の不可解な事件となった。

メルマガに記載の↑の件
どこに書こうかと迷いましたが、ここに書いておきます。

犯人は逮捕されてますから「未解決」はガセですね。
どうして「9」だったのかは犯人自身にも分からなかったようで、その点は「未解決」ですが。
http://www.geocities.jp/showahistory/history7/showa63a.html

投稿: 一一 | 2006年2月21日 (火) 10時56分

>去年の秋の小泉圧勝時の片寄った国民の政治意識もちょっと問題ありだけど

今回の民主党の馬鹿さ加減を見れば、自民党に投票した「片寄った国民の政治意識」が正しかったことが証明されたわけですがw

あ、社民or共産支持ですか?
それはまた「片寄った政治意識」をお持ちでw

投稿: 一一 | 2006年2月21日 (火) 11時03分

>犯人は逮捕されてますから「未解決」はガセですね。
あらら、逮捕されてましたか。次号で訂正しますです。

社民党も共産党もお笑い政党としてウォッチしがいがありますが、支持にまではいたりませんです。
社民は1997年に(あの時は社会党でしたが)「北朝鮮が日本人拉致しているなんて話は北へ日本政府が食糧支援させないために考え出された話」と機関誌「月刊社会民主」に書いて、2002年9月中旬に拉致被害者が帰ってきた以降、10月になって慌ててHPから削除したような党ですからねえ。(土井たか子も北に招待され「良い国ですよ」とご満悦でした)

投稿: 杉村 | 2006年2月21日 (火) 22時16分

最後の2行は冗談ですw

先の選挙で無党派層の自分は自民に投票したので、「片寄った国民」呼ばわりされてカチンときたのですよw
自民も一部は腐りきっててダメだけど、民主の腐り方は自民以上だし、沈没船の社民から逃げてきた鼠共が実権握ってますから、「究極の選択」(ウンコ味のカレーとカレー味のウンコとどっち選ぶ?)で自民を選んだわけです。
自民と民主のまともな連中に期待したいのですが…

投稿: 一一 | 2006年2月23日 (木) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18814/777963

この記事へのトラックバック一覧です: ガセネタと小泉首相:

« 2月20日の出来事(知泉) | トップページ | 2月21日の出来事(知泉) »