« フィギュア放火事件(燃え) | トップページ | 1月19日の出来事(知泉) »

2006年1月18日 (水)

株はギャンブルじゃないよ

ライブドアの株式のカラクリとかは色々な処で説明されているので書かないけれど、いやはや凄いですね。
去年の今頃、ライブドア株は300円台にいたんですが、いわゆる去年後半から景気回復の兆しみたいな言われ方をした回復基調の中で株価が上昇し、年末は700円台まで上がっていた。
家宅捜索が入った16日の終値が696円だったんですが、混乱の夜が開け17日は売り注文殺到で約2億6000万株が売りに出た。しかし買い注文は約290万株で取り引き不成立で、値が付かない状態となった。


ライブドア株は1株単位の小口投資が可能で、まさにお小遣いレベルでの株購入が出来るとして約半分が個人投資家が株主になっていたという。逆に言うと、株が細かくばらけているのでライブドアや村上ファンドのように株を独占して企業買収がしにくいって感じかもしれませんが。
でも、今回の事件→翌日売り注文殺到ってのは、ある意味自分で蒔いた種。家宅捜索を受けた件ではなく、株が異常に動くって意味で。

本来、株なんてのは有望な企業があったら大金持ちの投資家が「この会社をバックアップしてやろう」と自分の資産で会社をバックアップするという事なんだと思う。そして、その資金源を元に会社が発展したら、そのぶん、投資家も潤うという仕組み。
ところが、この小口投資とかの場合、そんな会社をバックアップしようなんて気持ちは毛頭なく、ギャンブルの一環のような状態。ちょっと儲かり始めた会社があったらそれに金つぎ込んで、それなりに儲けたら株売って、別の上り調子の会社の株買って、を繰り返すだけ。
そんなすてきな株主様を大量に抱えている会社だから、ちょっとつまずくと、あっという間に売り注文殺到となる。
沈没する少し前の船からネズミが一斉に消えるかのように。
ライブドアもしょうもないと思うけど、気軽に株に手を出し情報に右往左往する株主様もしょうもないなぁと思っちゃうのだ。
でも、去年末は景気も上向きとか言って、株がこんなに全体的に…などとニュースで言われていたんですが、結局これもプチバブルで、いとも簡単に総崩れになってしまうような物なんだなぁと認識させられたのだ。

p.s.1
街でのインタビューで「もうIT関係もダメでしょうね」としたり顔で語っていた人もいたけれど、ライブドアがダメになっても「IT」はダメにはならないでしょ。なんかIT=なんかよく解らないけど金儲ける職種みたいなイメージで語っているんですかね?
たぶんこの先、さらにIT関連は重要性を増してくると思うので。

p.s.2
ライブドアの家宅捜索がなぜあのタイミングで、あの時間帯だったか?というのも考えていくと、色々ありそうな気もする。
本来は朝のワイドショーから夜のニュース番組までがヒューザー小嶋への証人喚問一色になるハズだったのが、こんな状態。
小嶋の答弁拒否なんて、ほとんど話題としてはちっちゃくなってしまったし。
でもライブドアに関してはニッポン放送買収事件の時に森くんが「金があれば何でも出来ると思ってるのか?これも教育のおかげか?」と延べてましたが、そうなんでしょうね。
金があるだけじゃなく、ちゃんと政治家への根回しが出来ていないと、こういう目に遭うんでしょうねって気もする。
そして今の教育では「長い物には巻かれろ」ということわざを教えていないのか!と森くんはいいたいんでしょうね。

p.s.3
ライブドアの成長率が5年間で約50億円から約7700億円で150倍以上に肥大しており「異常」とニュースで話題にしていた。この異常は絶対におかしすぎる、裏があって当たり前と。
実は、Googleのこの5年間の成長率は437倍。

|

« フィギュア放火事件(燃え) | トップページ | 1月19日の出来事(知泉) »

コメント

ライブドアの株券って、葉っぱのお札みたいだよね。

投稿: おおつぼ | 2006年1月19日 (木) 00時33分

まーまー。杉氏も「したり顔」で「ホリエモンのどこが悪いの?」みたいなことをおっしゃっていたではありませんか。同じですよ。「政治家への根回し」の着眼点は面白いけど、ライブドアを叩けば選挙時にホリエモンを推薦した自民党もヤバクなるから、それは違うでしょう。

投稿: レインメーカー | 2006年1月20日 (金) 22時27分

いやはや、叩けば叩くほど色々出てくるので、逆にリアルな事件には見えなくなってしまうっす。
確かに事件発覚前は、ホリエモンの事を批判的に言っていた人には「でも株式の中ではグレイ地帯を進んでいるので、批判すべき物ではない」と思っていましたけど、ここまで出てくると「俺の目はフシ穴だ!」と自信もって言い切る事できます、はい。
でも自民党が選挙時にホリエモンをバックアップしたのは、まさかこんな事しているとは思わなかったからで、株式の不正操作と、自民党の絡みは直接関係ないような気もする(難しい部分多いけど)
そんな論調で自民党叩きをしているようなマスコミも「あんたらもタレントとしてのホリエモンを面白がって使っていなかった?」みたいな部分あるので、この2・3日の掌を返した論調もアララって感じで見てます。
でも「金でなんとでもなる」と言う意見に批判的な、森くんあたりの意見には全然同調出来ないってのが今でも変わらない部分。

投稿: 杉村 | 2006年1月20日 (金) 23時30分

思えば、ゼロ配当を涙流して情で株主に詫びてたあたり、「何か違う」って感じでしたね。
結局「善人は大成できない」ってことなんでしょうか。「既得権・旧体制に対する反逆児」って賞賛してた人達って何て素直な善人だったんだろう。

投稿: レインメーカー | 2006年1月21日 (土) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株はギャンブルじゃないよ:

« フィギュア放火事件(燃え) | トップページ | 1月19日の出来事(知泉) »