« 1月15日の出来事(知泉) | トップページ | パクリとパロディ »

2006年1月15日 (日)

18年分のCD

2006011503iPodの愛用者になって早2年近く経過しておりまして、なんだかんだ言って現在3代目のiPod(過去の2台は友人へ)を日々聴き倒している。
毎日の片道1時間の通勤時間はiPodをトランスミッターでFMへ飛ばしているので、最低でも毎日2時間聞いていることになる。


Apple iPod nano 4GB ホワイト [MA005J/A]
この2年間、手持ちのCDをワッセワッセと必死にデータ化し、それが終わった所で今度は手持ちのアナログレコードをデータ化する作業を続けている。レコードの方は、半年ほどほとんど手を付けていない状態ですが。
CD自体2千枚以上あるのでとんでもない状態なのですが、全部データ化してHDに入っているってことで、今までジャマだったけれどいつ何時聞きたくなるか解らないので片づける事もできなかったCDを、部屋の隅っこの目立たない場所に安置させる事が出来、少しは部屋が片づいているのでヨシヨシなのだ。

HDには現在85G容量のデータがある。曲数はおおよそ2万6800曲。
これを片っ端から一気に演奏すると、演奏時間は全部で約75日間かかるそうで、この1月15日に演奏開始して、終了するのが3月31日って事になる。

バラードバラード ジョン・コルトレーン


しかし、ランダムで曲を演奏させると「ドリカム」→「グループ魂」→「ジョン・コルトレーン」→「うしろ指さされ組」→「レッドツェッペリン」→「武蔵野タンポポ団」→「風吹ジュン」→「CORE OF SOUL」→「The Who」→「よめきん(いいとも婦人隊)」→「D-51」→「由美かおる」と際限なく、無節操なチョイスで曲が流れてしまうのだ。(時々、佐野元春→杉真理→ナイヤガラトライアングルなどという偶然の連携ワザもあり)
自分ひとりの時はその曲と曲の落差を楽しめるんだけど、他の人とドライブ中「マイルス・デイビス」の次にいきなり「♪ジラフフラフ〜キリンは近くじゃ臭い、キリンの背中は乗りずらい〜♪」と「マイナスターズ」が流れたり「老人と子供のポルカ」が流れたり(しかも自切俳人Ver.)、あんまり理解されにくい状態なのだ。

CDに関する話題
Blog以前の雑記で世界で初めて売り出されたCDは?というテーマで書いた事があったんだけど、それまで雑学的には「LONG VACATION/大滝詠一」だとか「ニューヨーク52番街/ビリー・ジョエル」だとか言われていますが、実際には1982年10月1日一気に50タイトルがCBSソニー、EPICソニーから発売されている。
その時の雑記:2005年07月19日を参照
さらに12月22日には「世界初のシングルCD」というテーマで書いたんだけど、そっちも「たぶん1988年2月21日に複数発売されたらしい」という、曖昧な結論で文章を書いた。
その時の雑記:2005年07月19日を参照

そんなこんなで雑学
☆世界で一番最初にCDラベルに写真を印刷したのは、1987年、島田奈美
☆世界で一番最初にDVDを発売したのは1996年11月7日、谷村新司「SHINJI RA MUNITA」

|

« 1月15日の出来事(知泉) | トップページ | パクリとパロディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18814/348278

この記事へのトラックバック一覧です: 18年分のCD:

« 1月15日の出来事(知泉) | トップページ | パクリとパロディ »